ラブ 4 評価。 新型ラブ4 最新情報と評価

【私はラブ・リーガル】シーズン4ネタバレと評価。恋がもつれたその理由は?

ラブ 4 評価

RAV4 HYBRID G メカニズムの進化に注目されがちな新型RAV4だが、使い勝手においてもライバルを凌ぐ実力。 ドライブモードセレクト/マルチテレインセレクト パワートレーンにより機能は異なるが、上級グレードでは走行モードや4WDモードの切り替えをダイヤルで行なえる。 サイズが大きく目立つダイヤル式としたことで、ボタン式よりも素早く操作できるのがポイントだ。 後席に座った人や荷室の荷物が映らないだけでなく、一般のルームミラーよりも広い範囲を映せるのもメリット。 〈運転席まわり〉操作性に優れ、色鮮やかなダイヤル式のモードセレクター 悪路走行時に車体の傾きを瞬時に把握できる水平基調レイアウト。 ステッチ入りのソフトパッドを張るなど上質な仕上げとする一方で、助手席前、シフトレバー奥、そして運転席右端と3ヵ所に大きめのオープンタイプのトレーを備える実用性も見逃せない。 「上質な雰囲気を壊さず、使いやすい収納にこだわった」と開発者。 「G」系と「Adventure」には7. 0インチのTFTカラー液晶を組み合わせたメーターを採用。 ハイブリッド車は青基調で、左がシステムの出力/回生状態を示すインジケーターだ。 スピードメーターは液晶内で、デジタル表示にも切り替えできる。 SPORT ハイブリッド4WD車のドライブモードセレクターはダイヤル式。 遊び心があり、選んだモードに合わせてダイヤルの色(メーターと連動)が変化する。 走行モードの「ECO」では速度計がグリーンに。 中央部は自由に設定できる。 写真はハイブリッドシステムの表示。 「SPORT」時は鮮やかなレッドとなり、スポーティな雰囲気を演出。 中央は燃費や航続可能距離などを表示した状態だ。 ドライブモードによりホワイト、グリーン、レッドに変化するほか、4WDモードで「TRAIL」を選ぶとブルーの背景に。 運転席右側にはオートハイビームや電動テールゲートなどのスイッチ類が並ぶ。 ETCは販売店オプション。 「G」系グレードには2パターンを保存できる運転席シートのメモリー機能を内蔵。 スイッチはドアに組み込まれる。 ガソリン車のメーター&モード切り替え シート高:720㎜ ステップ高460㎜ 足元においても開口幅が広く、足の出し入れがしやすいのが印象的。 つま先が当たりにくいよう、スピーカー部分などドア内張り下部の張り出しを抑えているのも特徴だ。 センターアームレストは幅広で、ドアアームレストと高さがほぼ同じなので両肘を置く際でも違和感がない。 ちなみに、中央席のシートベルトは背もたれ内蔵式で装着しやすい。 「Adventure」はシートが専用のSporty Typeとなり、表皮は専用の合成レザー。 背もたれ上部中央にはオレンジのステッチが入る。 前席下の空間は高さが十分で、後席の足入れ性も良好。 余談だが、シートレールは車体との一体感を高めるため床と接する面積が広い。 シートベルトは上部の巻取り位置を後ろに寄せているから、どちらの角度でも自然に装着できる。 〈ナビ・AV・空調〉ナビはオプションだが通信機能は全車に搭載 ナビは全グレードともにディーラーオプション設定。 最大で9インチ画面のナビを装着できる。 そして大きなトピックが通信機能の充実。 新型RAV4は全車に通信端末を標準装着しているから、純正カーナビを装着すればオペレーターサービスやスマホを通じての車両情報確認などが行なえる。 カーナビは車両とも連携し、車両情報を表示することができる。 写真はハイブリッドシステムの作動を表示するメニュー。 1分ごとの詳細な燃費履歴もバーグラフで表示。 大画面で見やすい。 航続可能距離や区間燃費なども確認できる。 実際の走行車両から集めたリアルタイムの詳細な道路情報を通信で受信し、道案内に反映できる。 驚くほど正確だ。 バックカメラは「G」系に標準装備でその他グレードにオプション。 ハンドル操作に連動した進路予測線も表示する。 申し込み手続きだけで3年間無料で使えるオペレーターサービスは、オペレーターが目的地を探してくれる便利機能も。 