西遊 記 tvk。 西遊記的衍生作品列表

tyosakusyu

西遊 記 tvk

藤 原 知 行 著 作 集 歴史家 藤原知行 大河ドラマ「平清盛」第1回〜第4回、とくに第4回「殿上の闇討ち」について重要情報 1.「殿上の闇討ち」事件の主会場(殿上)に、19歳の藤原俊成が居合わしていた。 2.闇討ち事件の40年前、平清盛の祖父の平正盛が、加賀国国府に検非違使として在庁していた。 永長2年(1097年)に平家が日本史の表舞台に突如として登場するわずか5年前。 1月29日放送の大河ドラマ「平清盛」の第4回「殿上の闇討ち」で描かれていましたが、その闇討ち事件(長承元年1132年11月23日)が起こった表舞台の宮中で「豊明節会(とよあかりのせちえ 新嘗祭)」と4人の舞姫による「五節の舞」が行われていました。 今まで、『平家物語』でも、その解説でもまったく語られたことがないのですが(もちろん歴史学者や歴史小説家も知りません)、その宮中行事の中心に、平安末期から鎌倉時代初頭にかけて、和歌の第一人者となる藤原俊成(藤原定家の父、当時19歳で藤原顕広という氏名だったのでほとんど気づかない)がいました。 これは某(それがし)の日本史上での大きな発見だと自負しております。 この時、俊成が加賀守(今の石川県知事のことで、6年間今の小松市古府町付近にあった加賀国国府に赴任していた)として、能登守(もちろんこれも今の石川県知事)とともに、このドラマの主題となった「殿上の闇討ち」事件が起こっていた表舞台の殿上で行われている「豊明節会(新嘗祭)」の最重要な幹事役(4人で構成)をつとめており、能登守ともに節会のハイライトである「五節の舞」の4人の舞姫のうち2人を提供しておりました。 これは、『中右記』(長承元年11月20日〜23日条)その他で確認できます。 また、この事件の40年前の寛治6年ごろまで、平正盛が 、加賀国国府に在庁官人の検非違使(今日の石川県警本部長・金沢地方裁判所長・金沢地方検察庁長官にあたる)として実際に赴任していました。 永長2年(1097年)年に平家が所領を六条院に寄進し、日本史の表舞台に登場するわずか5年前です。 これは、『平家物語』「南都牒状」や『為房卿記』(寛治4年〜5年条)その他で確認できます。 正盛が、「加賀国府の在庁官人として何をしていたか」については、某(それがし)の歴史小説『幻の湖』(【「平家物語」集のページ】】に掲載予定) をお読み下さい。 内容紹介 浄土真宗では、他の宗派で普通に見られる仏塔や石仏(地蔵菩薩など)をたてない。 むしろ徹底的に破壊してきたほどである。 浄土真宗寺院跡に築城された城の跡地から石塔類が発掘されるということは、真宗以外の寺院が以前そこに存在したと考えるべきである。 金沢城内心礎 芦城公園内水輪 本文 石川県金沢市の金沢城址内にある一つの大石、そして石川県小松市の小松城址内にあるもう一つの大石についてお話ししたい。 手水鉢として使われていたという。 両石とも調査は行われていなく、今は正体不明とされている。 石造物の専門学者に鑑定を依頼すればよいのであるが、専門家でなくても石塔類に興味をもつ方は、ある程度は直感的に察しがつくであろう。 以下は、筆者の乏しい知能や知識を動員し、歴史をふまえて試みた考証である。 金沢城址のそれは「心礎」つまり、木造五重塔の床下から最上階の屋根をつらぬく心柱の礎石に違いない。 心礎は塔の最も重要な部分で、火事や戦乱などにより塔が喪失した後は地面から掘り出され、手水鉢などに転用されて寺社の境内に置かれていることが多い。 小松城址のそれは五輪塔の水輪とよばれる部分である。 五輪塔特有の梵字は風化によりはっきり確認できないが、大きさや形からみて典型的な鎌倉時代の貴重な遺物である。 どちらの石も何度か移動された形跡があるが、当初は今ある場所から遠く離れないあたりにあったと考えざるをえない。 そうだとすれば、現在の定説となっている金沢城と小松城の来歴に大きな齟齬を来すことになる。 五重塔の心礎や五輪塔の水輪があるということは、両城の歴史から見て道理にあわないことなのである。 何かの用があって城外から運び込んだ、という確実な記録や、後世の附会ではない伝承があればそれまでであるが。 「金沢城の歴史」の定説は、「文明年間に浄土真宗の信徒により建造された金沢御堂という寺院の跡地に天正八年佐久間盛政が築城したもので、天正十一年に前田利家が城主とになった。 以後、江戸時代を通じて加賀前田本家の居城であった」というものである。 考古学的な発掘調査で、金沢城の本丸跡地から石塔類の残欠が出土している。 キリスト教プロテスタントではマリア像をたてないのと同様に、蓮如上人以降の浄土真宗では、他の宗派で普通に見られる仏塔や石仏(地蔵菩薩など)をたてない。 むしろ徹底的に破壊してきたほどである。 真宗寺院跡に築城された城の跡地から石塔が発掘されたり、心礎が残っているということは、真宗以外の寺院が以前そこに存在したと考えるべきである。 一次史料優先の文献史学によって立つ歴史学者は取り上げないが、江戸期の地誌や寺伝など二次的な史料から、金沢城のあたりに真言宗「金沢寺」があったことがうかがえる。 その法灯を受け継ぐという真言宗「永久寺」が金沢市東山の寺院群の中に今もある。 金沢市中心部の歴史は金沢御堂以降の五百年足らずとされているが、「金沢寺」が確かに存在していたなら、金沢中心部の歴史はさらに数百年以上さかのぼることになる。 「小松城の歴史」の定説は、「天正年間のはじめに一向一揆の部将若林長門守によって築かれたとされる。 一揆と越前朝倉氏さらに信長軍との長期攻防の末、村上頼勝ついで丹羽長重が小松城主になった。 関ヶ原の戦いを期に加賀前田本家の支城となり、一国一城令のもとでも存続が許されたが、明治維新になりすべて取り壊された」というものである。 小松城の前身は一向一揆の城というより、戦国時代前期までの典型的な城砦であって、今日でいう高い石垣と水堀に幾重にも囲われた見上げるような天守閣を持つ立派な建造物ではなく、館のまわりに空堀と土塁をめぐらした小さなものである。 