無限 ホンダ。 無限、新型フィット用パーツを発表!「Dash」と「Skip」の2タイプをラインナップ。

【ホンダ フィット 新型】無限エアロパーツは「Dash」と「Skip」の2タイプ

無限 ホンダ

ホンダと無限の関係は深いもののじつは資本関係は一切ない M-TECの前身である、株式会社無限は、ホンダ直系のワークスチームではない。 ホンダの創業者、本田宗一郎さんは、自社に親族を入社させないと決めていたのは有名な話。 そこで本田宗一郎さんの長男、本田博俊さんは、海外留学などの経験からそれまで日本になかったレース専用エンジンの開発・製作・販売を行う会社の設立を決意する。 そうして、埼玉県朝霞市に1973年3月、株式会社無限を創設。 創設メンバーには、ホンダの第一期F1の主要メンバーで、のちに本田技研の4代目社長になる川本信彦さんも、ホンダの社員の身分のまま加わっていた。 これは、川本さんが「レーシングエンジンの開発ができないのなら、ホンダを辞めてイギリスのコスワース社に転職したい」と辞表を提出したためだ。 川本さん以外にも定時までは本田技術研究所・和光研究所で仕事をし、アフターファイブ(?)に自主的に無限に通って、レーシングエンジン開発に携わった若き技術者は少なくない。 第2期ホンダF1のエンジン設計者として有名な市田勝巳さんもその一人だった。 その無限の最初の製品は、シビックのエンジンがベースのFJ1300用のMF318エンジン。 このエンジンはなんとデビュー戦で優勝する。 以後国内のフォーミュラカー、ツーリングカーレースをはじめ、モトクロス&ロードレースなどの二輪のレース、レーシングカートなどにも参戦。 F1でも4勝を記録するレーシングエンジンコンストラクターとなる。 2004年に無限のほぼすべての業務は、新会社M-TECに譲渡されるが、M-TECが開発したホンダ車用アフターパーツのブランドとして、「無限」の名称は引き継がれている。 創設時から、ホンダ車専用の二輪・四輪の競技用車両およびパーツ、レーシングエンジン、チューニング用のアフターパーツの製造、販売を行っているが、本田技研工業とは資本関係はなく、完全な別会社という立場を守っている。 近年は、自社チーム「TEAM MUGEN」としてスーパーフォーミュラに参戦し、スーパーGTにも、NSX CONCEPT-GT用の2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-414E」を5チーム5台に供給。 ゼッケン100チームクニミツのNSX CONCEPT-GTでは、車両メンテナンスとチームサポート担当している。

次の

【無限】ディーラーでカスタムができる安心感 メーカー直系&ディーラーオリジナルブランドを知るVol.1

無限 ホンダ

創業時から積極的に関わり続けているモータースポーツ活動ほか、4輪&2輪の市販車パーツを幅広く提案。 ボディキットや機能系など、クルマ1台をカスタムできるパーツが揃う。 他社では取り扱いのない、ホンダ車を熟知した存在ならでのパーツも多い。 新車と同時にパーツが発表されるなど、目にする機会の多いハイメジャーブランドだ。 新車ディーラーだけでなく、大型量販店等で定期的にフェアを開催したり、オンラインも一部ありと、間口の広いブランドでもある。 「TEAM MUGEN」でレース活動を展開中 スーパーフォーミュラやスーパーGTへの参戦を続けるなど、レースシーンに欠かせない存在である無限。 現場のDNAも市販パーツに活きる。 【ジェイド・RS】 対象車の性格によるものの、無限パーツは躍動感を強く感じさせるスポーティ路線のパーツが多く、ボディキットはその最たる例といえる。 トレンドを感じさせる高いデザイン性はもちろんだが、LEDイルミの扱い方など、他社では真似できない個性が光る特徴も多々あり。 指すやマフラーといった機能パーツのほかに、オリジナルホイールの開発も以前から積極的に行っている。 【PARTS SPECIFICATION】 【ジェイド・RS】 フロントアンダースポイラー 7万7000円(8万2000円) エアロイルミネーション 3万5000円 サイドスポイラー 5万8000円(6万3000円) リアアンダースポイラー(デュアルサイレンサー同時装着タイプ) 6万7000円(7万2000円) リアアンダースポイラー(標準マフラー装着タイプ)6万7000円(7万2000円) ウイングスポイラー 5万5000円(6万円) ミニバンやSUV、コンパクト、Kカーと、現行ホンダ車のパーツが揃う。 アフターメーカーが扱わないクルマも、無限にはある場合が多い。 mugen-power. 専用チューニングが施されており、特別な装備品も多数。 現在ステップワゴン、S660、フリードの3車種から選べる。 honda. 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

