虫除け スプレー 使用 期限。 有効期限・使用期限について教えてください。

ハッカ油虫除けスプレーの作り方と使い方 効果を1週間試してみた!

虫除け スプレー 使用 期限

オーガニック虫よけスプレーは天然由来のため、開けたものは、早く使い切るのが基本です。 ところが、 メーカーさんによって開封した後の使用期限が違います。 メーカーさんごとの使用期限を表でまとめていますので、ご確認ください。 【!!!注意!!!】 お子さんに使う場合や、もともと肌が弱い自覚のある方は、成分が変質していることを考えて、新しく買い直すことをおすすめします。 どうしてもという場合はテストして安全を確かめたり別の方法で使い切ったりすることもできます。 オーガニック虫よけスプレーの期限(表) ペット用、てづくりの期限ものせています。 使わないことをおすすめします。 一度開封しているのであれば、劣化しているのは確実です。 特にオーガニックは安全性の高さが一番のポイントです。 すなわち、開けた後では変質が早いです。 問題のある化学物質を配合しないために期限が短いです。 あなたのお子さん、またはあなたの肌が荒れやすい理由で、オーガニックの虫よけスプレーを使っているのだと思います。 安全性の損なわれたオーガニックの虫よけスプレーを使って何か起きては意味がありません。 ですから、期限切れは使わないことをおすすめします。 特に夏は暑い日が続き免役が落ちやすい季節です。 なにが反応するか分かりません。 もったいない、どうしてもという場合はテストして平気かどうか確かめることで安全に使えます。 もしくは、 肌につけない方法(服や帽子など)で使い切ります。 特にオーガニックの虫よけスプレーは、植物成分に頼っていますので、開けた後は時間が経つにつれて劣化していきます。 安全とひきかえに、持ちは短いです。 期限切れしたスプレーの使い道とは? 「どうしても使いたい!まだたくさん余っててもったいない!」 肌につけない方法で使うことをおすすめします。 服、靴、帽子、ベビーカーなど、あなたが身につけたものや、蚊をよせつけたくないものにスプレーする方法です。 【!!!注意!!!】 多くスプレーしないでください。 ふきつけたところの色がおかしくなったり、シミとして残ったりする場合があります。 また、虫よけスプレーとしてではなく、香りを利用する方法もあります。 ハーブと同じ使い方です。 例えば、 臭いが気になる場所(トイレ、ごみ箱など)にふきかけます。 香水に似ています。 ちなみに、 法律では品質が3年もたない化粧品は、使用期限を書いておくように決められています。 オーガニック虫よけスプレーも当てはまっています。 【要注意】意味がない間違った使い方! 「オーガニックの虫よけスプレー使ったけど効果なかったよ?」 といった場合、 間違った使い方をしているかもしれません。 スプレーするだけでなく、 ついた液体を日焼け止めを塗るように伸ばしながらつけます。 塗れていない部分ができますと、蚊が攻撃してきます。 オーガニックは、1日に何回使っても大丈夫(小さなお子さんには使う回数が決められたディートがないため)ですので、 あるタイミングごとにスプレーします。 ?あるタイミングとは?具体的に。 汗をかいたり、ふいたりしますと成分がとれて効果が消えます。 また香りが弱まった、消えたと感じましたらスプレーするタイミングです。 香りを常にまとっている状態を作っておきます。 ハーブの「香り」があなたやお子さんを虫から守ってくれます。 ですので、香りが消えると効果もうすれます。 その日の温度・湿度などでつけ直す回数は増えたり減ったりします。 一番使うのは夏ですから、思ったよりも多くつけ直す必要があると考えた方がいいかもしれません。 すなわち、オーガニックの虫よけスプレーは持続時間が長くありません。 それが安全である証拠ともいえます。 安全であるために、持ちは短いです。 防腐剤が少なめだったり、植物由来だったりして、周りの影響(酸素、太陽、温度)による変化を受けやすいからです。 開封した後は、長く設定されたものでも18か月(1年と半年)です。 (去年のものを使おうとしたら、一番使う季節8月にはもう期限切れしています)。 具体的な期限はメーカーさんによって違います。 しかし、どこも共通するのは開けたら早く使い切ることです。 やはり時間が経ったものは使わないほうがいい立場です。 気温変化の激しいところ(暑すぎる・寒すぎる)や、日の当たるところにずっと放置していた場合は、変質している恐れがあります。 「どうしても使う!」場合はまず テストしてみたり、肌につけない方法で使い切る方法をおすすめします。

