寝 過ぎ 腰痛 い。 寝過ぎでなる腰痛の予防法

風邪をひいて寝過ぎたら腰痛になることも!そういう時にすべきこととは

寝 過ぎ 腰痛 い

どうして腰痛になるの?痛みの原因 体を横にしてリラックス、一見は休んでいるように見えて 寝た姿勢をずっと取り続けるのは腰にとっても負担となっています。 横になると、腰をずっとベッドやマットレスに押し続けている姿勢をとっているようなもので、 長時間椅子に座っているとお尻が痛くなってくる現象と同じです。 腰が痛いから、といって横になって痛みが引くのを待つのはかえって逆効果です。 体に合わない寝具やクッションなども腰への負担をさらに助長させます。 体が沈み込むような柔らかい素材を使うのは体にフィットしているからきっと良いもの!と思うのは全く反対で、あまり柔らかすぎると腰を不安定な状態にさせてしまうのであまりよくありません。 寝すぎも併せて普段の睡眠から腰が痛くなる、という場合は寝具の見直しから始める必要性があるでしょう。 youtube. 寝すぎの腰痛治すどうしたらよいの? 寝すぎて腰痛になる場合は、 寝すぎにより身体の筋肉やスジが固まってしまったり、血行が滞り身体がうまく動かせない、うまく動かいないことによりおこります。 何よりも大切なのはまず体を動かし血行を良くすること。 ただし、身体を後ろ側へそらした時に違和感を感じたり激痛を伴う場合や常に鈍い腰の痛みが断続的に続く場合は寝すぎとはまた違う腰痛の原因をはらんでいる可能性があります。 無理に体を動かすことで病気の進行を助けてしまう可能性がありますので、少しでもおかしいな、と思ったらおとなしく病院の診察を受けましょう。 病院の診察を受けてただの寝すぎと診断されて笑い話になれば、それが一番良いです。 一時の恥で健康が買えるなら安いものと思ってください。 ヘルニアなどの取り返しのつかない激痛を何年も味わわなくなる事態へ発展しかねないので軽率な対処は控えるように慎重に動きましょう。 まず、程度の血行活性を促すためにお風呂に入りましょう。 湯船につかるのがベストですがシャワーでも構いません。 全身を温め、血行をよくさせましょう。 お風呂を出たら手を上に伸ばし、 全身伸びをするようにストレッチしましょう。 ぐーっとゆっくり伸びをして痛いようならちょっと間をおいて、もう一度繰り返します。 ここで大体改善される人もいれば、まったく変わらない方もいます。 その時は肩幅程度に足を広げ、お辞儀をする感覚でゆっくりぐーっと体を前に倒します。 痛みが出るところまで体を前に倒し、元に戻します。 腰をゆっくりぐーっと引っ張る感覚ですね。 何度か繰り返したら、体を前に倒した状態を右側へゆっくり、左側へゆっくりと交互に繰り返します。 このストレッチを繰り返すことで腰への負担が改善され動きやすくなります。 ストレッチが終わったら腰の痛みはだいぶ緩和されますが、油断することなく少しの体操をしましょう。 体操はラジオ体操でかまいません。 体を動かし本調子を取り戻すのが目的です。 体感型ゲームソフトで遊ぶのも運動です、 体を動かすのであればなんでも大丈夫です!無理がない範囲で体を動かしましょう! ここまでやれば腰の痛みも体のだるさも程度解消されるでしょう! ぜひお試しくださいね! 腰痛についてはこちらの記事でも書いていますので、興味があれば合わせてご覧ください。

次の

風邪で寝込んでいたら腰痛に!?寝過ぎによる腰痛とは?