一向一揆の以前、小松の地は人の住まない芦原だったというのも定説である。 なにも無かった所に浄土真宗の一向一揆がはじめて城砦を築をいた、というのなら、小松城の跡地から石塔類が出土するはずがないのに、その石塔の一部が近年にも発掘されている。 能美市の八幡神社にある七重石塔は、明治の初めに解体された小松城から運ばれ再生されたものであり、かつて城内三の丸だった公園内に、寺院境内の石塔であった痕跡のある石造物が点在する。 そのうちの一つが凝灰岩製の太鼓状の大石すなわち水輪である。 一次史料は失われており、寺伝などいくつかの二次的史料から検討するほかないが、それでも城地がもともとは寺地(寺院領)であったことがわかる。 大寺院が存在したのは確実で、それは平安時代末期に平重盛(小松内大臣)により建立された「小松寺」を核とする寺院群である。 その法灯を受け継ぐという浄土宗「法界寺」が今も市内に存在する。 小松城の地が「小松寺」の寺地であったとすると、金沢の中心部と同じように、小松の中心部の歴史は五百年どころか八百年以上前の平安時代までさかのぼることになる。 (了) 内容紹介 神社とか寺院だけでなく、庭やその他いたる所で見られる石灯籠。 その火袋という部分に対になって彫られている〈日月文〉という円型と月型の窓は「何を意味するのか」を考察してきた。 伊勢信仰(神明宮)や民間信仰などいろいろ検討してみたが、筆者は石灯籠のそれは特定の信仰にもとづくものでなく、日本人の永遠の願いである〈日月清明〉〈天下太平〉を象徴化したものと結論づけるにいたった。 はじめに 〈日月文〉とよばれる文様がある。 日本に住んでいれば、日常ごく普通に目にしているはずである。 すぐに思い付かない人に、「神社や寺院、墓地、日本式庭園あるいは庭先などにある石灯籠によく彫られているあの模様」と話せば、「ああ、あれか」と思い出されるであろう。 石灯籠の火袋という部分の四角形をした火口の左右にそれぞれ対になって彫られている。 日・月の文はすべてのものにあるわけではないが、それ以外のものが彫られている石灯籠に比べて圧倒的に大きな比率をしめているといえる。 ためしに、明暦三年(1657)に当時の小松城主前田利常公によって建立された小松天満宮の境内にある石灯籠を調査してみた。 総数五十四基のうち全体の三分の一強が日月文の施されたものであった。 この三分の一強という割合はほぼ全国的に共通するものと考えられる。 ところが不思議なことに、「なぜこの文様が石灯籠に、しかも定番のように刻されているのか」ということについて、石灯籠について解説した書籍にいくつかあたってみたが、どれにもまったく触れられていなかった。 石灯籠を造っている地元の石材店にも問い合わせてみたが、「知らない」あるいは、「同業者に話して調べてもらったが、わからなかった」というのが答えであった。 逆に「わかったら教えてほしい」という石材店もあった。 しかし、その大部分の由来は不明で、地元民から忘れられた存在として境内の片隅などにおかれている。 所によっては、堂を建立し、その中に〈日・月の石の祠〉を安置して、〈神明宮〉あるいは〈神明さん〉として祀っているのが少数ながらある。 国内の他所ではどうであろうか。 天照大御神と豊受大神 日本の歴史にもっとも大きな影響を残した神仏習合を代表する両部神道では、伊勢神宮は天照大御神を祀る内宮と豊受大神を祀る外宮から成り立っており、それぞれを金剛、胎蔵両界の象徴とした。 天照大御神は胎蔵界の大日如来であり、日天子(日天)であるとする。 豊受大神は金剛界の大日如来であり、月天子(月天)であるとする。 仏教では日天子は観音菩薩、月天子は勢至菩薩とすることもある。 (親鸞『唯信鈔文意』) 全国各地に鎮座する〈神明宮〉〈神明神社〉は伊勢神宮の内宮および外宮の、天照大神と豊受大神を祀ったものである。 察するに、〈日・月の石の祠〉を神明宮あるいは神明さんとして祀ってあるのがいくつかあることから、〈日・月の石の祠〉の大部分は、もとは神明宮として建立されたものと判断してもよいであろう。 天照大御神が日天子、豊受大神が月天子なら、その象徴として日月が刻されていることに合点がいく。 江戸時代以来、一生に一度は伊勢参りをするものとされ、数人の仲間と近畿を巡り、また京都見物をかねた参宮旅行にでかけることが、日本の各地にひろまった。 そのために伊勢講あるいは神明講というものが組織され、講金をつみたてて代表者により参詣(代参)がおこなわれた。 〈日・月の石の祠〉はその折りに結成した講の記念として氏神社に寄進したものである可能性が強い。 民間信仰 民間信仰には、たとえば道祖神、産土神、庚申待信仰、日待、月待、大師詣、北斗信仰、地神信仰などがある。 いずれも、多くは講の形をとっている。 しかし、〈日月信仰〉という民間信仰はなかったようである。 日待信仰と月待信仰および庚申待信仰は、当日は特定の場所に前夜から仲間が集まって、日の出を待ち(日待信仰)、月の出を待つ(月待信仰)などをして一夜を眠らずに過ごす。 何もせずにいるのではなく、念仏をとなえたり、飲食したりしながら語りあうのである。 江戸時代には、徹夜で連歌・音曲・囲碁などをする酒宴遊興的なものとなって非常に盛んであったが、現代では多くがすたれてしまっている。 日待信仰も月待信仰も講の記念として供養塔をたてたが、それらは今も全国いたる所に残っている。 特に青面金剛や猿田彦を祀った庚申待信仰はかつてはたいへん興隆し、今も多数の庚申供養塔(庚申塔、庚申塚)が各地に存在する。 庚申供養塔は文字だけのものもあるが、典型的なものは青面金剛像を彫り、下部に〈見ざる、言わざる、聞かざる〉の三猿、そして上部の左右には瑞雲をともなった日・月が彫られている。 この供養塔にある日・月は日待と月待の信仰からきている、と一般に考えられているが、筆者はこの見解に疑問を持っている。 他に、「日月清明を表わし、五穀豊穣の願いを表わしている」と説く人もいる。 後述するが筆者はこの後者の説に賛同する。 六十六部廻国塔 民間信仰には入らないようだが、庚申供養塔と同じような〈六十六部廻国塔〉といわれる石塔が全国各地に多数残っている。 