次の

ハッカ油スプレーの作り方と万能すぎる効果!保存方法もチェック♪

虫除け スプレー 使用 期限

このページの目次• アロマで虫よけできる理由 アロマテラピーと言うと、マッサージや香りを嗅ぐことでのリラックス効果を思い浮かべることが多いと思います。 でも、その アロマでどうして虫よけができるの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 まずは、アロマテラピーって何?ということや虫除け効果の理由を確認しておきましょう。 この文字をご覧いただくとわかるように、アロマで使う精油(エッセンシャルオイル)には、薬理効果が期待できると言われています。 植物が持つ自然のパワーで、私たちを心身ともにサポートする働きがあると言われているんですよ。 精油とは植物の花や葉、茎、根などから抽出された香り成分です。 精油が持つ有益な効果5つ では精油が持つ主な効果をチェックしてみましょう。 こちらでは心身に対して有益に働く5つの効果を紹介します。 精油はこちらで紹介しきれないほどたくさんの効果を持っているんですよ! 精油の効果• 鎮静・鎮痛作用・・・神経系を鎮静し、心身をリラックスさせる効果• ホルモン調節作用・・・ホルモンの分泌を調節する効果。 収れん・保湿作用・・・お肌を引き締めたり、保湿する効果。 殺菌・抗菌作用• 殺虫・虫除け作用 アロマに虫よけ作用があることはご存知でしたか? リラックスしながら虫よけできるなんて、一石二鳥ですね! 虫除けアロマスプレーの基本材料 では早速、材料の紹介をします。 今回は 虫除けスプレー50mlのレシピとなります。 精油の香りは好みが分かれますので、紹介した精油全てを使わなくてもOKです。 特に初めて作る場合は、もっと薄くても構いません。 今回は50ml作りますので身体用と考えて10滴以下としています。 虫よけ効果のある精油• シトロネラ…市販の虫除けスプレーにも多く使用されています。 爽やかな香りです。 レモンユーカリ…こちらも虫除け効果が高いと言われています。 すっきりとしたレモンに似たシトラス系の香りです。 レモングラス…ハーブティーなどでも愛飲されています。 こちらも葉っぱっぽいシトラス系の香りです。 ゼラニウム…フローラル系と表現されることが多いですが、嗅ぐ人によっては葉の青臭さを感じることも。 メーカーによっては華やかなフローラルの香りです。 無水エタノール 薬局などで購入できる 無水エタノール5mlを用意します。 なければ消毒用エタノールや、アルコール濃度の高いウォッカでも代用可能です。 精油は水に溶けませんが、アルコールや植物油などの油には溶ける性質を持っています。 そのため、まずエタノールで精油を溶かしてから水と混ぜ合わせます。 精製水 精製水やペットボトルの水を45ml使用します。 もしご自分が水道水でも構わないと思えるのであれば水道水でもOKです。 ただ、浄水器を通した水は塩素分が抜けており品質が維持できないといわれているので避けましょう。 スプレーボトル容器 出来上がった スプレーを入れる容器50ml用を用意しましょう。 日光による精油の劣化を防ぐために、本来なら容器はガラス製の遮光瓶がおすすめですが、100均などで購入できるプラスチック製のボトルでも大丈夫です。 計量カップなどの計り 水やエタノールを計る 計量カップがあればベストですが、なくても大丈夫です。 エタノールの5mmlは小さじ1で計ることも可能ですし、水はボトルの肩口より少し上まで入れればOKです。 水分量も正確に計りたい方は計量カップを準備しましょう。 虫よけアロマスプレーの作り方 手作りと聴くと難しいイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単に作ることができます。 ただし、小さなお子さんと一緒に作業する場合は、精油を入れる工程は保護者の方が行うようにしてください。 また、今回は準備する道具や洗い物を極力減らすために、ビーカーやガラス棒を使いません。 今回紹介する方法は 道具が必要なく、手軽に作ることができるのでおすすめです! 1. スプレーボトルにエタノールを入れる 今回は出来上がりを保存するスプレーボトルで直接作っていきます。 その為、まずスプレーボトルの蓋を開け、エタノールを5ml入れます。 計量カップも小さじもないと言う場合は、ボトルの底から5mm程度を目安に入れてください。 お好みの精油を10滴以下入れる エタノールを入れたボトルにお好みの精油を10滴以下落とします。 