ストロー 工作。 ストローで作る!簡単楽しいハンドメイドアイデア10選

小学生でも作れる!?ストロー工作の簡単な作り方!

ストロー 工作

ストローで簡単に工作できて親子でも楽しめるおすすめのおもちゃ、まず1つ目はストローロケットです!息を吹くだけでふわっとロケットの発射です!簡単ですね。 ストローロケットの作り方• 紙に絵を描いて半分織り、糊で上の部分を貼り合わせる• 曲がるストロー部分に絵を描いた紙をテープで貼る(この時ストローを差し込んだ横の部分もテープで補強)• 細いストローにロケットを装着して完成 この発射台として使った細いストローを竹串に変えて下にスーパーボールを装着して下に落とせばもっと飛びます。 小学生だとそれぞれで何メートル飛ぶかなど自由研究にも良さそうですよね。 作り方も勿論簡単です。 描いた絵柄もこまを回せば絵柄がくるくると変わるので、見ていても回しても楽しいおもちゃになっています! ストローくるくるコマの作り方• 牛乳パックの底を切り取り、絵を描く• 絵を描いたパックの底を内側の線に沿って三角に折る• 5cmほどにきったストローを半分まで縦に切り込みを入れて底の真ん中にテープで貼り付ければ完成 牛乳パックのそこは水をはじきやすい加工がされているので絵を描く場合はクレヨンで書くことをおすすめします。 どんな模様にするのか考えるのもワクワクしますね。 見た目はただの紙コップなのにストローで息を吹きかければなんと袋のお化けが紙コップから出てくる!という仕組みになっています。 びっくり紙コップお化けの作り方• ビニールに絵を描く• 紙コップの下にストローが入るくらいの穴を開ける• ストローを差し込んで固定(差し込んだ穴から空気が漏れないようにボンドなどで周りを塞ぎましょう)• 紙コップに絵を描いたビニールを囲むように貼り付けたら完成 遊び方はビニールを紙コップに入れ込んで、ストローから息を吹きこめば…お化けが登場します!ハロウィンにもぴったりなおもちゃです。 絵じゃなく、写真のように目やべろを描いた紙を貼り付けるのも可愛くていいですね。 クリスマスの装飾品や幸運のお守りとしても使われているものなので、見ているだけでも幸せな気持ちになれる装飾品がなんとストローで作れます。 ストローヒンメリの作り方• 短いストローと長いストローと糸を用意する• 短いストロー3つに糸を通し三角にして結ぶ• 短いストロー2本を糸に通して三角の頂点に結びつける• それらを同様にして合計5個の三角を作る• 1本のストローを刺し、両端の糸を結んで立体の形にする• ストローの中に糸を通し頂点を結べば綺麗な正八面体の完成 上級編1つ目のストロー工作はストローえびです。 赤のストローを使って作ると非常にリアルですね。 実際にこちらは釣りで魚を釣る時のリードの先につけることもあるそうです。 ストローえびの作り方• 曲がるストローとハサミを用意する• 曲がるストローの逆側をじゃばらの手前まで縦に切り込みを入れて3本にする• 一旦全部開いて左を残して真ん中と右を結び折り込む• 左と真ん中を結び折り込む• えびを作れるようになれば、他にもバッタや龍などストローで生き物が沢山作れるみたいです。 簡単に工作できて尚且つおしゃれでおすすめなのはこちら。 キャンドルやキャンドルライトに単色のストローをボンドで貼り付けるだけです。 置いておくだけでも可愛いのに火や灯りを灯せば、その光が漏れ幻想的になります。 見ているだけで癒されます。 こちらの作り方を真似すれば、ペン立てや小物ケースなども作りますよね。 お子さんが自由研究で作って、プレゼントしてくれたらママさんも感激ですね! 楽しくストローで工作しよう! ストローは、飲み物を飲む用途だけではなく、おもちゃを工作したり、自由研究として提出できるものにもなったりかなり幅広いことがわかりました。 小学生でも幼児園のお子さんでも、無理なく楽しんで工作できるのは親としても安心で一緒に親子で作るのも良い思い出になりそうです。 ストローが家に大量にあって使い道に困っているご家庭や暇つぶしをしたい方にも是非おすすめのものを今回紹介いたしました。 貴方も作ってみてはいかがでしょうか?•

