かいかい韓国。 カイカイ反応通信の新着記事

カイカイ反応通信の新着記事

かいかい韓国

youtube. 今回は、両国のロケット開発の現状について取り上げます。 日本では、JAXAが2つの新型ロケットの開発に取り組んでいます。 1つは「H3ロケット」、もう1つは「再使用型ロケット」です。 「H3」は高信頼性かつ低コストを目指していますが、それを実現するため、エンジンにエキスパンダブリード方式というシンプルな構造を採用しました。 「H2」系列で採用されている2段燃焼方式と比べて比推力はやや劣りますが、異常燃焼を起こしにくく、エンジンのパーツ数が少ないのでコストを低く抑えられるそうです。 「H3」は2020年度の打ち上げが予定されています。 一方、「再使用型ロケット」は2019年春頃にも離着陸の実験を始めるもようです。 実は、JAXAは1990年代から「再使用型ロケット」の研究をしており、2003年には、高さ50メートルまで円錐形のロケット「RVT-9」を打ち上げてから軟着陸させる実験に成功しています。 日本の「再使用型ロケット」は2020年代の実用化を目指しています。 livedoor. joins. b14643. htm GlobalSecurity. globalsecurity.

次の

[B! 韓国] カイカイに降臨した韓国人、反日感情の本質について語る : カイカイ反応通信

かいかい韓国

youtube. 今回は、両国のロケット開発の現状について取り上げます。 日本では、JAXAが2つの新型ロケットの開発に取り組んでいます。 1つは「H3ロケット」、もう1つは「再使用型ロケット」です。 「H3」は高信頼性かつ低コストを目指していますが、それを実現するため、エンジンにエキスパンダブリード方式というシンプルな構造を採用しました。 「H2」系列で採用されている2段燃焼方式と比べて比推力はやや劣りますが、異常燃焼を起こしにくく、エンジンのパーツ数が少ないのでコストを低く抑えられるそうです。 「H3」は2020年度の打ち上げが予定されています。 一方、「再使用型ロケット」は2019年春頃にも離着陸の実験を始めるもようです。 実は、JAXAは1990年代から「再使用型ロケット」の研究をしており、2003年には、高さ50メートルまで円錐形のロケット「RVT-9」を打ち上げてから軟着陸させる実験に成功しています。 日本の「再使用型ロケット」は2020年代の実用化を目指しています。 livedoor. joins. b14643. htm GlobalSecurity. globalsecurity.

次の

韓国の反応 総合アンテナ

かいかい韓国

youtube. 今回は、両国のロケット開発の現状について取り上げます。 日本では、JAXAが2つの新型ロケットの開発に取り組んでいます。 1つは「H3ロケット」、もう1つは「再使用型ロケット」です。 「H3」は高信頼性かつ低コストを目指していますが、それを実現するため、エンジンにエキスパンダブリード方式というシンプルな構造を採用しました。 「H2」系列で採用されている2段燃焼方式と比べて比推力はやや劣りますが、異常燃焼を起こしにくく、エンジンのパーツ数が少ないのでコストを低く抑えられるそうです。 「H3」は2020年度の打ち上げが予定されています。 一方、「再使用型ロケット」は2019年春頃にも離着陸の実験を始めるもようです。 実は、JAXAは1990年代から「再使用型ロケット」の研究をしており、2003年には、高さ50メートルまで円錐形のロケット「RVT-9」を打ち上げてから軟着陸させる実験に成功しています。 日本の「再使用型ロケット」は2020年代の実用化を目指しています。 livedoor. joins. b14643. htm GlobalSecurity. globalsecurity.

次の