阿部 寛 の ホームページ と は。 “表示爆速”阿部寛さんのサイト、IPv6にも対応済みだった 「デザインより質」ネットで話題

【2週間で学習】文系学生が独学で阿部寛のためにホームページを制作する|就活市場

阿部 寛 の ホームページ と は

寛の 最新 ・ 「2」 New! 阿部寛のホームページとは、 非常に表示されるのが速いことで知られるのである。 概要 ・の。 しているのは本人ではなく、所属でもないが、「管理者の」には「等については、所属の協と承認を得て作成しています。 」とあり、にも存在を認められている。 このが有名な理由は、冒頭にも挙げたように画面に表示されるまでの時間が非常にいためである。 に通信制限がかかっているときに見てみるといいかもしれない。 見てもらえればわかるとおり、後半~前半ぐらいの個人のようななである。 左側にはもはや今のではほとんど見られなくなった「」まであり、各を押せばが出演するや、などのを知ることができる。 子に直接したら表示されないが。 後ろに表示されている「ABE shi」のの、特にそのと合わせていないの、特に変更されていない体の…等にも妙に味がある。 は非常に懐かしく、されているのか不安になるが、には時点でもの流行に伴う「8世」の中止や、新しく出演が決まった「2」のがあるなど、まめにされている。 ちなみに表示されるについては、爆速で知られるよりも速いという結果が時点で出ている。 関連動画 関連リンク• 関連項目•

次の

sam.leonardjoel.com.auと阿部寛のホームページどっちが速いですか?

阿部 寛 の ホームページ と は

[Sponsored link] まず,の基本スペックを確認しよう。 ホームページビルダーで作成• フレーム&テーブルで牧歌的な表現を演出• 壁紙から自作するのが基本• nifty会員用のサーバーに設置(現在は新規募集していないので注意されたい)• htmlではなくて. htmなのはホームページビルダーの仕様で,拡張子3文字時代の牧歌的雰囲気を細部からも演出• アクセス解析の類いが見当たらない(ニフティにそんなサービスはないしあったとしてもタグを貼り付ける必要がある)• 現在もまめに更新されている• 189cm75kg,中央大学理工学部 電気工学科卒(サイズと学歴は個人サイトで最も重要な情報) 無駄をそぎ落としたシンプルなデザインにその美しさを求める者もいるが,htm l のソースを確認すると,むしろ装飾的な要素がふんだんに搭載されていることがわかり,webサイトを作る楽しさを思い出させてくれる。 以下はフレームでデザインされたトップページの右側に表示されるtop. htmの分析である。 メタタグの記述によって,ホームページビルダーの体験版を駆使して作られたことがわかる。 ビルダーが勝手に吐き出すジェネレーター タグは昔から評判が悪かったけれども,これはむしろ評価ポイント。 スタイルシートはhtm l に直接記述し,クラス指定されている CSSで暮らす指定された「style1」は 「New! 」を赤色に装飾するためだけに使われている。 もちろんこれはCSSを使わなくてもタグでできるのだが,別言すれば阿部氏のホームページの多くの部分はCSSに記述して表現することも可能である。 一つの技術に集約するのではなくて,複数の方法できることなら,むしろ全部を使って表現したくなるものだ。 webサイトを作る楽しさを知る者ならこの感覚はよくわかる。 所属: 茂田オフィス 107-0052 東京都港区赤坂9-5-29 赤坂ロイヤルマンション303 TEL : 03-5410-8585 FAX : 03-5410-0588 「所属 :」とコロンをストロングタグで強調しているのは,おそらく,適当に割り当てられた番号にすぎない「TEL : 」や「FAX : 」と「所属 :」が同列ではないことをはっきりと見た目で示すためのデザイン面の配慮であろう。 さらにいえば,半角スペースがTELやFAXの後にあるのに所属の後にはないのも,コロンが必要以上に目立ってしまわないための配慮だと思う。 画像のサイズが中途半端なのはホームページビルダー上でリサイズするから。 しかしabe-top2-4. これは画像編集ソフトでリサイズとトリミングをしてから、さらにホームページビルダーでもう一回修正を加えるという,ギリギリまで適正サイ ズを追求した管理人の妥協なき姿勢の痕跡。 どさくさ紛れに縦横の比率を変えてスリムに仕上げられているが,じつに示唆的である。 常に美しくあらねばならない芸能人は,時に残酷なまでのデジタル加工を受け入れなければならないことを教えてくれる。 ちなみにabe-top2-2. jpgとabe-top2-3. jpgもサーバー上に存在していて,それぞれ大きさや写っている範囲が違う。 nifty. jpg の存在を疑うのがウェッブの正しい見方であり,こちらもしっかりと存在する。 abe-top. jpgはイケメン成分を多めに含んでいてマニア向けの隠しファイルとして用意されたものだと思う。 abe-top2-4という示唆的なファイル名は比較的簡単に隠しファイルの存在に気づかせてくれる。 ネット初心者にも優しいユーザビリティ重視のweb作り。 保存済みのabe-top. jpg(直リンはしてないよ) 最も理解を困難にさせているのが,ソース最上部に記述された下記の2行だ。 どうやら web上のhtm l ファイルをローカルに保存した時にIEが勝手に挿入するメタタグらしいが,これはよくわからない。 クリエイティビティの巨大な見本市であり,オリジナリティのかたまりである阿部寛のホームページが,デザインの盗用目的で保存した他人のファイルを出発点にしているわけがないということだけは,冗談抜きに断言できるし見れば誰でもわかる。 まあ,管理人のマイドキュメントフォルダが一時的にカオスでtop. htmが行方不明になってしまったことがあって,ゆっくり探したくても迅速な更新が要求される阿部氏の「エッチピー」でそれは許されないから,自らオンライン上のファイルを保存したとかそんな感じだと思う。 ftpで安心と信頼の nifty サーバーに接続してダウンロードすれば済む話かもしれないけれど,コアファイルのtop. htmが行方不明なパニック状態で冷静な判断は無理だし結果が同じならどの方法を選ぼうがおーるおっけーなのである。 おしまい.

