ポリエステル アレルギー。 注目!寝具の素材の重要性

ラテックスアレルギーの症状・原因・検査・治療 [アレルギー] All About

ポリエステル アレルギー

分類 [ ]• 一次刺激性接触皮膚炎 ICD, Irritant Contact Dermatitis 原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発する。 原因物質の毒性の強さによって、症状の強さが決まる。 アレルギーは無関係なので、誰でも起こり得る。 アレルギー性接触皮膚炎 ACD, Allergic Contact Dermatitis の原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作される。 次に、またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発する。 原因物質の毒性の強さと症状の強さは相関しない。 症状 [ ] 掻痒を伴う発疹が、原因物質の接触した部分に出現する。 発疹の特徴として、最も典型的なの経過をたどる皮膚炎である。 水疱・紅斑・丘疹など。 重症例ではを伴うこともある。 歯科材料への金属アレルギーの場合、詰め物により慢性的な口内炎を起こすことがある。 などで密閉された体の一部分にが原因で発疹することがある。 接触皮膚炎症候群では、原因物質の接触した以外の部分にも湿疹が広がることで、掻いて広がる場合をいう。 さらにこれが全身に広がることがあり、 と呼ばれる。 原因 [ ] 一次刺激性接触皮膚炎 ICD は、・・など刺激の強い物質で起こる。 は、尿や便がによって分解されできるによる刺激で生じる。 アレルギー性接触皮膚炎 ACD は、化粧品・外用剤などの原因となる物質が皮膚に接触させることで、アレルギー反応が生じ発症する。 の原因物質で有名なものは、プリミン(サクラソウに含まれる)・ウルシオール(に含まれる)・パラフェニレンジアミン(ジアミン、に含まれる)がある。 ほかには以下が一般的。 植物では、・・・。 も一般的。 歯科材料のなどが溶けだすことによる歯肉の炎症も含む。 診断・検査 [ ] 一次刺激性接触皮膚炎 ICD では、アレルギーとは無関係なため、特に検査を行うことはしない。 アレルギー性接触皮膚炎 ACD では、確実な診断は貼布試験(パッチテスト)である。 疑わしい物質を皮膚に貼付し、48時間後に皮膚の反応を見るという検査である。 IV型アレルギーの代表的な検査法であり、陽性反応は、紅斑・浮腫・小水疱などの湿疹が貼付した部分にできる。 (あくまでIV型アレルギーなので好酸球やIgEは関与しない。 )金属アレルギーの場合は1週間たって陽性反応が出ることもあるため、診断に時間がかかる。 治療 [ ] まず原因物質の被曝を防ぐ。 汗による場合は通気性の良いを着用し、体を締め付けない様にし、は強く締めすぎず、はショートストッキングを使用する。 一般的に、やカルシニューリン阻害剤といった抗炎症薬と、を塗ることですぐ治っていく。 全米皮膚炎学会の推奨では、を避けるため2-4週間以上は使用すべきではない。 重症では数か月かかることもある。 発疹の症状が強い場合や自家感作皮膚炎の場合は、ステロイドの内服、注射等、全身投与が必要になることがある。 痒みに対しては、抗アレルギー薬、を使用する。 トピックス [ ] 日常生活では、、、、やに使われる薬剤が原因で、や頭皮に接触皮膚炎が起こることが多い。 特に、代中盤以降に、染髪が一般化してからは顕著である。 また、生まれつきや自然な髪色の変化で髪が黒くない人が、の頭髪チェックで「髪が黒くない」とみなされ、不当な理由で学校から黒染めされ、生徒が接触皮膚炎になったという問題も起きている。 2005年開催ので、アフリカ共同館を中心にを利用した(ボディペインティング)が行なわれた際に、それに含まれる(ジアミン)によるかぶれが多発し、問題になったことがある。 出典 [ ]• ; Rustemeyer, Thomas; Thyssen, Jacob P. 2018. F1000Research 7: 810. Hajar T, Leshem YA, Hanifin JM, et al. March 2015. Acad. Dermatol. 3 : 541—549.

次の

ラグを敷いたらアレルギーを発症?考えられる3つの原因と対策方法

ポリエステル アレルギー

概要 [ ] ポリエステルの合成方法は、ポリアルコール(アルコール性の官能基 -OH を複数有する)と、多価カルボン酸(カルボン酸官能基 -COOH を複数有する化合物)を脱水縮合させて作ることを基本とする。 この場合、ポリアルコールと多価カルボン酸が交互に配列した形で重合する。 したがって、ポリアルコールと多価カルボン酸の組み合わせを選択することによって、様々なポリエステルを合成することが可能である。 他のポリエステルの合成の手法として、多価カルボン酸のエステル(たとえばメチルエステル)を使用して、も利用される。 なお、数々のポリエステルの中で、最も多く生産されている物はとから製造される、 PET である。 なお、PETの(SPIコード)は1である。 分類 [ ] ポリエステル樹脂の用途によって、分類名が変化してきた。 主なものは次である。 繊維やなどに使われる、テレフタル酸とエチレングリコールを主成分とするもの(poly-ethylene-terephthalate 略して PET ペット)。 繊維では(アメリカ・の商標)、テトロン(との共同商標)などの商品名のままで呼ばれることも多い。 ボタンなどの成形品、ガラス繊維などで強化して、船舶・ボートなどに使われるもの。 ポリエステルに不飽和基を含ませ、スチレンなどのをもったモノマーと成形時に共重合させる。 不飽和ポリエステルと言う。 アルキド樹脂 油脂や他の樹脂(たとえばエポキシ樹脂)をも反応に加えて、変性(性質を調整)したポリエステル樹脂。 成分 [ ] ジカルボン酸成分 [ ]• TPA• NDC ジオール成分 [ ]• PDO• CHDM ポリエチレンテレフタレート [ ] 略史 [ ] 1941年に、のキャリコプリンターズが『テリレン』として発表され、1953年にのがを取得し工業化した。 石油由来の物質である。 日本では、1958年から生産が開始された。 なお、このようにヒトによって合成された物質であるのにもかかわらず、微生物の中にはポリエチレンテレフタレートを分解する酵素であるを発現している種類がいることが発見された。 用途 [ ] 繊維・・容器など広く使用され、経済性に優れた樹脂である。 飲料容器としてが広く利用されている。 繊維として耐熱性、強度に優れ、また染色性や蒸散性にも優れている為、現在生産される衣料用繊維(天然繊維を含む)の半数近くがPETである。 また溶融糸法紡績する際に糸の形状に変化を与えたり、抗菌素材を練りこんだりすることにより、種々の特性を持った合成繊維とすることが可能である。 ポリトリメチレンテレフタレート [ ] ポリトリメチレンテレフタレート( polytrimethyleneterephtalate)の略号は PTTである。 またはとから製造される。

