こんにゃく 糖質。 こんにゃく米のカロリー・糖質は?お米の代わりになる?

こんにゃく米のデメリットを暴露!糖質制限の味方のはずなのに・・・

こんにゃく 糖質

こんにゃくゼリー1個あたりの糖質量は「約6. 2g」と高糖質です。 こんにゃくゼリー以外のデザートの糖質量 1個あたり• フルーツゼリー:約16g• ショートケーキ:約46. 羊羹:約13. 6g このように見てみると、こんにゃくゼリーの糖質量は低いと思われがちですが、こんにゃくゼリーの1個は他のデザートと比べると小さく、同じ量に換算すると、こんにゃくゼリーの糖質量は高くなります。 こんにゃくゼリーは、幅広い年代が好んで食べれるように、ぶどう糖果糖液糖が含まれているため糖質が高くなります。 そのため食べ過ぎると糖質を摂り過ぎることに繋がるため、摂取量はあらかじめ決めておきます。 こんにゃくゼリーのダイエット効果・メリット 食物繊維が便秘を解消してくれる こんにゃくゼリーには、グルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれています。 この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的と言われています。 食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるため、痩せやすい体を作ることができると言われているのです。 脂質が含まれていない こんにゃくゼリーのダイエットにおけるメリットとして、脂質が含まれていないということも挙げられます。 脂質といえば、体に体脂肪をつけてしまう素となる成分ですが、こんにゃくゼリーにはその脂質が含まれていないので、他のデザートよりも太りにくいと言われています。 血糖値が上がりにくい こんにゃくゼリーは食べても血糖値が上がりにくいのも良い点です。 本来、食べ物を食べると体内の血糖値が上昇し、その血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。 このインスリンには、体に体脂肪を蓄える働きもあるので、肥満を招くことに繋がるのですが、こんにゃくゼリーは血糖値が上がりにくい食べ物なので、インスリンの分泌量を抑えることができ、太りにくくすることが可能なのです。 こんにゃくゼリーの注意点・デメリット 食べ過ぎると便秘になる 先ほど、こんにゃくゼリーにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消をしてくれ、ダイエットに効果的と紹介しましたが、実はこのグルコマンナンを摂取し過ぎると反対に便秘になってしまうと言われています。 グルコマンナンには、水分を吸収する性質があるのですが、グルコマンナンを摂り過ぎると体の多くの水分を吸収してしまうため、便秘になり、痩せにくい体を作ってしまうのです。 腹持ちは悪い こんにゃくゼリーは、満腹感がある食べ物ですが、腹持ちが悪いというのはダイエットにおけるデメリットと言えるでしょう。 こんにゃくゼリーは満腹感はあるため、食べると少量でお腹がいっぱいになるのですが、腹持ちが悪く、すぐにお腹が空いてしまい、その結果食事や間食の量が増えてしまい、太る原因になるので注意するようにしましょう。 おやつに1つだけ こんにゃくゼリーのダイエット効果を高める食べ方として、おやつに1つだけ食べる方法がおすすめです。 おやつに低カロリーなこんにゃくゼリーを食べることで、普段食べているおやつよりもカロリーを抑えることができます。 また、こんにゃくゼリーに含まれるダイエット効果を受けることができるため、より痩せやすくすることができると言われています。 ヨーグルトに入れて食べる こんにゃくゼリーのダイエット効果を高める食べ方として、こんにゃくゼリーをヨーグルトに入れて食べる方法もおすすめです。 ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」には、便秘を解消してくれる働きがあり、こんにゃくゼリーの食物繊維の便秘解消効果と相まってより高いダイエット効果を発揮してくれます。 また、単体では腹持ちが悪いこんにゃくゼリーですが、ヨーグルトと一緒に食べることで、腹持ちをアップさせてくれるので、おすすめです。 低カロリーなこんにゃくゼリーでも食べ方次第では太るのでご注意を!.

次の

【管理栄養士監修】こんにゃくの糖質とカロリーは色や種類でどう違う?

こんにゃく 糖質

糖質制限ダイエットをしていてもステーキが食べたくなることはあります。 お肉自体は糖質は高いものではありません。 糖質制限ダイエットでは、糖質量は注意しないといけないもののカロリーは気にしなくてもいようです。 そのためステーキは食べても大丈夫な食材とされています。 ですが、ステーキはカロリーは高く1回の食事で800kcalを超えてしまう場合もあります。 ステーキは食べてもいいからと好きなように食べていては糖質制限ダイエットをしていも痩せることは難しくなります。 そんなときにおすすめしたいのが、こんにゃくステーキです。 肉厚のこんにゃくステーキなら食べごたえもあります。 これでもしっかりと糖質を制限したい場合には、みりんではなくラカントなど糖質0甘味料を使ってみてください。 こんにゃく200g• 木綿豆腐300g• にら50g• にんにく適量• しょうが適量• 豆板醤小さじ3分の2• 醤油湖西z2• 水溶き片栗粉大さじ2• ごま油少し• A甜麺醤小さじ2• Aみりん小さじ1• Bお酒大さじ1• Bケチャップ大さじ1• B鶏ガラスープの素小さじ2分の1• Bお湯150cc• こんにゃくを下茹でしたら包丁かブードプロセッサーで細かくたたきます。 にんにくとしょうがはみじん切りにしておきます。 木綿豆腐は1. 5cmの角にしてから水から茹でます。 茹で終わったらザルにあげておきましょう。 フライパンにごま油と木綿豆腐、豆板醤をいれて弱火にかけていきます。 香りがでてきたらこんにゃくをいれて中火で炒めていきます。 Aの材料を入れて炒め、 Bの材料もいれて炒め合わせていきます。 沸騰したら豆腐と1cmにカットしたニラを入れます。 再度沸騰したら醤油と水溶き片栗粉を入れて混ぜ、1分~2分煮込んで完成です。