次の

阿部寛と堂本剛のホームページを見て阿部寛をもっと好きになった│意識高い系中島diary

阿部 寛 の ホームページ と は

「阿部寛のホームページというサイトがある。 」 と言うとなんだか奇妙な日本語だが、確かに阿部寛のホームページは存在する。 なんだこれは。 なんだこの2000年代前半のスタイルは。 「阿部寛のホームページがなんかウケる」 とどこかで聞いたことをふと思い出し開いてみたが、一体このホームページはなんなのだろう。 不思議というか阿部寛らしいというか。 とにかくよく分からない。 そしてこの阿部寛のホームページは表示速度が爆速で、dev. toというQiitaの海外版的なサイトも爆速で有名なんですが、それよりも速いなんて結果が出たりしています。 ちなみにQiitaってのはプラグラミングの情報収拾サイトで色んな人がコードを公開していて、自分がプログラミングしていて困ったときに読んだりしてます。 一応僕も理系なのでね。 理系の皆さんなら知ってるかと思います。 さて、こんなシンプルすぎかつ爆速な阿部寛のホームページですが、 Kinki Kidsの堂本剛さんのホームページは意味不明なくらい複雑かつ重いです。 Kinki Kidsのお二人。 左が堂本剛さん。 右が堂本光一さん。 どちらも堂本なんです。 これも友達から教えてもらったんですけど、昔話題になったのかな?そこはよく知りませんが、騙されたと思って堂本剛のホームページを開いてみてください。 騙されたと思ってクリックしてみ!!! あとWi-Fiあるところでやった方がいいよ!!! ど、どうでしたか? 僕最初アクセスしたとき、 先進めませんでしたよ。 こっから先は 堂本剛のホームページのネタバレなのでまだクリックしてない人は見るのをここでストップしてくださいね。 だいたい ホームページのネタバレってなんだよ。 そんな日本語があっていいのかよ。 それはさておき堂本剛のホームページはいきなり すっトロい読み込みから始まります。 遅えよ!!! やっと読み込みが終わったかと思うと... え???先に進めないんですが??? この画面から先に進めない。 なんだこれは... そこをクリックすると...... 何も起こらない は???一体お前は俺をどうしたいんだ? く、くそー!!!! と クリックしたままマウスをぐちゃぐちゃに動かすとあら不思議!!! 散らばっていたクリスタルが徐々に集まり、まばゆい光で画面が満たされたかと思いきや... 大きなクリスタルが現れた!!!!! そしてやっとホームページの本体が顔を出した!!! て... おいっ!!!! 初見殺しにもほどがあるだろ!!! 誰があんなボタン押したままぐちゃぐちゃさせなきゃいけないって分かるんだよ。 謎解きじゃねえか。 ホームページ来ても先進めなくて諦める人いっぱいいるだろ!何考えてんだ堂本剛! ここで改めて阿部寛のホームページを思い出すとなんだか実家のような安心感さえ覚えた。 優しく微笑む阿部寛。 ただいま... ああ、ここが俺の帰る場所だ... 帰りたーい。 帰りたーい。 あったかハイムが待ってーいるー。 なんだかよくわからないけど 阿部寛をもっと好きになりました。

次の