次の

ストローでアクセサリーやおもちゃを作ろう!簡単工作11選

ストロー 工作

今回はストローを使用して作れる様々な工作のアイディアから10個に絞って紹介していくので、ストロー工作を行う際に活用してみてください。 1、ストロー工作の作り方 まずは、ストロー工作のアイディアが紹介されている工作本を紹介します。 出典:(いかだ社|立花愛子 佐々木伸|2010年) 軽くて扱いやすいストローを使用した工作本です。 何本も繋げたり、カラフルな色のストローを活用したり、ストローの特徴を活かして作る工作アイディアが38例収録されています。 出典:(偕成社|立花愛子 佐々木伸|2013年) ストローを吸ったり吹いたり、ストローの力を利用して動くおもちゃを作るなど楽しい工作アイディアが13例収録されています。 分かりやすく解説されているので、子どもと一緒に工作することが出来ます。 出典:(福音館書店|有木昭久|2003年) ストローを使って、とんぼやムカデ、カニなど身近な生き物を作ることが出来ます。 子どもたちが慣れ親しんでいる生き物をストローで作ることでイメージも膨らみやすく作製した後もごっこ遊びなどで活用出来そうです。 では、これから幼児と一緒に楽しむストロー工作の10のアイディアを項目ごとに紹介していきます。 同じ色のストローを2本用意して、1本を蛇腹から上の部分を切り落とし縦に切り裂いていきます。 切り裂いた部分を後ろに折り曲げてカールさせていきボンドで固定していきます。 花の中心部分はポンポンなどを飾ると可愛く仕上がります。 最後に、残りのストローをお菓子袋をくるっと巻いたストローの上にかぶせたら花クリップの出来上がりになります。 その周りを切り込みを入れたストローで囲うようにくっつけると「竹とんぼ」の出来上がりとなります。 厚紙は牛乳パックの他にトイレットペーパーの芯やティッシュの空き箱などでも代用することが出来ます。 完成した後に飛ばし合って遊ぶことも出来る為、作製後も活用することが出来そうです。 星の角となる部分を作製するのが少々難しいですが、上記のブログにて詳しい作り方が解説されていたので、参考にして星を作ることが出来ます。 出典: ストローで手軽にハートを作る方法は、ストローを平たく押しつぶし、ハート型になるように調整しながら切っていきます。 ハートの形になったら、下の部分に切込みを入れたらハートのクリップの出来上がりです。 ストローを2本繋ぎ合わせてうんていのような形にします。 そこに画用紙でサルの形に切り抜き色をつけていきます。 最後にサルの腕の部分をうんていにぶら下がるようにつけたら出来上がりです。 とても手軽に作製出来、くるくると回るサルがおもしろく、子どもが喜びます。 蛇腹の部分がエビの背中にあたり、1本のストローで作れるところが魅力です。 ストローの先端を切り裂くと、身体の部分は編み込むようにして作っていきます。 やや難しいところもありますが、かなり本物に近いクオリティで仕上げることが出来るので、子どもの間でもウケるはずです。 ストローを12本用意して以下の長さに切っていきます。 ド:16cm レ:14. 2cm ミ:12. 7cm ファ:12cm ソ:10. 7cm ラ:9. 5cm シ:8. 5cm ド:8cm この長さ通りに切っていくと実際の音階の笛を作ることが出来ます。 ストローを決められた長さに切ったら、下側を空気が漏れないように二重にセロハンテープで留めます。 そしてドから順番にストローを並べ、残りのストローを適度な長さに切って間に1つずつ挟んでいきます。 最後に、テープで全体を固定したら完成です。 手先に自信のある方は挑戦してみてください。 出典: こちらは子どもと一緒に楽しめる動物のストロー工作です。 紙コップの中に、ストローを被せたビニール袋を入れます。 ビニール袋に好みの動物の絵をマジックなどで描いていきます。 色画用紙などで耳をつけると立体的に仕上がります。 ストローを吹くとビニール袋がむくむくと膨らみ動物が中から出てくる楽しい仕掛けとなっています。 完成した形はオーボールのようなイメージで小さな子どもも楽しむことが出来そうです。 また年齢が上がってきた子どもは、この立体のストローを外して別のストローに組み替えるなど知育玩具のように遊ぶことも出来ます。 羽に見立てる細い2本の画用紙は好きな絵を描いたり、メッセージを書くのもおススメです。 そこまで完成したら細いストローを中に通して、そのストローを吹くと飛行機が飛ぶという仕掛けになっています。 すぐに作れて盛り上がれる楽しい工作です。 貯金箱となるベースが出来たらそこに参考画像のようにストローを貼り付けていきます。 オーソドックスな四角い箱が出来たら、上に三角になるように厚紙などで作製し、四角い箱の上に重ねて家に見立ててみるのもおもしろいです。 比較的簡単に作れるので、アレンジ次第で様々な貯金箱を作ることが出来そうです。 まとめ ストローで作る工作の10のアイディアを紹介して参りました。 ストローアートと呼ばれてすぐにマスターするのは難しいようなものもありますが、子どもと一緒に楽しんで作れるストロー工作もあるので、使用する場面に応じて使い分けて参考にしてみてください。

次の

ストローの簡単工作15選!小学生におすすめな自由研究・おもちゃは?

ストロー 工作

ストローを2本、つなぎ合わせます。 1本のストローに、もう1本を突っ込む感じです。 どちらか1本を直角に折ったら、その後もう1本も直角に折ります。 根元部分を、三角形に折ます。 2と3を繰り返していきます。 星の形になったら、次はその上に被せて折っていきます。 交互に被せながら、同じ作業を繰り返します。 最後は、片方のストローの端を星の中に挟みこんで、ハサミでカットします。 もう片方は穴を開けるくらいのスペースを残してカットします。 残した余白部分に、キリで穴を空けます。 根付けの紐をつけて完成。 ポイントと注意点 最初に星の形を折る時、きっちり丁寧におりましょう。 被せながら折る時も、しっかりと折ると綺麗に仕上がります。 2本のストローの色を変えたり、柄のあるストローを使っても面白いですよ。 ストロー笛.

次の