画面の操作により燃費やエネルギーフローを表示する。 画面も大きく、アイコンのサイズも大きくて操作性も良好。 空調は左右独立温度調整式で、エネルギー節約のために後席への送風をストップするモードも用意。 ハイブリッド車は真夏のエンジン停止時でも確実に冷たい風を送れるように電動式コンプレッサーを採用。 センターコンソールボックス内にはUSBアウトレットを2個標準装備。 いずれも急速充電対応の2. 1Aだ。 後席用としてセンターコンソール後部にもUSBアウトレットを2個採用。 オプションではなく全車標準だ。 センターオープントレーの奥にはDC12Vのアクセサリーソケットが用意される。 USBに対応していない電動の車載機器を使う際にも安心だ。 オプションでセンターオープントレーにワイヤレス充電器を内蔵できる。 対応スマホ所有者なら便利だ。 後席の快適性を高めるために、センターコンソールの最後部にエアコンの風を送る吹き出し口を組み込む。 上級シートは夏も快適 「Adventure」は通風機能も組み込んだタイプをオプション設定。 上はシートヒーターで下はシートベンチレーション。 いずれも3段階調整式。 注目装備 〈ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)〉緊急時にボタンを押すと専用コールセンターに接続し、緊急車両の手配を行なう機能。 エアバッグ展開時は自動通報する。 〈良好な斜め前方視界のために〉ドアミラー取付位置の工夫や三角窓の採用で、斜め前方視界を向上。 死角が少なく、右折時にメリットを実現できる。 〈斜め後方視界にもこだわる〉リやクォーターガラスを大きくしたり、Cピラー断面を薄くすることで斜め後方視界を拡大している。 〈スッキリとした前方視界〉インパネ上面の高さを抑えるとともに、収納時にワイパーが視界に入らないようにするなど前方視界の良さを追求。

次の

【RAV4の真の実力】トヨタ新型RAV4の評価・口コミを辛口チェック

ラブ 4 評価

【私はラブ・リーガル】シーズン4のあらすじ ジェーンがオーウェンとイタリアへ旅立ってから、3カ月が過ぎようとしていました。 2人きりのイタリア生活を満喫していたジェーンでしたが、そろそろLAが恋しく思い始めていました。 そんな中、助手のテリーがジェーンを事務所へ連れ戻すべくイタリアへやってきます。 事務所ではパーカーがキムに経営を任せ、息子を探しにカナダへ行ってしまったため、 事務所が経営難に陥っていたのです。 丁度良いタイミングでテリーが迎えに来てくれたおかげで、ジェーンとオーウェンはすんなりとLAへ戻ることにしました。 ステイシーから、ジェーンは本当はデビーなのだと聞いたグレイソン。 その後、上手くステイシーから話をはぐらかされるも、ジェーンを恋愛対象として意識し始めます。 ジェーン帰国の話を聞いて空港へ迎えに行くグレイソンでしたが、オーウェンと仲良くキスする幸せいっぱいのジェーンを見てしまい、声をかけることができませんでした。 順調に結婚への道を進んでいくジェーンとオーウェンでしたが、婚約直後オーウェンが失踪してしまい、ジェーンは捨てられたと失意の底へと沈んでしまうのでした。 【私はラブ・リーガル】シーズン4のネタバレと見どころ ジェーンの守護天使がチェンジ! 前シーズンで降板が決まっていたフレッド役のベン・フェルドマンに代わり、今シーズンからは ルークという新しい守護天使がやってきます。 ステイシーの事を心から愛していたフレッド。 散々フレッドの事を振り回したステイシーも、自分にはフレッドしかいないとようやく気付きます。 しかし、時すでに遅し。 フレッドは自分は本当は人間ではなく守護天使であることをステイシーに告白することを決意していました。 告白したという事は、 天国へ戻ることを意味します。 フレッドを必死で引き留めるステイシーでしたが、フレッドが出ていき扉を閉めると彼の事をすっかり忘れてしまっていました。 あんなにお似合いだった2人なので、幸せになってほしかったですが、やはり人間と守護天使は結ばれない運命なのかなと、ちょっぴり切ない気持ちになります。 