注意点は、精油のボトルを振らないことです。 斜めに傾けるとゆっくり1滴ずつ落ちてきます。 たいていの精油の瓶は1滴0. 05mlとなっていますが、精油瓶を振ってしまうと正確な量になりません。 精油の原液がプラスチックに直接触れると、容器を溶かしてしまうこともあります。 なので、 ボトルの側面につかないように、エタノールに精油を落とす気持ちで入れましょう。 スプレーボトルは傾けず真っすぐしていれば大丈夫です。 この工程は大人の方が行いましょう。 スプレーボトルを左右に振って混ぜる エタノールに精油を溶かすために、ここで一度スプレーボトルを左右に振って混ぜておきましょう。 中身がこぼれないように注意してください。 精製水をボトルの半分まで入れる エタノールと精油が混ざれば、そこに精製水を加えていきます。 なぜ半分だけにするかと言うと、一旦半分の状態で蓋をして振り混ぜる方が、ボトルの空き容量がある為よく混ざるからです。 なので半分は適当な目分量で大丈夫です。 また、半分で止めるのを忘れて肩口まで入れてしまっても問題ありません。 半分まで精製水を入れたら一旦蓋をして、 スプレーボトルをシェイクするように振ってよく混ぜましょう。 ボトルの肩口まで水を入れて振り混ぜれば出来上がり! 友人へのお土産にアロマスプレーを作っていきました。 以前、家でスプレーづくりをしてもらった際のみんなの好みを参考に作ったら、おもしろい組みあわせに。 精油を10滴入れている場合、肩口より少ない水量だと精油の濃度が高くなってしまうのできちんと入れてくださいね。 後は蓋をしてしっかりシェイクすれば出来上がりです! シールやマスキングテープに、使った材料と分量、作った日付を記入しておくと後々便利ですよ。 手作りアロマスプレーを作る際の3つの注意点 ご紹介した通り、手作りアロマスプレーは簡単に作ることができます。 材料さえ揃っていて慣れれば製作時間は1~2分程度です。 ただ、精油を使用する場合、守ってほしい注意点があるのでこちらで紹介しますね。 精油を扱う場合の注意点! 精油を使用する場合の注意点は、以下の通りです。 原液に触れないようにする• 妊婦さんに合わないものもあるため、確認する• 3歳未満のお子さんには使用しない• 15歳未満のお子さんには濃度が低めのものを使用する• そのため、 原液を肌につけることはできません。 お子さんに使用する場合は、ベビーカーにスプレーするなどして 直接触れないように注意しましょう。 使用期限は約2週間! 手作りアロマスプレーの使用期限は約2週間程度だと言われています。 私の経験上、精油を使わない他の手作りスプレーや化粧品に比べると、精油を使ったハンドメイド品は、精油の殺菌作用の効果で傷みにくいことは実感しています。 しかし、精油は日の光や酸素で劣化します。 特に虫除けスプレーなどの場合、遮光瓶を使わずに透明のプラスチックボトルを使用することも多いですし、お肌につけるものです。 何より水を使っているのでできる限り早く使い切るようにしましょう。 ちなみに水を使わないアロマ虫除けクリームなどの使用期限は、約4週間程度だと言われています。 手作りアロマスプレーを販売してもいいの? 近年は手作り市なども盛んになってきており、精油を使った虫よけスプレーや化粧水などを販売する人も増えてきました。 しかし、これらは化粧品法や薬事法の関係で、 効果を謳って販売することはできません。 お友達に頼まれた場合など、材料費をもらって代わりに作ることは可能ですが、その際は使用にあたっての注意点や使用期限などをしっかり伝えましょう。 また、手作り市などにどうしても出店したいと言う場合は、材料を準備してその場で作っていただく「手作り体験」形式にすると良いでしょう。 手作りアロマスプレーの虫除け効果の口コミは? 手作りアロマスプレーを使用している人たちの口コミを見てみましょう!• 天然成分なので安心して使うことができる• 市販の虫除けスプレーに使われているディートなどの危険な成分が入っていないので嬉しい• 本当に虫が除けて行ったのでびっくり• 香りにも癒される やはり、虫除け効果は科学成分にはかなわない面もありそうですが、安心して使えるという点や香りによる癒し効果が得られるので人気が高いようですね。 さいごに 自分で作れる虫除けの手作りアロマスプレーを紹介しました。 山林や川などの虫が多い場所に行く場合は市販のものを選んだ方がよさそうですが、日常使いなら手作りアロマスプレーもおすすめです。 この夏は手作りアロマスプレーに是非チャレンジしてみてください!.