無限って何?ホンダ車のエアロパーツとアフターパーツメーカー「無限」について詳しく解説!

無限 ホンダ

概要 [ ] 前身は 株式会社無限(むげん)。 2003年に株式会社M-TECが設立され、(平成16年)に無限のほぼ全ての業務がM-TECにされた。 現在も株式会社無限は存続しており、『無限』のは株式会社無限が保持している。 そのため、M-TECは株式会社無限と『無限』の使用を締結して『無限』ブランドによる事業を展開し、株式会社無限はM-TECからを得るという関係性にある。 ここでは株式会社無限に関する記述も行う。 沿革 [ ] 無限 [ ]• (48年) の長男であるがのち本田技研工業社長となるらと創設。 ホンダ・のチューニングパーツの開発と販売を行っていた。 からには2輪などでも高い実績を残している。 (4年) 前年までが開発していた用3. 5 L・エンジンの開発を引き継ぐかたちでF1参戦を開始。 供給先は。 (平成6年) エンジン供給先をへ変更。 (平成8年) F1において、無限エンジン MF301HA がのドライブするにより初勝利を挙げる。 (平成12年) ホンダのF1復帰に伴い、へのエンジン供給を最後にF1参戦を終了。 (平成16年)4月1日 株式会社M-TECへ業務を譲渡。 以降は『無限』の商標保持及び管理を業務とし、M-TECと『無限』ブランド独占使用契約を締結。 M-TEC [ ] MUGEN RR• 2003年(平成15年)10月1日 株式会社 M-TEC を設立。 代表は ながおさ しん。 2004年(平成16年)4月1日 株式会社無限から『無限』の商標保持及び管理以外の業務の譲渡を受ける。 同時に株式会社無限と『無限』ブランドの独占使用契約を締結する。 主な業務 [ ] (2003年以前は株式会社無限、2004年以降は株式会社M-TECによるもの) レース用エンジンの開発・製造及び供給• (3,000 cc V8 FN用) -• (2,000 cc 用) - 、 -• C30A改(3,000 cc V6 SUPER GT用)• 現在は二輪・四輪共に行なっている。 (平成6年)、(平成7年)の JTCC に、(平成8年)、(平成9年)にで参戦し、1997年(平成9年)にはシリーズチャンピオンを獲得した。 2輪では、(昭和55年)のアメリカGPの125ccクラスにおいて、のライディングで優勝を飾っている。 また、(昭和51年)から(平成4年)までの16年間、に無限オリジナル・MEシリーズで参戦した。 M-TEC [ ] (平成16年)は、前年のGT500に出走していたNSXに若干の変更(タイヤをからに変更するなど)を加え、GT300クラスに参戦した。 開幕戦から常に上位争いに加わり、シリーズチャンピオンを獲得した(優勝は最終戦の1回)。 シーズン当初は「ちょんまげ」(ルーフの上に設置されるの通称。 メーカーオプション)を封印していたが、同年最終戦以降に使用を再開。 (平成17年)も常に上位の成績を上げ、シーズンランキング2位となる。 無限 CR-Z GT(GT300) 2014 Super GT 第6戦 翌(平成8年)より独自チームでの参戦はいったんなくなったが、(平成24年)に第4戦(スポーツランドSUGO)よりで参戦することが決まり、7月4日にでのと合わせて正式な体制が発表された。 2005年(平成17年)からは、メンテナンスガレージ及び実質レース運営としての100号車を請け負った。 2006年(平成18年)より始まった JLMC へ第2戦より参戦した。 