次の

「ポリエステルアレルギー」に関するQ&A

ポリエステル アレルギー

石油を原料に製造された化学繊維には、人体へのリスクがあるということを ではご紹介させて頂きました。 では、化学繊維の衣類を着用することによって、いったいどの様な肌トラブルが起きてしまうのでしょうか?今回は、その危険性に付いてご紹介させて頂きたいと思います。 化学繊維は、丈夫ですしコストも安く、弾力性や防水性等の多様な特色を生かす事が出来るというメリットがあります。 しかし、その一方で様々なリスクが起こっているのです。 化学繊維アレルギーのリスク 化学繊維によって引き起こされる有名な症状は『 化学繊維アレルギー』です。 化学繊維アレルギーとは『化繊アレルギー』とも言われ、衣類や寝具等に使用される化学繊維に反応する接触アレルギーの事をいいます。 ですので、ポリエステルやアクリル、ナイロン等の合成繊維が品質表示に記載されている物を肌に付けるとアレルギー反応を起こし、肌や人体に異常が生じてしまうのです。 この他にもアセテートなどの半合成繊維、レーヨンなどの再生繊維やガラス質の無機繊維等、自動車や生活用品を触れることによってその反応が生じてしまう人もいます。 しかし、衣服は常に肌と触れあることから、よりアレルギー反応が生じやすいという危険性があるのです。 天然素材では異常が生じず、化学繊維に触れた時に皮膚が赤くなってしまったり、痒みやかぶれ、湿疹の症状が現れる方は直ちに天然繊維の衣類に換えましょ う。 天然素材に付いては「 」の記事をご覧ください。 また、天然素材にも安全なものと危険なものがあることを でご紹介させて頂いております。 肌の丈夫な人も要注意!! 『化学繊維アレルギー』と診断されず、肌も丈夫な方でも化学繊維によって、同じような症状が出てしまう事があります。 化学繊維は天然繊維よりも丈夫というメリットがありますが、その性質上肌と触れることにより、その摩擦によって肌が荒れてしまうという事が多く報告されているのです。 また、汗の吸収性も悪い為に汗疹にもなりやすく、この二つが合わさることでアトピーでない方でも肌が荒れてしまうことが多々あります。 ですので、体のデリケートゾーンや赤ちゃんや幼児といった肌が薄く敏感な人には着用は向きません。 さらには、乾燥時期にはさらに肌を乾燥させ、静電気によってさらに痒みが発症されてしまいます。 化学繊維の場合、衣類と衣類の摩擦が生じて静電気が発生し、その静電気が人間の身体に蓄電していきます。 女性の方が男性より静電気を感じるケースが多いと言われていますが、これはストッキングなどポリエステルやナイロンの合成繊維製品を身につけることが多いからと言われています。 環境ホルモンのリスク そして、長期で見た際の化学繊維の危険性としてあげられるものが、 環境ホルモンによる人体への影響です。 まず、環境ホルモンについて説明しましょう。 環境ホルモンは、私達生物の生体の成長や生殖・行動に関するホルモンの作用を阻害し、子孫まで影響を及ぼす外界からの有害物質のことをいいます。 その影響によってホルモン分泌が乱されてしまうと、自己防衛能力は低下します。 ホルモンの詳細に付いては「 」の記事でご紹介させて頂いております。 体への接触時間が鍵 これまで安全だと思われてきた服や下着に含まれる微量の化学物質も大きく私達の身体へ直接影響してくるのです。 ですので、肌への接触時間が長いものは、微量であってもリスクは非常に高くなってしまうのです。 化学繊維の衣類の他にも、プラスティック用品や即席麺等の包装材、化学物質が入る化粧品等の日用品から建材や塗料まで、石油製品や化学製品の様々なものにそのリスクが付きまといます。 環境ホルモンがもたらす人体への影響としては、生殖機能の異常や発ガン性子宮内膜症等の様々な症状が危惧されます。 化学繊維のアレルギー・肌トラブルに付いては以下の記事でご紹介させて頂いていますので、合わせてご覧になってみてください。 ・ ・ ・ ・ これらのリスクを日々の生活の中で軽減し、身体にも地球にも優しい天然素材を取り入れる習慣造りを少しずつ始めてみましょう。

次の