日本の六十六か国すべてを巡拝し、国ごとに自ら写経した法華経を一部ずつ納める廻国修行で、略して六十六部あるいは六部といった。 塔は修行の満願成就を記念して立てられたものである。 江戸時代に大流行し、明治四年に太政官より六十六部廻国修行の禁止の布達がでたほどである。 この供養塔に日・月が彫られているものもあるが、ほとんどは〈天下泰平〉〈日月清明〉といった文字が刻まれている。 日月灯明仏と日光・月光菩薩 仏教に〈日月灯明仏〉という仏様がある。 『無量寿経優婆提舎願生偈註』というのに《日月灯明仏、『法華経』を説きしに六十小劫なり》とある。 〈三十日秘仏〉という行事では、一ヶ月三十日に三十の仏を配して礼拝する。 一日目は定光仏、二日目灯明仏、三日目多宝仏と続き、十日目が日月灯明仏である。 十五日目は阿弥陀如来、十八日目観世音菩薩、二十四日目地蔵菩薩、そして三十日目が釈迦如来である。 〈縁日〉の源流はこの三十日秘仏であるという。 太陽と月を灯明としているという意味で日月燈明仏なのであるが、観音信仰や地蔵尊信仰のように、日本ではお堂や祠を建ててまで、この日月燈明仏のみを特別に信仰した例はない。 また、『薬師如来本願経』に〈日光菩薩〉と〈月光菩薩〉が薬師如来の脇侍として説かれているが、この両菩薩を特に信仰した例もない。 日・月と陰陽と家紋 「陰陽思想や陰陽五行説では太陽が陽で月が陰(太陰)だから、日・月の文はそれにちなむもの」というもっともらしい見解がよく出るが、〈陰陽〉では日月をあえて文様にすることはない。 〈陰陽〉を象徴するものとして〈太極図〉があるが、わが国では韓国の国旗として以外にほとんどみかけることはない。 似たもので日本の家紋に〈陰陽二つ巴〉〈陰陽まが玉巴〉がある。 日本人の一族一家で使用する家紋は極めて多数あり、その種類は一万をはるかに超えるという。 それほど多くの家紋が存在するわりには〈日月紋〉というのが使われることはない。 じつは、〈日月紋〉は皇室の御紋である。 大嘗祭に立てられる錦の御旗に日・月がついている。 それが家紋として日月紋が一般に使われていない大きな理由と想像される。 皇室の御紋としては、菊紋(正確には十六弁八重表菊紋)が定着している。 後鳥羽上皇が特に菊を好まれ、お印として使用されたことにはじまるという。 その後の天皇も菊紋を使用され、明治二年の太政官布告により公式に皇室の御紋とされた。 祈念語と祝聖文 石灯籠の日月文をはじめ、この文様は宗教施設以外でもいたるところで目にすることができるが、はたしてこれはあまり意味のない単なる文様にすぎないのであろうか。 先にあげた各地の六十六部廻国塔に、〈天下太平〉〈天下泰平〉〈日月清明〉〈五穀成就〉〈萬民快楽〉〈國家安全〉といった祈念の語が刻まれていることが多い。 庚申塔にも上部に日月の文や三猿の像が刻まれ、文字として〈天下泰平・五穀成熟・日月清明・風雨順時〉の文字が刻まれている例が多い。 六十六部廻国塔ではとくに〈天下泰平〉〈日月清明〉の二句のみのものが多い。 この佳句ともいわれる二句は、六十六部廻国塔にかぎらず、他にも仏教寺院の梵鐘などに銘文として刻まれている。 木喰上人は、日本廻国という大願をたて、千体を越える仏像神像(木喰仏)を彫刻したが、いずれもこの〈天下和順〉〈日月清明〉の願意を込めたものだったという。 「歌舞伎十八番 勧進帳」において、武蔵坊弁慶は安宅の関で関守富樫の求めに応じ、東大寺と大仏の建立のためとして〈勧進帳〉を即席で読み上げる。 ひき続いて、山伏の由来を次のように口上する。 《おお、その由来いと易し。 それ修験の法と云っぱ、胎蔵金剛の両部を旨とし、険山悪所を踏みひらき、世に害をなす悪獣毒蛇を退治して、現世愛民の慈愍を垂れ、或いは難行苦行の功を積み、悪霊亡魂を成仏得脱させ、日月清明、天下太平の祈祷を修す。 かかるがゆえに云々…》 このように日月清と天下太平というのは、昔日のわが国において、王法と仏法(政治と宗教界)および神仏宗派をこえて日頃よく唱えられた願文であり金言であったに違いない。 日月清明・天下太平は、今なら人類平等・世界平和であろうか。 筆者はその出典は『無量寿経』という日本仏教、特に浄土系仏教においてもっとも重要な教典にあると考える。 人々、徳を崇め仁を興し、務めて礼譲を修む。 【現代語訳】仏が遊歴されるところは、国も町も村も、その教えに導かれないところはない。 そして世の中は平和に治まり、太陽も月も明るく輝き、風もほどよく吹き、雨もよい時に降り、災害や疫病などもおこらず、国は豊かになり、民衆は平穏に暮し、武器をとって争うこともなくなる。 人々は徳を尊び、思いやりの心を持ち、あつく礼儀を重んじ、互いに譲りあうのである。 岩波文庫『浄土三部経(上)』にある注釈が参考になる。 (傍線は筆者) 仏の遊履するところ……以下、「礼譲を修むまで」の八句は古来、しばしば、引用される句として有名である。 徳川時代、真言宗でも鎮護国家や除災の祈祷に、この八句をかきつけて唱えたという。 (中略)また以下の一節は日本の神道にもとり入れられている。 中世における伊勢大神宮の神学を完成した神道五部書の一つである『宝基本記』においては、人間のうちに至誠正直の至徳を完成したならば、〈天下和順、日月清明にして、風雨は時を以てし、国富み民安し」という状態になり、さらに進んでは兵戈も無用となる、とさえもいう。 「漢訳」・「呉訳」は「天下太平」と訳している。 (*筆者注 今日広く普及している『無量寿経』は〈曹魏の康僧鎧訳〉のものである) 日本の仏教寺院では、年のはじめに修正会という法要が勤められる。 この一節は『大無量寿教』の〈五善五悪〉といわれる段にあり、もっともよく称えられる経文で、人間社会の究極の理想を示す。 宗教宗派をこえて、神仏の恩恵を蒙ったところにはすべて、このような理想郷が現出するということである。 〈東洋の君子国〉といわれた、わが国ではこれまで、天皇をはじめ、各時代の為政者から庶民にいたるまで、この理想を目指して努力したのである。 その精神は「聖徳太子十七条憲法」に結実しているが、日本の各時代をあらためてながめてみると、それぞれの前中期にあたる期間は多くの人々にとって比較的平和で良い時代であったようだ。 