次の

ハッカ油で作る虫除けスプレーの作り方と使い方【網戸にかけて良し】

虫除け スプレー 使用 期限

リンク これ以外にあった方が良いもの 材料を計量するための容器(例えば、ビーカーやスポイト、シリンジなど)などがあると便利です。 私の場合は20mlのシリンダを使ってます! 虫除けスプレーの作り方 1 無水エタノール10ml に ハッカ油を20滴~40滴をたらして良く混ぜる。 ・無水エタノールはハッカ油を水に溶けやすくするためのものです。 ハッカ油と無水エタノールとを必ず先に混ぜ合わせてください。 ( なお、下の写真の容器は、「ポタポタポタポタッ…」っとハッカ油が勢いよく垂れるので、何滴たらしたか分からなくなる場合があります! ハッカ油を垂らす際には注意してください) ・また、私は無水エタノールの代わりに 消毒用エタノールを代用しましたが、 問題なくハッカ油と混ざりました! (無水エタノールと消毒用エタノールとの違いは、エタノールの濃度らしいです。 ・なお、 作った直後は白く濁っていますが、しばらくすると下の写真のように透明になります。 容器の材質について ハッカ油はポリスチレン PS を溶かしてしまいますので、これ以外の材質の容器を選びましょう。 具体的には、以下の材質の容器であれば問題ありません。 ・ゴキブリ ・蚊 ・ブユ(ハエ目ブユ科) ・コバエ ・ダニ ・アリ 虫除けスプレーの使い方・効果・持続時間 ・顔以外の全身に使えました! 確かに低刺激でした! 私は腕だけ直接肌に吹きかけ、他の部分は服の上から吹きかけましたが、肌荒れはありませんでした!(顔には吹きかけていません) ・使用感としては、肌に吹きかけたところは スーっと涼しく感じて気持ち良いです! 使うと爽やかなハッカの匂いがするのもGoodです。 ・虫除けスプレーを使った直後は、目に見えて虫が寄ってきません! ハイキングに行ったときに使用しましたが、虫除け効果を実感できました! 山であれほどしつこく追って来てた ブユや アブなどが、寄ってこなくなりました! 但し、1時間もすると匂いがしなくなってきて、効果も薄くなってきます。 おそらく、ハッカ油が時間とともに揮発していって、虫除け効果が減ってきたのだと考えられます。 なお、 汗をかいて虫除けスプレーが流れしまう場合は、虫除けスプレーの持続時間がさらに短くなると考えられます。 使用する際は、ハッカの匂いがなくなる前に、こまめに虫除けスプレーを吹きかけるのが良いと思われます。 ・ハッカ油スプレーを数日置いておくと、ハッカ油が分離してきます! ハッカ油が分離している場合は、使用する前に良く振ってから使用しましょう! 屋外以外(屋内)での虫除けスプレーの使い方 1 カーペットや畳 カーペットや畳に、ハッカ油スプレーをシュっと吹きかけておくことで、 ダニが増えるのを防いでくれます! 2 キッチン周りやゴミ袋の中 キッチン周りやゴミ袋の中に、ハッカ油スプレーをシュっと吹きかけておくことで、 ゴキブリやコバエが寄ってくるのを抑えてくれます! 3 窓周辺やカーテン、網戸 窓周辺や網戸にスプレーしておけば、 蚊やコバエが部屋の中に侵入してくるのを防いでくれます! 網戸の材質がポリスチレン PS の場合、ハッカ油スプレーによって網戸が溶けるおそれがあるため、網戸の材質は要確認してください! 4 靴の中や靴下 靴の中や靴下にスプレーすることで、 抗菌効果や 消臭効果も期待できます! なお、ハッカ油の匂いがカーテンなどに染み付くことを心配されるかもしれませんが、ハッカ油は時間の経過とともに揮発していき、匂いもしなくなります。 屋内で使用する際の注意点 とても有用なハッカ油ですが、ペットを飼っている場合は注意してください! 特に、 猫や フェレット、小鳥などを飼っている場合は、ハッカ油を使用しない方が良いと思われます。 完全な肉食動物である猫(ネコ科の動物)等は、植物性のエッセンシャルオイル(精油)を遺伝的に上手く代謝・分解できません。 そのため、中毒症状を起こすことがあります。 これ以外のペットを飼っている方も、ハッカ油のようなエッセンシャルオイル(精油)を使用する際には、自分のペットにとって危険性がないかどうかを確認してから使用ください! ハッカ油 虫除けスプレーの保存期限(使用期限) 保存期間(使用期限)は、作ってから約1週間から10日くらいだと思います。 それ以上になると、 ハッカ油の匂いが薄くなってきますし、少し臭ってきます(菌が繁殖していたのでしょうか…)。 上述したようにハッカ油の匂いが薄くなると、虫除け効果が無くなってくるので作って1週間くらいまでに使い切ってしまうのが良いと思われます。 最後に 簡単に作れるハッカ油の虫除けスプレーですが、屋外での虫除け以外にも、かなり万能に使えます! 今は、ハイキングとかに外出する前に作ったり、網戸とかに毎日かけたりしてます。

次の