次の

こんにゃくが糖質制限ダイエットに人気!糖質オフレシピ4選

こんにゃく 糖質

こんにゃくには生こんにゃく芋を使用して作られたものと、こんにゃく粉を使用して作られたものの大きく分けて2種類が存在します。 生こんにゃく芋から作られたこんにゃくのカロリーは、100gあたり「約7kcal」となっています。 こんにゃく粉から作られるこんにゃくのカロリーは、100gあたり「約5kcal」と生こんにゃく芋のものよりも若干低いです。 こんにゃく以外の食品のカロリー 100gあたり• 寒天:約3. 1kcal• くずきり:約135kcal• しらたき:約6kcal こんにゃく以外の食品のカロリーを紹介しましたが、寒天と比較すると、こんにゃくのカロリーはやや高いですが、あくまでも低カロリーに分類される寒天と比較した時の話であり、全食品で比較するとこんにゃくのカロリーは十分低いと言うことができるでしょう。 こんにゃくの糖質量は? グルコマンナンの働きで満腹感がある こんにゃくには「グルコマンナン」という成分が豊富に含まれています。 このグルコマンナンには、水分を含むと膨らむ性質があり、お腹の中で水分を吸収して膨らむと、少量で満腹感を得ることができます。 その結果、食事や間食の量を減らすことができ、1日の摂取カロリーをカットすることができるので、ダイエットに効果的です。 食物繊維が便秘を解消してくれる こんにゃくには、「食物繊維」が豊富に含まれています。 この食物繊維には整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、ダイエットに高い効果を発揮してくれると言われています。 食物繊維によって腸内環境が整えられると、便秘が解消されます。 便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素が体外に排出されやすくなるので、痩せることができるのです。 カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる こんにゃくには「カルシウム」も豊富に含まれています。 カルシウムには、体内に摂取された脂肪が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあります。 カルシウムによって脂肪の吸収が抑えられることにより、カルシウムを摂らなかった時よりも体に体脂肪がつきにくくなり、太りづらくなると言われています。 こんにゃくの注意点・デメリット 味付けに注意 こんにゃく自体にはあまり味がありません。 そこで、濃い味付けをしてしまう方も多いのですが、当然カロリーや糖質が高くなり、せっかくのこんにゃくの低カロリーが意味をなさなくなってしまいます。 また、味付けを濃くすると、塩分量が増えます。 塩分を摂り過ぎると、食欲が増進され、ついつい食べ過ぎ、摂取カロリーが増えてしまうことに繋がります。 食べ過ぎると便秘になる 先ほど、こんにゃくにはグルコマンナンが豊富に含まれていると紹介しましたが、グルコマンナンを摂り過ぎると、便秘になり、太りやすくなってしまう恐れがあります。 グルコマンナンはお腹の中で水分を吸収しますが、グルコマンナンを摂り過ぎると、お腹の中の水分を吸収し過ぎてしまうので、便秘になり、体内の老廃物や毒素を排出できなくなり、太る原因になります。 飽きやすい 先ほど紹介しましたが、こんにゃくは味があまりなく、ついつい濃い味付けで食べてしまいがちですが、カロリーや糖質が高くなるので薄味で食べるようにしましょう。 かといって、毎回薄味で食べてしまうと、味に飽きてしまうということにも繋がります。 薄味でも毎回味付けを変えるなどの工夫が必要です。 こんにゃくは食前に食べる こんにゃくのダイエット効果を高める食べ方として、食前に食べる方法をオススメします。 食前に食べると良い理由は、こんにゃくには満腹感があり、食前に食べることで、食事の量を減らすことができるため。 食事の量だけでなく、間食の量も減らすことができるので、1日の摂取カロリーをカットでき、より高いダイエット効果を期待することができます。 主食として食べる 先ほどこんにゃくは食前に食べるのが良いと紹介しましたが、食事の中に主食として取り入れるという方法もオススメです。 最近ではこんにゃくを使ったラーメンやこんにゃくパスタなども手軽に手に入れられるようになったので、そういったものを利用するとカロリー摂取量を抑えられます。 また、白米を炊く時に混ぜるためのこんにゃくなども売られているので、主食をこんにゃくでかさ増しすることが出来、より痩せやすくなるというわけです。 低カロリー・低糖質なこんにゃくにも注意が必要!.

次の