江戸時代のいわゆる〈元和偃武〉(偃武とは、中国古典『老子』の中の語に由来し、武器を偃せて武器庫に収めること)は兵戈無用(兵戈用いることなし)のことである。 さらに遠くさかのぼれば、平安中期宇多・醍醐天皇のころもその名のごとく平安な時期であったであろう。 大戦後の昭和後半期はというと、異論はあろうが、国内平和と経済発展で安寧の時代であったように見える。 が、皇族をはじめごく少数の方々をのぞいて、いわゆる〈戦後民主主義〉のせいであろか、多くの人々は肝心の〈礼譲を修む〉ことを止めてしまった。 その結果、国会論戦のあり様をみるまでもなく、東洋の君子国とはとうていえない喧々囂々としておぞましく、礼節をすっかり忘れた普通の国になってしまった。 日月清明と軍配 〈日月清明〉すなわち「太陽が燦々と照り、清らかな月が朗々と輝き渡る」というのは、古来から日本人の理想であり願いであった。 もちろん「季節ごとの天候が安定していて、異変が起きないこと」も意味する。 弘法大師〈空海〉はその著『三教指帰』の冒頭で、《文の起り必ず由あり。 天朗かなるときは則ち象を垂れ、人感ずるときは則ち筆を含む。 云々》と記す。 「天朗かなるときは則ち象を垂れ」は、「天気が晴朗で日月が清明なときは神仏が加護や恵みをあらわし示される」ということである。 「本日天気晴朗なれど浪高し」という有名な美文がある。 日露戦争の重大な局面で、秋山直之海軍参謀が付加し打電させた通信文の結語である。 単なる報告文でなく、連合艦隊出撃時の非常な決意にあわせ、この〈神仏の加護〉を言外にもたせたものであろう。 石灯籠にある日月文は意味のない単なる飾り穴ではない。 それは鳳凰や鶴亀、雷文などの吉祥文のようでもあるが、それ以上に日本人としての永遠の理想や願望が込められているにちがいない。 吉祥文の種類は多数あるのに石灯籠にはあまり使われていないのである。 石灯籠以外に日月文が使われている例として軍配がある。 相撲行司の軍配には〈天下泰平〉〈国家安全〉〈一味清風〉〈知進知退〉などいろいろ書かれているが、中でも日月文が描かれ、天下太平(天下泰平)の文字が記されたものが多い。 この日月文は日月清明を文字でなく意匠として表現したもので、石灯籠にある日月文と共通するものである。 石灯籠に刻されて国中に遍満する日月文 石灯籠の日月文に関しては、先に述べたように天照大神と豊受大神の二神を祀ったもの、とか、日待や月待あるいは庚申待といった民間信仰、あるいは日月燈明仏では説明できない。 また陰陽道にちなむものでもない。 明治初期まで神仏習合であったという事情はあるにせよ、神仏や宗派や信仰というものをこえている。 筆者はそれは〈日月清明〉を意味しており、天子(天皇)から臣民(庶民)にいたるまで、神仏の加護への感謝や願いを込めて象徴化したものであると判断する。 祝聖文の八句や〈五穀成就〉〈萬民快楽〉〈國家安全〉などの祈念語を簡潔に記号化すれば、畢竟するところ日・月に落ち着くであろう。 六十六部廻国塔などのように文字で〈天下泰平〉〈日月清明〉と記すのでなく文様にして彫り込んだのである。 日月清明は、「花鳥風月・雪月花が日本の文化である」というのと似ている。 もっとも、文化(風俗習慣という意味での)というのは芸術と同様に、気づく気づかないにかかわらず、広義の意味での宗教(精神的行為)が根底に横たわっているのだが。 日月紋が皇室のご紋章であるのに表だっていわれることがなく、また国民(臣下、臣民)は、その一族一家の家紋として使用してこなかった。 考えてみるに、日本を象徴する〈日の丸〉とは別に、現憲法第一条に明記される「日本国の象徴たる天皇」のご紋章と同じ日月文が、石灯籠などにさりげなく刻されて国中に遍満し、美しい風景に同化しているのは、実にすばらしくまた誇るべきことである。 (了) 参考文献 『「日・月」の石の祠の分布と謎を考える』(谷本慎吾)・『密教の本』(学習研究社)・『浄土三部経(上)無量寿教』(岩波文庫)・『浄土宗新聞(平成十一年一月一日)』.

次の

西遊記 (2011年電視劇)

西遊 記 tvk

早期版本的西遊記 《 西遊記》,又稱《 西遊釋厄傳》,是中國古代第一部浪漫主义章回体长篇神魔小说,中國《》之一、《》之一。 成书于16世纪中叶,一般认为作者是明朝的。 書中讲述與徒弟、和等師徒四人前往西天取经的故事,表现了惩恶扬善的古老主题,也有观点认为西游记是暗諷权力场的諷刺小说。 因《西遊記》的傳頌,明清之際、、等因而又據佛、道兩教之有關戲曲雜劇和神話傳說,撰寫《》、《》和《》等三遊記,再加上楊志和之另本《西遊記》,合稱《》。 《西遊記》自问世以来,在中国及世界各地广为流傳,被翻译成多种语言。 在中国,乃至亚洲部分地区西遊記家喻户晓,其中、、、等人物和「大闹天宫」、「三打」、「孙悟空三借芭蕉扇」等故事尤其為人熟悉。 幾百年來,西遊記被改编成各种地方戏曲、电影、电视剧、动画片、漫畫等,版本繁多。 《西游记》活字印本,中文,16世纪。 现在出版的各本《西遊記》都署名,但是自《西遊記》问世以来,就一直对其作者存有争议。 流传的《西遊記》,各种版本都没有署名。 「丘處機」說 《西遊記》用了很多的術語,有些段落剽竊自經典,作者嫻熟全真教祖師、第二代掌教及其再傳弟子的思想, 故明朝、清朝、文人以为《西遊記》是道士之书。 徒, 以及在所撰的《》中都提出《西遊記》为时的所著。 这一看法提出后,清朝的文人大多赞同。 清朝始疑此说,他查出小说的官制皆明制 ,寫作时代必为明代,不可能是元人丘处机,认为《西遊記》中多处描写明朝的风土人情,而丘处机是南宋末人(是元明朝代以前的人) ;此外《西遊記》中多处使用方言,而丘处机一生在地区活动,并未在淮安居住过。 丘處機另有《》,是中國道教撰寫的一本遊記,主要記述了其師丘處機和弟子應之邀遠赴中亞途中的見聞。 書名與西遊記類似,但是內容是不相同的,可能是因此產生誤解。 1980年以后,仍不断有学者对吴承恩的作者身份表示质疑。 