新たにやってきたルークは、フレッドとは全然違うタイプの守護天使でした。 庶民的だったフレッドと比べ、事務所の債権者という セレブ感も漂わせているルーク。 シーズン4では、あまり良いところが見られませんでしたが、今後どのようにジェーンと絡んでいくのか楽しみです。 ジェーンフラれる!? dramasnote. クレジットカードの使用履歴など、テリーも協力して必死で探しました。 結局、最後に使用したカードの場所がオーウェンの元カノが住む場所だったことから、ジェーンを捨てて元カノへ走ってしまったのだと言う結論に。 あのオーウェンが裏切る?とちょっと首を傾げたくなりますが、ジェーンはステイシー達とオーウェンの思い出を葬るべく、家にあったオーウェンの物を写真も含め全部燃やしてしまいました。 なんだか勝手にこちら側で突っ走り過ぎ?と心配しましたが、やはりオーウェンは裏切ってはいなかったのです。 婚約した後に受けた健康診断で、心臓に問題を抱えていることが分かったオーウェンは、ジェーンに言うと心配すると思い、誰にも言わずに検査へ向かいます。 そこで運悪く発作を起こしてしまい、緊急手術を受けたオーウェンは術後処置としてしばらく意識を失う状態となっていたのです。 全くを持ってジェーンの早とちりだった訳ですが、自分の体の事を気にして結婚はできないというオーウェンに今度はジェーンが逆プロポーズ。 改めて結婚へ向かうことになるのでした。 ステイシーがビジネスを始める 色々とお騒がせなステイシーですが、実は お菓子作りはプロ級の腕前を持っていました。 この開店を巡っても、パートナーの女性から騙されて全財産を持っていかれたり、特許を横取りされたりと、ジェーンやグレイソンの助けを借りることになるステイシー。 実際には、ペーキというスイーツはないようですが、とっても美味しそうなので、自宅でチャレンジしている人も多そうですね。 ジェーンはドタキャンしたわけでなく、長いベールがテーブルの釘に引っかかって動けずにいたのです。 心配して様子を見に行ったグレイソンは、ジェーンとの話の流れから 「デビーのことを乗り越えることができたのは君を好きになったからだ」と告白してしまいます。 デビーのままでいたら結婚していたであろう男性から、想いを告白されたジェーンはついグレイソンとキスしてしまったのです。 そこにタイミング悪くやってきたオーウェンは、2人の姿を見てショックのあまり心臓発作を起こして倒れてしまいました。 実は、時を同じくして天国のジェーンが地上のジェーンの行いを不満に思い、リターンキーを押したので、事態はかなり こんがらがっていくことになっていきます。 ミニ情報と使える英語 クーパーの子を身ごもったキム ジェーンのライバルとして重要なキャラクター・キム役を務めているケイト・レヴァリング。 今シーズンで妊娠したことをクーパーに打ち明けていました。 私生活のケイトは2013年に実業家のレザ・シャハンギリと結婚。 その後2人の男の子のママとなっています。 実はドラマの中で妊娠した後に、 本当に妊娠したケイト。 次のシーズンで見られるドラマでの大きなお腹は 本物の妊婦姿だったそうです。 言いたいことをオブラートに包んで伝えようとしている相手に対して 「何が言いたいわけ?」とダイレクトに聞き返すフレーズです。 相手に対して少しイライラした気持ちも含む表現となっています。 【私はラブ・リーガル】シーズン4の感想 今回は、2人の男性から愛される モテモテのジェーンでした。 ずっと振り向いてほしかったグレイソンが振り向いたときには、ジェーンの心はオーウェンに……と、ジェーンとグレイソンの想いが上手い具合にすれ違っていきました。 グレイソンと同じように、ジェーンもグレイソンを乗り越えて新しい人生を歩もうとしていたのに、まさかのグレイソン告白、そしてキス。 最後の最後でかなりもつれてしまいました。 そして、心臓発作で一瞬意識不明になるも目を開けた瞬間のオーウェンの様子から、 明らかにオーウェンではなく別の魂が入っていました。 法廷ドラマも見ごたえたっぷりですが、それぞれの恋模様も飽きることなくテンポよく進んでいく【私はラブ・リーガル】。 魂が入れ替わってオーウェンはどうなってしまうのか?.