マシンはクラージュ・C70で、エンジンはMF458S 4,500 cc 、タイヤはを使用。 しかし、(平成19年)シーズンをもってJLMCが消滅したため参戦を終了した。 エンジン・マニュファクチャラーとしては、SUPER GT(GT500のNSX及びGT300の)やや等でエンジン供給を行っている。 2008年(平成10年)からは WTCC に参戦するにもエンジン供給を開始した。 (平成22年)よりフォーミュラ・ニッポンへ独自チームでの参戦を開始し、シリーズ名称がに変わった2013年(平成25年)にはドライバーズチャンピオンを獲得した。 (平成24年)には競技用車両の『』 shinden を開発し、この年からのTT-Zero Challengeクラスに出走している。 2012年・はクラス2位、・はクラス優勝した。 2014年(平成26年)から、HRD Sakura からの受託業務としてGT500 NSX のパーツサポート業務を行っている。 これは、同年よりこれまで同業務を受託したが業務縮小に伴い撤退した為と言われている。 (平成29年)より「TEAM MUGEN」としてSUPER GT GT500クラスに復帰する。 F1への挑戦 [ ] (昭和62年)から(昭和63年)にかけて、無限単独でF1用エンジンの製作に入り、やで使用された89D改を使用してのテスト走行を行った。 しかし、これと前後して後述する無限ホンダエンジン計画が動き出したため、結局このときに製作されたV8エンジンは実戦デビューすることはなかった。 無限-ホンダ からジョーダンにエンジンを供給することになり、同年ので、元ワールドチャンピオンのが勝利し、このシーズンでチームはコンストラクターズランキングで4位となった。 翌はが2勝を挙げ、終盤までドライバーズチャンピオン争いに絡む活躍を見せ、コンストラクターズランキングで3位にまで躍進した。 ジョーダンへのエンジン供給はまで続いたが、その年よりホンダがエンジンコンストラクターとして復帰したこと、チーム代表のが、と同等のエンジンをホンダに要求、からの供給が決まったことで、無限のF1活動は2000年限りで終了した。 なお、F1公式サイトでは"MUGEN HONDA"表記となっており、テレビ中継時表記は"HONDA"と記載していた。 これらの一連のF1参戦は、当初「(ホンダF1の)第2期で得た経験を、いつかF1に復帰した際にそのプロジェクトに引き継ぐ」ことを目的としてスタートしたが、実際には第3期の活動は無限とは全く関係のないところでスタートし、無限ホンダに関わっていた人間には(ホンダの人間ですら)全く声がかからなかったという。 背景にはホンダ社内の派閥争いがあったと目されており、実際には2002年頃から無限ホンダの関係者も第3期活動に参加するようになるものの、結果として苦戦を強いられることになった。 神電は、年度毎に漢数字でモデル名が名づけられている。 例:2017年モデル:神電 六 SHINDEN ROKU 2018年モデル:神電 七 SHINDEN NANA 脚注 [ ]• 『Racing On 2009年4月号』三栄書房、2009年、P. 40-P45。 JANコード 4910096810499。 31 Jordan 199』(、2020年4月)pp. 34 - 39 関連項目 [ ]• (創業者同士は親子ではあるが株式会社無限、株式会社M-TECともに資本関係はなく、契約上のパートナーという形を取っている)• (2006年から2008年までフォーミュラ・ニッポン用エンジンを共同開発した)• 外部リンク [ ]•

次の