理由是今存吴承恩诗文及其友人或同時代之文人如、、、等文字中从未提及撰写《西遊記》一事;二是《》所载吴承恩著《西遊記》一事 并未说明是演义、稗官,而通常情况下演义、稗官是不录入地方志的;三是在清朝藏书家所著《》中吴承恩所著《西遊記》被列入舆地类(即类)。 且《西游记》一书中的诗词与吴承恩存世的作品对比起来,风格差异很大。 其他 有人重新提出《西遊記》是丘处机所著,或是其弟子、传人所著。 最後,亦有学者將《西遊記》作者推斷為 或是。 故事來源 現在通行的《西遊記》是根據宋、元以來關於唐僧取經的故事和有關作品,如《大唐三藏取經詩話》、楊景賢雜劇《西遊記》等,加以擴充、組織和再創作而寫成。 玄奘本事 629年,僧人违反朝廷当时禁止百姓擅自西行的规定,从偷渡出关,只身赴学习教义。 经过16年,在644年回国,并向写信报告了情况。 下诏让他口述西行见闻,玄奘本人口述,由他的弟子执笔写出《》。 在玄奘逝世后,他的另外两名弟子、将玄奘的生平以及西行经历又编纂成一本《》,为了弘扬师父的业绩,在书中进行了一些神化玄奘的描写 ,这被认为是《西遊記》故事的开端。 此后取经故事在社会流传,神异的色彩越来越浓厚。 佛經故事 敦煌洞窟残留9世紀年間的壁画 某些人认为《西游记》有參考成分。 指出孙悟空大闹天宫的故事,出自《贤愚经》卷一三《顶生于像品》六四。 的故事出自经典《》。 说得是牛卧比丘惊犯宫女的故事。 大目犍連知魔王在其腹中,即從定寤,語魔王曰:汝波旬出!汝波旬出,莫觸嬈如來,亦莫觸嬈如來弟子。 莫於長夜無義無饒益,必生惡處受無量苦!於是魔波旬化作細形,從口中出,在尊者大前立。 但是,此说无法提供证据表明《西游记》作者知道这些印度故事,当时,这些印度故事在中国流传不广,这些佛经也并不广为人知,各种妖魔鬼怪的故事在中国文学史上也有先例(例如《》),这些故事也仅仅是个别地方与《西游记》有点类似而已,并不能确证它们一定起源于印度,很可能只是巧合。 話本、戲曲 在后期和时期的许多记载中已经出现了西行取经的故事。 故事大綱 一幅附有插圖的《西遊記》 《西遊記》全書共一百回,可分為四個長短不一的部份。 開頭詩為「混沌未分天地亂,茫茫渺渺無人見。 自從盤古破鴻蒙,開闢從茲清濁辨。 覆載群生仰至仁,發明萬物皆成善。 欲知造化會元功,須看《西遊釋厄傳》。 」第一部份是第一回至第七回,介紹故事主角的誕生,孫悟空是吸收天地精華而生的石猴,因為向學法而得道,能通地煞七十二變、乘、使,他驕傲地自稱為齊天大聖,桀驁不訓的行為讓天庭十分頭痛。 在他大鬧天宮之後,遭到降伏,如來佛祖將他壓在下長達五百年。 第二部份是第八回至第十二回,介紹名義上的主角。 故事背景發生在東土(),當時的中國人不識佛法、成天享樂,派遣觀音菩薩指示唐三藏前往(現今之),將無上真經取回東土。 這一段概述了唐三藏成為僧侶的過程,也說明他的前世是如來佛祖的高徒金蟬子,此外描述了在的遭遇。 第三部份是自第十三回至第九十九回,描述唐三藏與他的徒弟前往天竺取經的冒險故事,亦即《西遊記》這個標題指涉的故事。 離開唐國的管轄範圍後,一路上跋山涉水、被妖魔鬼怪侵擾,他離開邊境後所經歷的地域多是虛構的。 這段旅途中、許多妖魔都渴望能吃唐三藏的肉,因為吃下之後能。 第十三回至第二十二回中有几回是写唐三藏收徒弟的故事,唐三藏的徒弟都曾在過去犯下錯誤,受到指點後,答應護送唐三藏取經以將功贖罪。 第一個徒弟是,出現於第十三回,他因為大鬧天宮而遭佛祖收服。 他聰明絕頂、神通廣大但也十分暴躁,唐三藏透過從觀音那兒取得的金箍制伏他。 金箍套在孫悟空的頭上,當唐三藏唸緊箍咒,箍會勒緊痛得孫悟空滿地打滾。 第二個徒弟是,出現於第十九回,他曾是天蓬元帥,能通天罡三十六變,因調戲嫦娥而被貶下凡。 雖然戰鬥起來有些可靠,但豬八戒貪吃、好色、懦弱、無能的個性經常拖累其它人,他也常和孫悟空吵嘴。 第三個徒弟是,出現在第二十二回,他曾是捲簾大將,因打破琉璃盞而被貶下凡。 沙悟淨沉默寡言、勤奮可靠而且十分忠誠,經常在孫悟空和豬八戒吵嘴時緩頰。 另外,在鹰愁涧,白龙马吃了唐僧的马,又在观音点化下擔任唐三藏的坐騎。 白龍馬为西海龍王三太子,出現在第十五回。 书中,白龙马称唐僧为师父,称孙悟空为师兄,直呼八戒、沙僧之名(第三十回),可见书中,白龙马排行在悟空之下,猪八戒、沙僧之上。 但书中多数时候,白龙马不列入排行,沙僧称八戒为二师兄。 第二十二回除了介紹沙悟淨之外,還介紹了,過了這條地理邊界後,他們就進入一片未知領域。 第二十二回至第八十六回可分為二十四個故事,每個故事裡都有不同神通的妖魔鬼怪或惡人,還有著各種不同的場景,例如燃著大火的、全是女人的以及各種奇妙的地方。 這一部份的故事通常由四個小節組成:第一小節是唐僧被捉走,生命受到威脅,通常是被妖魔捉走,不過偶爾也會被普通人所捉;第二小節是唐僧的徒弟試著找方式救他,通常依靠暴力、偶爾略施小計;第三小節是歷經挫敗,並找其它仙佛協助;第四小節是仙佛下凡收妖、唐僧獲救,繼續踏上旅程。 唐僧師徒在這段旅程中總共經歷了八十一難,儘管這些妖魔鬼怪十分強大,但都沒有真正傷害到他們,因為這是如來佛祖安排的試煉。 唐僧師徒在第八十七回抵達天竺邊境,而第八十七回至第九十九回的冒險相較於先前雖然少了驚險刺激,但多了異國情調。 唐僧師徒最終取得無上真經。 第一百回是唐僧師徒返回唐國後發生的事,并描述了唐僧師徒复返西方后修成正果得到封號的事。 孕育自一顆位於東勝神州花果山上的靈石,該石吸納日月精華,內育仙胞,一日迸裂,產一石卵,見風化為石猴。 它率領眾猴在花果山稱王,被敬拜為「美猴王」。 牠因見到其它猴子老死而興起求得之法的念頭,便前往斜月三星洞拜為師。 菩提祖師賜牠「孫悟空」之名,授他之法和。 孫悟空回到花果山後發現自己的猴子猴孫遭混世魔王打倒,他靠著法術收拾了魔王,並訓練餘下的猴眾,由於苦無稱手兵器,他便進入海龍宮內向要得,又強取上好盔甲。 後來他因陽壽已盡,便大鬧、竄改。 惹事的孫悟空引起天庭注意,念在孫悟空是天生地養,便招安他做,但孫悟空因嫌官小受騙受辱,便下凡回花果山。 他打敗了三太子巨靈神和,并自封齊天大聖。 後來,天庭將其二次招安,承認了它自封的「齊天大聖」封號,但有名無祿,是個閒差。 此後孫悟空在天界廣交朋友,玉帝怕他閒來生事,叫他代管蟠桃園,但他卻偷吃蟠桃,並在王母娘娘的蟠桃會舉辦之前潛入,偷吃御酒美食,乘醉進入太上老君的宮殿偷吃仙丹。 