次の

ラブパトリーナ追加メンバー「戦士は4人・5人どっち?」

ラブ 4 評価

概要 初代RAV4は、本国の日本でいうのクロスオーバーSUVであったが、主に市場の要求から、のたびにボディサイズを拡大、2代目以降3ナンバーサイズとなった。 主要市場の欧米においては他の同社製SUVよりもコンパクトなサイズとなっている。 生産は高岡工場と、グループ会社の長草工場である。 4代目は日本での販売こそされていなかったものの、全域・・・・・・など、世界200か国で使用されるである。 2016年時点でRAV4は、に次いで世界で3番目に売れているトヨタ車であり 、2017年には世界全体の自動車販売台数ランキングでも4位となるほどの人気を示している。 特に北米での人気は際立っており、アメリカの乗用車販売台数で16年連続1位であったを抜いて首位に立った。 国内復帰した5代目も安いとは言えない価格帯と全幅1855mm~という巨大なサイズながら、オールマイティな優秀な点が高く評価されて5ヶ月間もの間日本の月間販売台数SUV部門1位を獲得し続けた上 、2019-2020年のも受賞した。 2020年にはシリーズ累計1000万台に到達している。 、などのコンポーネンツを流用しながらも、フロアパネルは独自に起こされ、リアサスペンションもリンクを用いた仮想球面支持の専用品となるなど、オン・オフ両面の性能追求のため、惜しみなく技術が投入されることとなった。 パワートレーンは 2. 0L とをし、ドライブトレーンには日本車では数少ないベベルギア式のセンターデフを持つ本格的なフルタイム4WDである。 キャラクターにはが起用され、本来RVに興味のない若い女性層にも売れた。 には、を延長し、居住性と利便性を向上させた5ドアモデル「RAV4 V」(ラヴフォーファイブ)が追加された。 にマイナーチェンジを実施し、スポーツエンジンである を搭載した3ナンバーボディのスポーツモデルTypeG、3ドア(前席は標準型にも設定されていた脱着式パネルで、Bピラー以降が幌のもの。 と同じタイプ)も追加された。 1998年8月には平成10年アイドリング規制に適合。 シティユースを目的とした車ではあるものの、余裕のあるや優秀な性能、及びボディ下部が破損しにくい樹脂プロテクターで覆われていることなどから、プライベートで足回りのを施しで力を発揮させるユーザーや、全日本オフロードのシリーズ戦に出場する選手も登場。 また、この4輪は、オンロードでは乗用車と変わらない操縦安定性と快適性をも提供する。 RAV4をベースとしたのRAV4 EVも後にフリート販売された。 変わったバリエーションとしては、「 パーソナルセレクション」という、ボディカラーの配色、内装色を指定された色の中から自由に選べるオプションがあった。 4月 に生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 5月に2代目と入れ替わる形で販売終了。 6kg・m 1ZZ-FE型 1. 8L 直4 125ps 16. 海外戦略を重視したために、同年ので海外先行デビューした。 3か月後の8月にフルモデルチェンジしたカローラ系のコンポーネンツを使用するが、フロアパネルは先代同様に専用設計となっている。 エンジンは2WD用に 1. 8L と、4WD用に(2. 0L)が設定されている。 グレードは下からX、X-G、エアロスポーツ、ワイドスポーツの4つでそれぞれに4ATと5MTが組み合わされていたが、8月のマイナーチェンジ時にエアロスポーツ、及び各MT仕様が廃止された。 当モデルは、先代の弱点であった室内空間の貧弱さを克服する方策としてボディサイズを拡大し、全モデルで3ナンバーボディサイズとなった(それでも他社製の同クラスSUVに比べると小型であった)。 また、先代モデルが3ドアモデルメインの開発であったことに対し、当モデルではより居住空間に優れた5ドアモデルメインの開発が行われた。 内外装の質向上も著しく、よりシティユースを志向したモデルであると言える。 しかし、日本国内でのSUVブームの沈静化もあり、最終的に良好なセールスを記録するには至らなかった。 反面、欧米では非常に人気が高く、輸出仕様にはシートを装備したモデルや、やターボエンジンを搭載したモデルも存在している。 