エクセル 3d グラフ。 エクセルで複合グラフの作り方と できない理由|Excel2010 & Excel2013

Excel2013 棒グラフのプロットエリアについて

エクセル 3d グラフ

このデータ列を含んだ状態で複合グラフのユーザー設定から、「2軸上の折れ線グラフと縦棒」を選択してグラフを作成。 ここで、グラフが完成したら第2軸になっているデータ系列を第1軸に戻し、軸を一つにします。 Y軸の最大値を先ほど入れたデータの値と同じ数値にします。 これで棒グラフがY軸の一番上まで伸びます。 (この時、グラフの折れ線と棒を入れ替える必要があるかもしれません。 この場合先に棒グラフを折れ線に変更後、折れ線を棒に変更してください) 今度は、棒グラフのデータ要素を選択して、「棒グラフのデータ要素の書式設定」から、オプションで「棒の間隔」を0にします。 また、このとき要素を塗り分けるのチェックを入れておきます。 あと、棒グラフのデータ要素の線の部分は無しにしてください。 これでグラフの背面がカラフルな色で塗り分けられます。 これでグラフ要素を個別に変更してください。 グラフ要素は色やパターンなど変更できます。 このデータ列を含んだ状態で複合グラフのユーザー設定から、「2軸上の折れ線グラフと縦棒」を選択してグラフを作成。 ここで、グラフが完成したら第2軸になっているデータ系列を第1軸に戻し、軸を一つにします。 Y軸の最大値を先ほど入れたデータの値と同じ数値にします。 これで棒グラフがY軸の一番上まで伸びます。 (この時、グラ...

次の

独学で学ぶEXCEL エクセルの3Dグラフ

エクセル 3d グラフ

EXCELで、x、y、z座標の3軸データに一手間加えて3次元の立体的な散布図グラフを作ってみました。 EXCELで3次元散布図の機能があると思い込んでて、、、。 作ろうと思ったら無かった物ですから。 フリーソフト探しても良かったのですが、せっかくなので作ってみました。 作り方です。 まずサンプルデータですが、今回は円柱らせんの3軸座標データを準備しました。 z軸方向に伸びていく円柱らせんの座標データです。 xy平面(らせんを真上)から見ているので、「円」に見えます。 ただの波打ったラインです。 でこれを3次元散布図っぽくする方法ですが、結局は斜めから見た図を2次元で表現することになるので、座標系を回転して斜めから見た座標でグラフ化すれば3次元散布図っぽく見えるようになるはずです。 ですので、回転行列使って、元データの座標点を回転させます。 これ見てもよくわからないですね、、、。 回転後のx、y座標点でふつうに散布図グラフ作成してみます。 もともとあるグラフの軸と目盛が邪魔です。 もともとの軸、目盛は非表示にして、座標系の軸も一緒に散布図で表現してみます。 z軸は重なっているのでもともとのグラフ軸はそのまま残してます。 これでだいぶ3次元散布図っぽくなったのではないでしょうか。 軸目盛はかなり面倒(手間)なので表現するのはやめました。 一手間を加えれば、無理やりですがEXCELでも3次元散布図は表現できそうです。 ただフリーソフトもちらほら存在するため、そっち使った方が随分簡単だとは思います・・。

次の

Excel2007

エクセル 3d グラフ

1クリックでグラフを作る! グラフ化するため、縦軸・横軸・データのすべてを選択します。 あとは [挿入] タブから、[縦グラフ] アイコンをクリックし、「3-D縦棒」から好きなものをチョイスします。 すると、以下の通り3Dグラフが現れました! これだけでも「それっぽいグラフ」なのですが、よく見ると• 奥行きに「東京」の文字しか表示されていない• 縦軸・横軸・奥行きが何なのか分からない• もう少し立体化したい などなど気になる部分がありますので、色々調整していきます。 必要に応じて取り入れていきましょう! スポンサーリンク 見やすくするための5つの調整項目! ここからは「3次元グラフ」を出来るだけ見やすく、それっぽくする方法を解説します。 全てを取り入れる必要はなく、『ここを触ればこうなるんだな』ということが分かれば、あとは自分なりに調整してみて下さい! 軸のラベルを付ける 今は軸に何のラベルも付いていないため、簡単に付けてみましょう。 すると各軸の横にラベルが入りますので、あとは各ラベルをダブルクリックして書き換えていきます。 ただし、そのままだと以下のとおり文字が横向いてしまい読みにくいです… その場合、縦書きにしたいラベルをクリックし、文字のオプションから 「文字列の方向」を色々と触ってみましょう。 またラベルを右クリックし 「枠線」を選べば、ラベルを枠線で囲うことも可能。 グラフを右クリック• 「グラフの種類の変更」をクリック すれば、色々なグラフを選べます。 3Dのグラフとしては、他にも 「面」「横棒」「等高線」などがあります。 扱うデータによってベストなグラフは変わりますので、色々と切り替えて試してみましょう。 スポンサーリンク まとめ! Excelで3次元(3D)グラフを作る方法と、5つの調整項目を解説しました。 最後に簡単にまとめておきます。 「X軸・Y軸・Z軸」などの言葉は気にしなくて良い• データを選択し、挿入タブからグラフを選べば、簡単に3Dグラフを作成できる• 奥行きや見る角度、要素の厚みなどを変更することで見やすくなる• 3次元グラフは「縦棒」「横棒」「面」「等高線」などで用意されているため、データに合ったグラフを選択すると良い 当サイトでは、他にもExcelに関する役立つ情報をまとめていますので、ぜひ便利な知識を身に付けて頂ければと思います! スポンサーリンク.

次の