加上自己原本的石頭身體,成了刀槍不入、水火難攻的強者。 孫悟空酒醒後發現事情鬧大了,於是返回花果山,玉皇大帝收到報告說孫悟空偷蟠桃御酒仙丹,下令動用十萬天兵前去圍剿,但都無法收服。 孫悟空出來後繼續大鬧天宮,最後被釋迦如來壓於五行山下五百年。 五百年後,經觀音菩薩勸化,表示願意給取經人做個徒弟,此後,唐三藏遠赴天竺取經,路過五行山時救下孫悟空並收之為大弟子。 唐三藏為了駕馭他便讓他戴上金箍,並透過唸咒來懲罰他。 取經路上,孫悟空機智勇敢、神通廣大,他降妖伏魔、屢建奇功,然而數次被師父唐三藏誤解、受到緊箍咒的懲罰,兩度被逐出師門。 最後、師徒歷經八十一難,終於大功告成取得佛經,而孫悟空也修得正果,被封為鬥戰勝佛。 其原型是唐代僧侶。 在小說裡的他俗姓陳,自小出家、成了佛教僧侶。 他實際上是如來佛祖的弟子羅漢金蟬子轉世,不過他並不知情。 他被派往天竺取得大乘佛經、以便佛法能在中國傳揚,由於唐三藏無法保護自己,唐太宗便令兩名隨從侍其左右。 但他的兩名隨從在離開長安不久後就遭妖怪所殺。 觀音菩薩現身告訴三藏,他將會在旅途中遇見三名有力的徒弟。 在旅途中,唐三藏不斷地被妖魔鬼怪侵擾,妖怪都希望可以吃到唐三藏的肉,因為吃下他的肉可以。 在取得佛經後,唐三藏修成正果,被封為旃檀功德佛。 ,法號豬悟能。 他原為天界率領八萬兵馬的,後來因酒醉後調戲而被貶入凡間,轉世成了豬臉人身的怪物,名為豬剛鬛。 唐三藏與孫悟空來到高老庄,高老庄長老告訴他們,三年前招的女婿是妖怪,求唐僧孫悟空解救,於是孫悟空便變化成高翠蘭,打倒豬剛鬛。 當豬剛鬛得知孫悟空是唐三藏的弟子後,便主動投入三藏門下,並告知三藏自己也被觀音菩薩告知必須以協助三藏取經來贖罪。 豬八戒懂得三十六般變化,手持作為武器。 在旅途中,他好色、懶惰、窩囊的種種表現不時拖累師徒,更屢屢陷唐三藏於生死關頭,但他偶爾也有優異的表現。 在取得佛經後,豬八戒被封為淨壇使者。 如同豬八戒一樣,沙悟淨原本也是天界的一名將軍。 他本是捲簾大將,但因為不小心打破琉璃盞而讓他受到玉皇大帝的懲罰,被貶入凡間後、他成了吃人妖怪。 他住在流沙河中,襲擊渡河船隻。 沙悟淨的武器是降妖寶杖,他在吃人之後會將它們的頭骨收集起來,無聊的時候把玩它們。 後來觀音菩薩告訴他、將會有位從東土而來的唐僧路經此地,觀音要他拜唐僧為師。 當唐僧和他的弟子來到流沙河時,沙悟淨和孫悟空、豬八戒大打出手,當他得知他們是唐僧的弟子後,便拜唐僧為師共赴天竺。 在旅途中,沙悟淨沉默寡言、安份守己,儘管他在戰鬥上的表現不如兩位師兄,但他是三名徒弟中對唐僧最忠誠有禮的。 在取得佛經後,沙悟淨被封為金身羅漢。 本是西海龍王敖閏的第三太子,雖是唐僧徒弟,但小說中未出現其名,也沒有法號,他因為縱火燒了龍宮殿上的明珠而遭處死刑,後被觀音菩薩救下,命其在蛇盤山等待唐僧西天取經。 當唐僧路經當地時,吃了唐僧坐騎。 被唐僧收服後,鋸角退鱗,幻化為其跨下白馬代替原先坐騎,共同前往西天取經。 他在旅途中最醒目的表現是當唐僧及其它師兄弟都被奎木狼捉拿時,幻化成人形與奎木狼纏鬥。 在取得經書後功德圓滿,被封為八部天龍馬。 主题 《西游记》富有濃厚的佛教色彩,其隐含意义非常深远,众说纷纭,见仁见智。 : 26-28可以从佛、道、俗等多个角度欣赏。 证道说 《西遊記》作者在書中加入了長生的觀念,作為取經歷程的目的;在西遊記雜劇中,是完全沒有煉丹的思想的。 取經者成為修煉成仙的化身,取經歷程,則暗示道士修煉時所遇到的困難和不定,要不斷和「分神」或肉體煎熬搏鬥,還有走火入魔的危險。 小說中的山川地理,則有象徵人體器官,如「稀杮衕」比擬結腸,「夾脊關」比擬脊髓。 小說乃「將全真功法逐步演出」。 在36回,悟空等弟子教唐僧「先天採煉」之法,所述結合了《》、《》及全真教的思想。 李安綱也表示《性命圭旨》是《西游记》的文化原型,石泰的《还源篇》81章炼丹五言绝句是《西游记》唐僧81难的原型。 修煉內丹時,元精、元氣充足,能滿足元神的需要。 三教合一 《西游记》有大量的词汇,如:四大部洲、佛、等,并且故事也是取经见,但它更有的特征,讲、等,具有内丹术义理的色彩。 以见性为长,炼命而著,此是内功;之入世功行为外功。 而書中第七回表明如来抓捕孫悟空是奉玉帝宣命,前来救驾。 《西游记》为三教合一心学也。 《西遊記》裡面主要是的思想,卻反對道士,支持佛教僧人,可能是對當時政局的反抗。 所謂的、影射,小說中的主角「」被設定為猴,而非人,意味著:雖有近似人的形體,但卻不是人,依然被視為被異類來看待,這表示在為官者,良官雖有官職官位,但卻被其他貪官群所排擠。 雖多次遭唐僧誤會、責備而氣憤,但最後依舊會在危難時回來解救,此表示忠臣遭誣陷,但仍不損其忠君愛國之心。 其次,「」所扮演的正是君側的貪官小人,「」則是昏庸,至於「」則是默默受欺的,小說過程中經常巴結、討好,但也時常惡意中傷(排擠良臣),同時也頻頻欺壓比其更晚加入取經隊伍的(惡官欺壓百姓),而的反應經常是輕信而誤會、責備,遇自稱神佛之人物便拜、貌似可憐之人便救,有火眼金睛能辨妖邪的悟空善意提醒但常遭三藏斥責,迂腐昏庸不分是非,另一方面也經常默默受欺而少有怨言。 至多不过是一部很有趣味的滑稽小说,神话小说。 我总怀疑这个神通广大的猴子不是国货,乃是一件从印度进口的。 也许连巫支祁的神话也是受了印度影响而仿造的。 其在小说,则明初之《平妖传》已开其先,而继起之作尤彩。 作者虽儒生,此书则实出于游戏,亦非语道,故全书仅偶见五行生克之长谈,尤未学佛,故未回至有荒唐元稽之经目,特缘混同之教,流行来久,故其著作,乃亦释迦与老君同流,真性与元神杂出,使三教之徒,皆得随宜附会而已。 第二部分是江流儿的故事,讲唐僧的出身,家世,梦斩泾河龙、入冥,为取经做伏笔。 第三部分从第十三回到全书的末尾,写八十一难,取经成佛。 第三部分为全书的重点,八十一难的描写,包括四十一个小故事,前后联系、互相串联。 : 38-40 幻想豐富 《西遊記》是中國、神話文學以及浪漫文學的代表作。 故事想像奇特,幻想豐富,情節神奇莫測,緊張曲折,佈局嚴謹,文境恣肆,創造出無數引人入勝的故事,成功塑造許多生動的神話人物形象。 