2000年に制定されたにおける認定車第1号であり、最初に同ステッカーをつけた車種でもある。 10月 に生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 11月に3代目と入れ替わる形で販売終了。 販売期間 - (日本) 設計統括 佐藤通彦 5 - 7人 5ドア 型 2. 国内目標月間販売台数は2000台と発表。 2006年1月から海外販売し、グローバルな目標年間販売台数は30万台。 同年のモーターショーでお披露目していた。 トヨタの「」を進化させた「新MCプラットフォーム」を初めて採用した市販車。 エンジンは1種類で上郷・下山両工場製の2AZ-FE 2. 4L のみ。 グレードは下からX、G、スポーツの3つ。 全モデルでのみの設定となる。 4WD性能はこれまでのセンターデフ+ビスカスカップリング式フルタイム4WDではなく、電子制御式4WDに変更された。 当モデルは、先代モデルに比べてさらにボディサイズが拡大され、海外市場をより強く意識した内容となっている。 また、初代から設定されていた3ドアモデルが廃止され、5ドアモデルのみの設定となるが、海外向け(欧州・アフリカ・南米の一部以外)のモデルには荷室などを延長したロングボディがあり、ドア枚数こそ変わらないものの、これまで通りロングとショートの2種類のボディタイプを持つ。 ロングボディ仕様は、日本国内でも8月から派生車種として投入された。 なお、ロングタイプでは3列シートも選択可能で、エンジンは2. 4L 直4の他に3. 5L V6(北米、等のみ)エンジンも用意されている。 欧州向けや南米・アフリカ向けの一部は日本と同じサイズのショートボディであり、4WDモデルしか設定されていない。 また他の地域ではみられない、1AZ-FE(2. 0L)および2AD-FTV(2. 2Lディーゼル、135ps)、2AD-FHV(2. 2Lディーゼル、180ps)エンジンを搭載したモデルもある。 なお、ディーゼルエンジンと組み合わされるトランスミッションは6MTのみとなっている。 また、欧州向け右ハンドル車(主に向け)は、豊田自動織機のみでの製造となっている。 これはで専売となった車種に順次採用されている。 なお、ネッツ店専売モデルになったことで販売店区別であったサブネームの「J」と「L」が消滅し、RAV4に車名統合された。 これらの取扱車種の統廃合によってRAV4と同じく、とネッツ店で併売されていたはカローラ店の専売モデルとなったが、2007年6月にRAV4ロングボディの日本仕様であるを後継車に、発売中止となった。 生産工場はトヨタ自動車田原工場、及び豊田自動織機長草工場、・の一汽豐田天津工場である。 、X Limitedを発売。 、マイナーチェンジ。 エクステリアをグレードごとに差別化したほか、スペアタイヤを廃した新グレード「STYLE」を追加した一方で「G」を廃止。 、により市場にて発売を開始。 ロングボディ採用の北米仕様をベースとしている。 5月、アメリカ・においてとの提携商品となる「RAV4 EV」を年内に発売すると発表。 1回の充電で100マイル(約160km)の走行を可能とした。 2012年12月3日、一部改良。 併せて、既存グレードを「STYLE」に集約し、グレーメタリック塗装の18インチアルミホイールやカラードオーバーフェンダーなどを装備した「STYLE"S Package"」を新設。 また、燃費に対応した。 2015年5月、一部仕様の整理により「STYLE "S Package"」が廃止され、ボディカラーが4色に削減された。 2016年7月 、、並びに生産終了。 以降は在庫対応のみとなる。 2016年8月 、販売終了に伴い、ホームページの掲載を終了。 日本におけるRAV4は22年の歴史に一旦幕を下ろした。 販売期間 — 5ドア 型 2. 0L 型 2. 2L 型 2. 2L 型 2. 韓国においても2013年中盤に販売を開始。 日本での生産工場は高岡工場と豊田自動織機長草工場の2ヶ所。 なお日本では2013年11月13日に公式発表された3代目が4代目RAV4のプラットフォームを使用した兄弟車として導入したことに加え、2019年現在ほど2013年当時は日本国内でのSUV人気が爆発的でなかった(この時期は初代からの永遠のライバル車であるもRM前期型をもって、5代目投入までの2年半一時的に日本市場から撤退していた。 )等の理由から投入は見送られた。 北米仕様のエンジンは2. 5Lとなり、トランスミッションは4速ATから6速ATに変更される。 欧州仕様は先代同様の2. 0Lガソリン、2. 2Lディーゼルに加え、新開発の2. 0Lディーゼルを搭載する。 2015年のマイナーチェンジで、に似た近年のトヨタのデザインアイコンである「キーンルック」をフロントに採用するとともに、カムリやハリアーと同じユニットを搭載したモデルも追加された。 世界的な売上は絶好調で、2016年、2017年と世界の販売台数1位となっている。 ちなみに今モデルの18インチアルミホイールは日本向けのU60系ハリアーの特別仕様車に流用設定されている。 販売期間 2019年4月10日- (RAV4 PHV:2020年6月8日-) 5名 5ドア 2. 0Lガソリン車 1,986cc 2. 0Lガソリン車: ダイナミックトルクコントロール4WD ダイナミックトルクベクタリングAWD 2. 5Lハイブリッド車 前:型 交流 後:4NM型 交流同期電動機 RAV4 PHV 前:5NM型 交流同期電動機 後:4NM型 交流同期電動機 2. 0Lガソリン車 207N・m 21. 5Lハイブリッド車 エンジン: 221N・m 22. 6kgf・m リヤモーター E-Fourのみ : 121N・m 12. 3kgf・m RAV4 PHV エンジン: 219N・m 22. 5kgf・m リヤモーター : 121N・m 12. 3kgf・m 2. 0Lガソリン車 Direct Shift- 2. 日本での生産工場は高岡工場と長草工場の2ヶ所。 「TNGA」に基づく「」の採用に加え、パワートレインを刷新。 トヨタが「」と呼称する新世代2. 0Lガソリンエンジン(北米仕様の最高出力は203hp)に、「Direct Shift-8」を組み合わせたほか、新型2. 5Lハイブリッドシステム(THS II)が搭載される。 また、車には新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用。 走行状況に応じてリヤのを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」に加え、前後輪の車輪軸に採用した世界初の「ラチェット式ドグクラッチ」により、走行時に、後輪に動力を伝達させる駆動系の回転を停止させて損失を低減し、燃費向上を目的とした「ディスコネクト機構」を採用。 また、ハイブリッド車に採用する電気式AWDシステム「E-Four」は、電気で駆動する後輪の全体トルクが先代(4代目)比1. 3倍に向上したほか、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採用した。 2020年6月にはプラグインハイブリッドモデルの RAV4 PHVが導入された。 ハイブリッド車に採用されている「THS II」をベースにしたプラグインハイブリッドシステム「THS II Plug-in」が採用され、フロントモーターを変更して高出力化したことでシステム最高出力を225kW 306PS に向上させ、瞬時の加減速も可能。 大容量を車体中央の床下に配置し、低重心化と重量バランスの最適化を行った。 また、AC100V・1500Wの外部給電機能が標準装備されており、ラゲージ内に備わっているアクセサリーコンセントに加え、付属のヴィークルパワーコネクターを車両後方右側の普通充電に差し込むことで外部給電用コンセントとして使用可能になる。 給電モードはバッテリーのみを使用するEV給電モードとバッテリー残量が所定値を下回るとエンジンが起動するHV給電モードの2種類が設定される。 年表 2017年(平成29年)11月30日 において、小型の「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」を出展すると発表。 2018年(平成30年)3月28日 において、5代目「RAV4」を世界初披露。 米国での販売開始時期は、ガソリン車が2018年末頃、ハイブリッド車は2019年初頭、また、日本では2019年春頃の発売を予定、と発表。 2018年(平成30年)11月20日 米国で5代目「RAV4」を発表。 