黛灰 スパチャ。 ぺこーらスパチャやべえな

ぺこーらスパチャやべえな

黛灰 スパチャ

類い稀な才能を持つハッカー。 持て余した暇をどうにかするべく、配信活動を始める。 買い物は全て通販で済ませる、いわゆる出不精。 ——————————————————————————————————- と紹介されています。 プロフィールはこちら。 誕生日:1997年9月28日• 身長:178cm• 体重:おそらく57kg• 職業:ホワイトハッカー コンサルタントハッカー• 利き手:重度の左利き スマホとマウスは右• 食べるもの:COMP等の完全食、丼もの• 化粧水:キュレル 化粧水 III とてもしっとり• 平熱:37度~ 性格は面倒見がよくて、思慮深いです。 ゲーム配信中も配慮が行き届いてる事から、リスナーからは「配慮の鬼」と言われるほど! こだわりが強く、好きなもの・嫌いなものがハッキリしています。 基本的に甘党で、逆に苦いもの・辛いものがニガテ。 そこから児童養護施設に入所し、18歳を超えた今も自らの意思で施設に残り、すみ続けています。 仕事も主に日中は施設で行っていて、一緒に住むこどもたちのお世話もしているんですよ。 なので、配信は深夜帯になることが多く、たまにこどもたちが社会科見学などで日中に出かけたりすると、隙をみて日中に配信したり、仕事のお手伝いの兼ね合いで配信ができない日もあったりします。 施設の子の寝かしつけ係に任命されたから今日配信難しいかも。 いつも無理言って配信させてもらってるし、たまには手伝わないとね。 今ではホワイトハッカーとしてネット関連にも精通している黛灰ですが、 彼がゲームやパソコンに触れるきっかけとなったのも、黛灰のいる施設に職業訓練士として訪れてきた「教授」と呼ばれている男性が彼にパソコンを教えてくれたから。 黛灰は「師匠」と呼んで慕っています。 ちなみに黛の挨拶「どーも」についても、師匠が「ど〜も〜」と言って話しかけてくるところから影響を受けているようです。 出会いといえば、もう一つ。 にじさんじ所属の男性ライバー「加賀美ハヤト」との出会いも、黛灰が15歳のときに施設支援をしている関係で加賀美ハヤトが来所してきたからなんです。 実はライバーになる前からの仲!すごいご縁ですね〜。 当の本人たちは、まさかお互いにライバーになるなんて思ってもいなかったのか、ライバーになってから適度な距離感が掴めなくて困惑しているようなんですけどね。。 理由としては、声質が似ているところ。

次の

ぺこーらスパチャやべえな

黛灰 スパチャ

人気記事• 2,694 views 0 comments• 2,491 views 12 comments• 1,773 views 13 comments• 1,662 views 14 comments• 1,526 views 6 comments• 1,238 views 6 comments• 1,238 views 12 comments• 1,114 views 4 comments• 1,102 views 5 comments• 1,011 views 0 comments• 999 views 0 comments• 974 views 8 comments• 967 views 0 comments• 966 views 1 comment• 949 views 10 comments• 883 views 2 comments• 865 views 2 comments• 823 views 4 comments• 802 views 1 comment• 789 views 0 comments.

次の

バーチャル界隈ログ 7/13(月)

黛灰 スパチャ

! 浅田カズラです。 先日3D化を果たした黛灰ですが、その冒頭には外タレをフルに雇い、ライバーに声アテをさせた謎動画が登板されていました。 もはや単純におもしろコンテンツであると同時に、「彼」の世界観の一端を示す布石だったのでは……?という考察まで出てきており、まゆまゆ……!とさせられていたりします。 この謎OP動画、まさかの本人から支出報告が出てきました。 遅くなったけどスパチャ使用報告。 外タレ起用した3D配信の冒頭動画、稼働費、調整費、ロケ地の費用含めて、だいたい40万ちょっとくらいかかった。 いつもありがとう。 しかしながら、推しへ投げたスパチャがユニークなコンテンツに化けて出てくるのは、けっこう生産的な営みですよね。 そんな、いい意味で異質なポジションを維持し続ける黛灰からの告知も見られた、本日のバーチャル界隈ログの更新でございます。 各所で提供が進むバーチャルライブ事業であり、WFLE的にはREALITYで培ってきた3Dの技術を、アーティスト向けのバーチャルライブ制作へと転用させた、といえるでしょうか。 昨今のコロナによって延期となったツアーから切り替える形で、しかしただの代替ではない「バーチャルだからできること」を目指すライブになるとのことです。 いま、各所で引く手あまたというバーチャルイベント。 その流れに、バーチャルプラットフォームの第一人者のひとつも参戦してきた、というところでしょう。 各企業によるバーチャルイベント事業は、まさにこれからが最盛期です。 Gugenka主催。 限定eスポーツ大会「V」開催決定 土曜日に「最協決定戦」が発表された中で、立て続けのV限定eスポーツ大会の告知です。 なんと、Gugenkaが主催するeスポーツ大会「V」の開催が告知されました。 Steam版の『eSports』を用いた、スコアアタック型の予選を経て、本戦はトーナメント式の対戦でしのぎを削るシンプルなルール。 総合司会はGugenka所属の東雲めぐ、エピト、アリスクリュームが、解説がokaプロが務めることとなっています。 比較的シンプルな大会ですが、V関連企業が主催というのはめずらしいところ。 昨今界隈に生まれつつあるeスポーツ志向の流れに乗ってきたような印象もある、おもしろい展開です。 clusterにて、オンラインゲームジャム「Cluster GAMEJAM 2020 in SUMMER」が開催決定 一方のclusterでは、新機能・ゲームコンテンツ投稿を用いたオンラインゲームジャム「Cluster GAMEJAM 2020 in SUMMER」の開催が発表されました。 作品テーマにそって、その場でゲームを作っていくゲームジャムをオンラインで実施しようという試み。 clusterの場合、そのゲーム自体がひとつのワールドにもなるため、「独創性に富んだワクワクするワールドであること」という審査基準も設けられているところがおもしろいところです。 スポンサーも多くそろい、その結果は優勝賞金は50万円とのことです。 参加するだけでお得なゲームジャム。 これから盛り上がっていくであろうclusterゲーム機能を試してみる、よい機会にもなるかもですね。 黛灰と『 ~最期の12日間~』の同時視聴生放送、実施決定 の次は、まさかの黛灰とを観る生放送がやってきた。 『 ~最期の12日間~』はひとりの人間としての最期の日々を描いた、批判を起こしつつも高い評価を得た戦争映画……ですが、国内ではおそらく「総統閣下シリーズ」の元ネタとして知られていることでしょう。 会場となるでも数多くのMADが作られ、なんなら今なお現役なです。 ニコ生で流す本作をどういうスタンスで見ればいいかいろいろと悩ましいところですが、席する黛灰がよきコメンテーターとなるはず。 「」と述べていることから、双方の観点からこの作品を楽しめる、割とレアな機会になるかもしれません。 kadura-asada.

次の