《西游记》创作了一个光怪陆离、神奇瑰丽的虚幻神话世界,有真有假,亦假亦真,有的、的、民间的、,还有一群各色妖怪。 人物塑造上,把人、神和动物原型的特点,巧妙的结合在一起。 有浪漫主义的幻想,也有细节的合理和真实。 浪漫主义的一个特点是人物形象的塑造。 如:老鼠精住在无底洞;蝎子精有个蜇人的尾巴;白象王用鼻子卷人;狮子王一口吞入十万天兵;蜘蛛精的肚脐眼冒出蜘蛛丝,都符合动物的原型,也富有神奇的想象。 浪漫主义的另一个特点是夸张的描写方法。 孙悟空,一个筋斗十万八千里;金箍棒可长可短,可大可小;芭蕉扇,可以把人扇出八万四千里,同时又可以含在嘴里;流沙河,飘不起鹅毛;火焰山可以融化任何物品;人参果是三千年一开花三千年一结果。 : 40-42 诙谐讽刺 《西遊記》善於諷刺現實中的醜惡事物,並揭露可笑可鄙的現象,詼諧幽默惹笑。 所描寫的幻想世界和神話人物,都賦予人情世故的精神實質,和現實生活現實思想的基礎,寄託了作者的美好願望。 善意的嘲笑、辛辣的諷刺,以及嚴峻的批判藝術地結合起來,使不少章回妙趣橫生,圓滿地表達了深刻的思想內容,與作者的鮮明愛憎。 诙谐、讽刺的语言是《西游记》的一个重要特点。 善於運用對話形式,往往在對話中滲透人物的個性特徵。 書中夾雜不少詩詞歌賦,而散文、又穿插配合得非常自然。 《西游记》中的语言是口语化、通俗化、散文化和韵文化。 韵文化的句子主要表现为一些诗词歌赋的咏叹。 香馥馥野花开,密丛丛乱石磊。 闹嚷嚷鹿与猿,一队队獐和鹿。 喧杂杂鸟声多,静悄悄人事靡。 影響、地位 《西遊記》中的许多形象,例如、等对於人来说几乎是家喻户晓的。 同时这本书中神仙体系的描绘正是作者当时生活的政治社会的缩影。 西游记被认为是隐喻很深的雜合道、佛的书籍。 將《》與《》、《西遊記》、《》定為「」。 《紅樓夢》出現後取代《金瓶梅》,《西遊記》與《》、《》、《》共列中國古典「」,成為今日通行觀點。 金陵世德堂本:今存最早刻本,现存刻本其中第76—80回,91—100回残缺。 :点评• :家的著名证道本,阐述金丹大道。 翻譯 此章節 未。 (2017年3月4日) 《西遊記》还被翻译成了多种语言,译名也有多种:《圣僧的天国之行》,《一个佛教徒的天国历程》,《猴》,《猴王》,《猴与诸神魔历险记》。 在其他国家,最早关于取经故事是前期的译本,不过那是取经故事,与《西遊記》不完全是一回事。 《西遊記》最早的正式译本是18世纪中叶的译本。 英譯版則於1983年 ( 英语 : )翻譯完成,譯名為《Journey to the West》。 續書 在中國文學史上,《西遊記》同其他小說一樣,有眾多的續書,最為著名的有以下三部,合稱「《西遊記》三大續書」。 《》是《西游记》的一部续书,共一百回。 《》明代章回体长篇白话神魔小说,《西游记》续书之一。 明末清初(字若雨,法名南潜)作,共十六回。 其他作品也會借用《西遊記》中的角色,如明代的《》中出現了孫悟空。 到了近現代,與新興的電影電視相結合,《西游记》又出現了各種不同的改編和續書。 衍生作品• 余國藩:《余國藩西遊記論集》,頁205-206。 余國藩:《余國藩西遊記論集》,頁205。 根據清朝棲雲山素樸散人悟元子劉一明所著 《西遊原旨》,若非對老莊、周易及鍊丹之道有相當的修持,無法寫出之中的內容的。 丘處機為道教北宗代表人物,西遊記应由其所著。 蒲松龄. 聊斋志异. 而世鲜传本,余始于《道藏》抄得之。 村俗小说有《唐三藏西游演义》,乃明人所作。 萧山毛大可据《辍耕录》以为出丘处机之手,真郢书燕说矣。 《赞》乃高士所自为也。 承恩,明嘉靖时岁贡生,所著有《西游记》,载康熙旧志艺文目,钱竹汀《潜研堂集》谓《长春真人西游记》二卷,别自为书,小说《西游演义》乃明人所作,而不知为吾乡吴承恩作也。 (《百回本〈西游记〉作者研究》《中华文史论丛》1985年第4期)• 在《西游记的演化》一文推测华阳洞天主人是。 《百回本〈西游记〉作者臆断》• 雖遇如是,心無所懼,但苦水盡,渴不能前。 是時四夜五日,無一滴沾喉,口腹幹燋,幾將殞絕,不復能進。 遂臥沙中,默念觀音,雖困不捨。 啟菩薩曰,玄奘此行,不求財利,無冀名譽,但為無上正法來耳,仰惟菩薩慈念群生以救苦為務,此為苦矣,寧不知耶,如是告時,心心無輟,至第五夜半忽有涼風觸身,冷快如沐寒水,遂得目明,馬亦能起,體既蘇息,得少睡眠,即於睡中夢一大神長數丈,執戟麾曰:「何不強行而更臥也?」法師驚寤,進發行可十里,馬忽異路,制之不回。 經數里,忽見青草數畝,下馬恣食。 去草十步欲回轉,又到一池水,甘澄鏡澈,即而就飲,身命重全,人馬俱得蘇息。 計此應非舊水草,固是菩薩慈悲為生,其至誠通神皆此類也。 即就草池一日停息,後日盛水取草進發,更經兩日方出流沙到伊吾矣,此等危難百千不能備序。 詳見〈〉、《》。 《中阿含經》(大正藏編號二六)卷三十〈降魔經〉第十五• 《西游记》. 北京市: 人民文学出版社. 1980年. 余國藩:《余國藩西遊記論集》,頁206。 余國藩:《余國藩西遊記論集》,頁210-211。 《西游证道书》首发其端,《西游真诠》大张其说,后出之评本均依从之,都是将《西游记》附会为隐喻道家的修炼之道的书,其目的就是借这部为人爱读的通俗小说,传布其教,招徕信徒,挽救道教日益衰落的历史命运。 柳存仁:《全真教和小说西游记》,《和风堂文集》下• 余國藩:《余國藩西遊記論集》,頁207-208。 李安綱:《苦海与极乐》• 陈洪:〈论《西游记》与全真教之〉• 當年過函關,化胡為佛,甚是虧他。 」……如來不敢違悖,即合掌謝道:「老僧承大天尊宣命來此,有何法力?還是天尊與眾神洪福。 鲁迅:《中国小说史略》• 至此,明世宗已与玉帝、车迟国王、比丘国王难分彼此,融为一体了。 明世宗信道的本质,包括《明史记事本末》在内的有关明代历史著述,多言之暗昧,只说他求神仙,希延年益寿等。 读者往往误以为明世宗不理朝政,是为了专意清修而清心寡欲。 孰知恰恰相反,不但不清心寡欲,反而是借方士献的房中秘方多迩女色,无节制的纵欲。 所谓延年益寿仅是壮阳的代名词。 浦安迪 Andrew. Plaks. 第一章:文人小説的歷史背景. 明代小说四大奇书. 中国和平出版社. 1993. 林祥征. 錢鍾書先生論《詩經》《楚辭》. 2013-11: 35.