北米市場では、ガソリン車を同年12月、また、ハイブリッド車を2019年3月下旬から発売する、とあわせて発表。 2018年(平成30年)11月21日 日本仕様の5代目「RAV4」に関する特設サイトを開設。 2019年(平成31年)4月10日 日本仕様がフルモデルチェンジされ 、約2年8か月ぶりに販売が再開された。 この5代目RAV4が日本市場での最後の新型車となった。 キャッチコピーは『 好きにまみれろ! 日本仕様ではフルモデルチェンジ当初よりガソリン車・ハイブリッド車が両方設定されている。 ガソリン車は「X」・「G」・「Adventure」の3種類が設定される。 「X」はシルバーメタリック塗装の17インチアルミホイール、ブラックのフロントグリルやレジスターノブ(サイドはダイヤル付)、カラードのバックドアガーニッシュ、ウレタンの3本スポークステアリングホイール、アナログメーター(メーター照度コントロール付)、4. 2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、ファブリックのシート表皮、マニュアルのフロントシート(運転席6ウェイ・助手席4ウェイ)などが装備され、デッキサイドポケットには仕切り板が付く。 また、タイヤとアルミホイールを19インチにサイズアップし、ダイナミックトルクベクタリングAWD、ダウンヒルアシストコントロール、デジタルインナーミラー、ハンズフリーパワーバックドアを追加装備した「Z Package」が設定される。 リア左下に装着の車名プレートがマットブラックとなるとともに、リア右下にマットブラックのグレードマーク(ADVENTURE)が装着される。 なお、リアサイドスポイラー、バックドアガーニッシュ、3本スポークステアリングホイールは「X」と同じ仕様となり、インテリジェントクリアランスソナーとリアクロストラフィックオートブレーキは「X」と同様オプション設定となり、ステアリングヒーターと快適温熱シートもオプション設定(他の装備とのセットオプション)。 運転席シートポジションメモリーとパワーバックドアは非装備(ただし、後者は「G"Z Package"」と同じハンズフリータイプがオプション設定で装備可能)となる。 ハイブリッド車は「HYBRID X」と「HYBRID G」の2グレードが設定される。 「HYBRID X」は「X」、「HYBRID G」は「G」の装備内容に準じるものの、ドライブモードセレクトがダイヤル式(「HYBRID X」の2WD車はガソリン車と同じプッシュ式)に、LEDヘッドランプはBI-Beamに、左右独立温度コントロールフルオートエアコンは1席集中モードとを備えたS-FLOWタイプに変更され、SNOWモードはTRAILモードに置き換えられ、LEDクリアランスランプはガソリン車では独立して装備されているデイライトが機能として組み込まれ、は6速となる。 「HYBRID G」では、パワーバックドアをオプションでハンズフリータイプにグレードアップすることも可能である。 2019年(令和元年)5月16日 発売からおよそ1ヶ月(に伴う休業があった為、販売店の営業日ベース)にあたる5月15日時点での日本での受注台数が月販目標(3,000台)の8倍となる約24,000台となったことが発表された。 2019年(令和元年)12月6日 「2019 - 2020」を受賞。 国産車では3年ぶり、トヨタ車では以来10年ぶりの受賞となった。 2020年(令和2年)6月8日 日本でプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」を発表・発売。 外観も既存のRAV4と差別化されており、専用フロントグリルとロアモール、専用LEDデイライトで構成されたフロントフェイスを採用。 ボディカラーはPHV専用色の「エモーショナルレッドII(メーカーオプション)」を含む6色が設定され、ボディ下部(ホイールアーチモール・ドア下ロッカーモール・リアバンパー・リアスキッドプレート)はボディカラーを問わずアティチュードブラックマイカでコーディネートされる。 グレード体系は「G」と「BLACK TONE」の2グレードが設定される。 EV仕様のRAV4 L V(BEA11G) 1995年に開催された、世界初のEV専門ラリー「第一回スカンジナビア・エレクトリック・カー・レース」にRAV4が出場。 