寝 過ぎ 腰痛 い

スポンサーリンク たまにゆっくりできるお休みなので、いっぱい寝だめしようと思う方は結構いるとと思います。 しかし、寝過ぎが原因で、腰痛の症状を引き起こすこともあります。 せっかくゆっくりするつもりだったのに、腰痛になってしまうと、痛くてゆっくりもできないことになってしまうのは、なんだか損した気分になります。 しかし、寝過ぎたことが原因である腰痛の対処法は、思いのほか簡単にできることが多いです。 起きてから腰痛の症状を感じれば、とりあえずはストレッチをしてみることです。 寝過ぎたことが原因で腰痛の症状を感じるときは、寝方が悪かったということが原因となっていることが多いです。 ですから、寝方が悪いことが理由で固くなってしまった筋肉を伸ばしてみることを試してみるのです。 腰を伸ばすのは立った状態でも可能です。 そうかといって、寝転んだ状態でも、腰を伸ばすことができます。 ですから、起きたらすぐにでも、腰を伸ばす治し方をすることができるでしょう。 腰の筋肉を伸ばすストレッチ方法についてですが、脚を広げて前に倒れるように腰を曲げるのです。 体育や体操の準備運動で行っていたような開脚伸ばしのような感じです。 身体を起こしてすぐにできるような簡単な方法です。 ですから、寝起きから腰痛の症状が出ているケースでは、一度試してみることも一つの方法といえるでしょう。 このときですが、体のかたさは人それぞれだといえます。 無理なく行うようにして、何かあれば医師の診察を受けましょう。 そうしたら腰に手を当てながら上半身を起こして腰を反らします。 これを繰り返すのですが、ゆっくり行ってください。 勢いよく上半身を上げると頭が痛くなります。 また、終える時は腰を反らす方を最後にしたほうが良いといわれています。 倒したり反らしたりに腰を左右にひねる動作も取り入れると、より良くなります。 これらの動作も体育や体操の前に行う準備体操に含まれているので、やり方は難しいものではないと思います。 腰痛の治し方にはストレッチが有効ですが、筋力が弱っていることで寝過ぎの腰痛が発生することもあります。 そのような場合は寝起きのストレッチだけでなく、適度な運動を生活の中に取り入れることも大切になります。 オススメなのはウォーキングで、ウォーキングは腰やお腹を含めた下半身の筋肉をほどよくつけるために有効的です。 また脳にも良いので、週に2回を30分程度でも続けると効果が実感できると思います。 スポンサーリンク 記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか? もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、 ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

次の

睡眠明けに肩こりや腰痛が気になる方の寝姿勢

寝 過ぎ 腰痛 い

睡眠スタート姿勢 さて、それでは睡眠姿勢について。 人それぞれ、横向きが良いとか、上向きが良いと意見が分かれるかと思います。 ということで、それぞれの注意点について紹介します。 横向き派の注意点 横向きの姿勢で就寝される方は、注意点として、太ももの位置と頭の位置に気を付ける必要があります。 理想的な姿勢としては、骨盤の高さに大腿骨を水平に保つと良いです。 写真のように太ももに傾斜 外ももが伸びる がついたり、頭の位置が悪い 首の筋が伸びる と、下半身太りに繋がったり、肩こりや腰痛の原因となります。 また、横向きで寝る際は、臓器や血流的にも、左上よりも右上に寝ると良いと言われています。 一般的にはこちらの写真より、最初に載せた写真の方が良いと考えられるのです。 上向き派の注意点 上向き派の方は、枕の高さに気を付ける必要があります。 基本的には、脊柱の生理的湾曲 S字 を保てる姿勢で睡眠に入るのが良いです。 このように、枕の高さが合っていない場合、首や肩に負担がかかり、痛みや違和感を感じることが考えられます。 最適な重さの布団を選ぶこと 最初にも書きましたが、本来人間は睡眠中に寝返りをすることで、肩こりや腰痛などのリスクを軽減しています。 しかし、例えば掛け布団が重く、寝返りを打ちにくいようでは、それもカラダへのストレスになっている可能性があります。 また、軽すぎも体温の調整を上手く出来ないことが考えられるので、最適な重さ、暖かさを選べると良いですね。 最後に パーソナルトレーニングの内容とは少しずれましたが、睡眠はカラダ作りや健康に関わる非常に重要なポイントです。 睡眠のスタート姿勢を意識することで効果が得られるなら、今日から試す価値はありますね。 くびれ美人マネージャー 大久保亮介 高校サッカーでの怪我をきっかけに、プレーヤーではなくトレーナーとなることを決意。 専門学校でトレーナーの基礎知識を習得後、山口県のSSSスポーツプラザ、全国大手の東急スポーツオアシスで活動。 2013年5月にくびれ美人でパーソナルトレーナーとしてデビュー。 2015年7月よりフリーのパーソナルトレーナーとして独立。 2016年4月㈱HATA立ち上げとともにくびれ美人マネージャー兼パーソナルトレーナーとして活動。 2019年7月現在、月200時間以上のパーソナルトレーニングを担当。

次の