次の

幻想魔伝 最遊記

西遊 記 tvk

Hello! The new TVB membership - TVB member ID has been launched on tvb. com, users can login with this new TVB member ID to access to more TVB online services such as tvb. com forum, Think Big member zone and big big channel etc. The old tvb. com forum has been removed. You can or the TVB member ID via tvb. com. Do not remind me again OK• 6:00AM• 7:00AM 華麗菜市場 III[粵] 及 環看東.西[粵]• 8:00AM• 8:30AM• 9:00AM 智富360[粵] 及 開市速報[粵]• 9:30AM 智富360[粵]• 10:05AM 交易現場[粵] 及 瞬間看地球[粵]• 10:20AM 智富360[粵]• 10:35AM 投資Z世代[粵]• 10:40AM 智富360[粵]• 10:55AM 股海通勝[粵]• 11:05AM 異動狙擊[粵]• 11:15AM 匯市焦點[粵]• 11:30AM 智富360[粵]• 12:00PM 午間新聞 及 港樓. 12:30PM 這麼遠,那麼近 及 午間新聞 及 世界觀• 1:00PM 新聞報道 及 時事通識 及 一分鐘財經• 1:30PM 新聞報道 及 各有國安法• 2:00PM 新聞報道 及 時事多面睇 及 新聞檔案• 2:30PM 新聞報道 及 世界觀 及 港樓. 3:00PM 新聞報道 及 深港滬快訊 及 環球新聞檔案• 3:30PM 這麼遠,那麼近 及 新聞報道• 4:00PM 新聞報道 及 世界觀 及 睇新聞. 講英文• 4:30PM 新聞報道• 5:00PM 新聞報道 及 新聞檔案• 5:30PM 新聞報道 及 睇新聞. 講英文 及 各有國安法• 12:00PM CGTN環球瞭望[英] CGTN Global Watch[Eng]• 1:00PM 金融行情[英] Market Update[Eng]• 1:30PM 交易直播室[普] Inside Market[Man]• 2:30PM 樓市專家[普] Property Experts[Man]• 2:55PM 金融行情[英] Market Update[Eng]• 3:55PM 交易直播室[普] Inside Market[Man]• 4:00PM 金融行情[英] Market Update[Eng]• 4:50PM 普通話財經消息[普] Putonghua Financial Report[Man]• 5:00PM 開心娜娜和月亮寶寶[英] Moon and Me[Eng]• 5:30PM 小腳板球隊[英] Footy Pups[Eng]• 12:00PM 早市戰報[粵]• 12:15PM• 12:45PM 午市進擊[粵]• 1:00PM 開市速報[粵] 及 智富360[粵]• 1:35PM 交易現場[粵] 及 瞬間看地球[粵] 及 環看東.西[粵]• 1:45PM 智富360[粵]• 2:10PM 匯市焦點[粵]• 2:30PM 智富360[粵]• 3:15PM 交易現場[粵] 及 瞬間看地球[粵]• 3:20PM 樓市速遞[粵]• 3:35PM 異動狙擊[粵]• 3:45PM 智富360[粵]• 4:00PM 收市大檢閱[粵]• 5:00PM 華麗菜市場 III[粵] 及 環看東.西[粵]• 6:00PM 新聞報道 及 時事通識 及 一分鐘財經• 6:30PM 這麼遠,那麼近 及 新聞報道• 7:00PM 新聞報道• 7:30PM 無綫7:30 一小時新聞• 8:00PM 無綫7:30 一小時新聞 及 港樓. 8:30PM 這麼遠,那麼近 及 新聞報道 及 睇新聞. 講英文 及 環球新聞檔案 及 國安立法知多啲• 9:00PM 新聞報道 及 新聞檔案 及 各有國安法• 9:30PM 時事多面睇 及 新聞報道 及 睇新聞. 講英文 及 國安立法知多啲• 10:00PM 新聞報道 及 時事通識• 10:30PM 新聞報道 及 財經多國度 及 國安立法知多啲• 11:00PM 晚間新聞 及 財經熱話 及 港樓. 講樓 及 睇新聞. 講英文• 11:30PM 這麼遠,那麼近 及 晚間新聞 及 時事通識• 6:00PM 搞鬼孖寶[英] The Strange Chores[Eng]• 6:30PM 青蔥小時候[英] The Long Long Holiday[Eng]• 7:00PM 手語新聞報道[粵] News Report with Sign Language[Can]• 7:25PM 話說當年[英] 及 瞬間看地球[英] Today in History[Eng] and Earth Live[Eng]• 7:30PM 七點半新聞報道[英] NEWS AT SEVEN-THIRTY[Eng]• 7:55PM 天氣報告[英] 及 財經消息[英] 及 國安立法知多啲[粵] WEATHER REPORT[Eng] and FINANCIAL REPORT[Eng] and Closer Look at the National Security Law[Can]• 8:00PM• 8:30PM• 9:20PM 超級無敵羊咩咩[英] Shaun the Sheep[Eng]• 9:30PM 周末大電影:愛在聖誕[英] Weekend Blockbuster:Every Christmas Has a Story[Eng]• 11:10PM 晚間新聞[英] NEWS ROUNDUP PEARL [Eng]• 11:30PM 財經消息[英] Financial Bulletin[Eng]• 11:35PM 瞬間看地球[英] 及 話說當年[英] Earth Live[Eng] and Today in History[Eng]• 11:40PM 賽馬預測[英][馬會] Racing To Win[Eng][HKJC]• 12:00AM 深宵新聞報道 及 新聞檔案• 12:30AM 無綫財經快訊 及 深宵新聞報道• 1:00AM 深宵新聞報道 及 時事多面睇 及 睇新聞. 講英文• 1:30AM 無綫財經快訊 及 深宵新聞報道• 2:00AM 深宵新聞報道• 2:30AM 無綫財經快訊 及 深宵新聞報道 及 中華掠影• 3:00AM 深宵新聞報道• 3:30AM 無綫財經快訊 及 深宵新聞報道• 4:00AM 深宵新聞報道 及 中華掠影• 4:30AM 無綫財經快訊 及 深宵新聞報道• 5:00AM 深宵新聞報道 及 時事多面睇• 5:30AM 無綫財經快訊 及 深宵新聞報道 及 這麼遠,那麼近• 12:00AM• 12:30AM 無綫財經快訊[粵]• 12:35AM• 1:05AM 四十年四十個第一[粵]• 1:30AM 無綫財經快訊[粵]• 1:35AM 十點無綫財經[粵]• 2:30AM 無綫財經快訊[粵]• 3:00AM• 3:30AM 無綫財經快訊[粵]• 4:30AM 無綫財經快訊[粵]• 4:35AM 十點無綫財經[粵]• 5:30AM 無綫財經快訊[粵]• 5:35AM 四十年四十個第一[粵].

次の