ニッケル水素電池と20kWのモーターでコンバートEVにしたこのRAV4は見事に総合優勝を飾った。 またこのラリーで得たデータが、のちのの開発に活かされている。 EV仕様のRAV4はその後も1996年から2003年まで生産され、1998年のモンテカルロのEVラリーや、2015年のにも登場した。 またガソリンエンジンの4代目は、仕様の前輪駆動のRAV4がによって開発されており、複数の北米ラリーの二輪駆動部門に参戦。 と製ダンパーを装着し、かつてとでを連覇したロッド・ミレンの息子、ライアン・ミレンがドライブしている。 2016年にはでなどを相手に3勝を挙げクラス2位に入る活躍を見せた。 また2017年には新たに誕生したARAナショナル・チャンピオンシップの二輪駆動部門にも参戦、開幕から4連勝して初年度のクラスチャンピオンを獲得した。 取扱い販売店 初代と2代目は、トヨタカローラ店系が「RAV4L」、ネッツ店(旧・トヨタオート店)系では「RAV4J」として販売。 3代目はネッツ店専売となり車名も「RAV4」に変更した。 5代目ではネッツ店に加えて2代目RAV4L以来となるカローラ店での取扱を再開した。 なお、では、ネッツ店系のネッツトヨタ東都と、カローラ店系のに加え、2019年4月にトヨタ東京販売ホールディングスと同社傘下の販売会社4社(東京トヨタ自動車・・トヨタ東京カローラ・ネッツトヨタ東京)を融合したことにより新たに発足したでも取り扱われるため、都内全てのトヨタディーラーでの購入が可能である。 また、2020年5月1日に東京都を除く全ての地域での全車種併売化に伴ってとでの取扱が開始された。 車名の由来 「 Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive」の頭文字。 「アウトドアでもアーバンシーンでも見て乗って楽しいクルマ」の意味が込められていた。 またRAV4Lの LはLiberty、RAV4Jの JはJoyfulを表す。 2019年4月に発売された5代目は「 Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」の頭文字()に変更。 英語で「SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD」の意味が込められている。 脚注 [] 注釈• ー msn ニュース Fobes Japan発信、Joann Muller執筆• ベストカーweb 2019年10月27日• リクルート株式会社 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 トヨタ自動車株式会社 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 - Responce、2012年12月19日配信• - Respoce、2012年12月11日配信• 2018年11月20日. 2018年12月22日閲覧。 米国トヨタ自動車 2018年11月20日. 2018年12月22日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年11月30日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年3月28日 ,• 米国トヨタ自動車 2018年11月20日. 2018年12月22日閲覧。 Car Watch 2018年11月22日. 2018年12月22日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2019年5月16日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2020年6月8日 ,• TRD USA• トヨタ自動車株式会社(Wayback Machineによるアーカイブ) 2017年8月16日. 2019年11月5日閲覧。 トヨタ自動車株式会社 2019年4月10日. 2019年4月11日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク•

次の