エキサイトモバイル 口コミ。 エキサイトモバイルの格安スマホの料金・速度・評判まとめ

エキサイトモバイルの口コミ・評判 | みん評

エキサイトモバイル 口コミ

回線:docomo• exciteモバイルLTEが新たに生まれ変わった格安SIMです。 …時代と違い音声通話SIMを提供開始しており、MNPにも対応しました。 最適料金プラン 使った高速通信容量に応じて月額料金が決まるのが「最適料金プラン」。 低速通信のみの利用なら月額500円~と激安の価格設定になっており、SIM1枚コースでも10GB大容量のプランまで用意しています。 定額プラン あらかじめ月間の高速通信容量が決まっているのが「定額プラン」。 対データ容量で先ほどの最適料金プランよりほんの少し月額料金がプラスとなりますが、使い過ぎで高額になる心配がないので安心です。 エキサイトモバイル(定額プラン) データ専用 SMS付き 音声通話 最大通信速度 1GB 670円 810円 1370円 300Mbps 2GB 770円 910円 1470円 300Mbps 3GB 900円 1040円 1600円 300Mbps 9GB 2250円 2390円 2950円 300Mbps 20GB 3980円 4130円 4680円 300Mbps 30GB 5980円 6130円 6680円 300Mbps 40GB 7980円 8130円 8680円 300Mbps 50GB 10180円 10310円 10880円 300Mbps 公式サイト: エキサイトモバイル・通信速度の評判と口コミ 時代はAPN設定がvmobile. jp、つまり回線品質に定評のあるIIJ インターネットイニシアティブ、を提供している会社 がMVNEだったので、情報が少ないながらも通信速度の評判はそこそこ好調でした。 …今回のSIMカードも低速時でも快適な「バースト機能」を搭載しており、200Mbps低速通信時の速度制限も同じ内容となっていることが確認できたので、ほぼ IIJの回線支援を継続していることは間違いなさそうです。 開始されたばかりの新MVNOなので何とも言えませんが、この情報通りにいけばモバイルデータ通信は快適に使えそうです。 速度制限• SIMカード複数枚で容量シェアのできる「3枚コース」も新たな料金で継続しており、必要であれば追加SIMで4枚目、5枚目も利用可能になりました。 全体的にみると新MVNOとなってかなりプランが柔軟になっており、現在人気の大手格安SIMにも負けないサービス内容となっています。 SIM複数枚のシェア(3枚コース) エキサイトモバイルの特徴は、基本プランに SIM3枚でのシェアコースが提供されている部分。 最初に3枚コース申し込んでおけば他社MVNOと比較して複数枚の追加手数料もかからないので、タブレットとの2台持ちや家族での共用にも便利。 また3枚のみならず4枚目、5枚目(合計最大5枚でシェア可能)も追加できるようになっているので、他社とはまた違った使い方ができるのもポイントです。 バースト転送 低速通信時(200Kbps)でも初速が速い「バースト機能」を搭載しているので、例えば高速データ容量の節約用に高速通信をOFFにした状態でもテキストベースのウェブサイト、LINEのメッセージなどなら快適。 …低速通信時は3日間で366MB超過時の速度制限がありますが、それさえ気を付けておけば快適に使えるようになっています。 特に「最適料金プラン」は使ったデータ容量で月額料金が変動するので、コチラの機能を使ってスピードを管理すると節約できます。 1枚コースから3枚コースへ変更をする場合• SIMサイズ• 標準SIM• Micro SIM• Nano SIM 最低利用期間• データ通信専用SIM:なし• データ+SMS付きSIM:なし• 音声通話機能付きSIM:課金開始日の属する月の翌月1日から12ヶ月間内に解約される場合は解約事務手数料が発生 解約金• 公式サイト:.

次の

エキサイトモバイルの料金、キャンペーンまとめ。評判や口コミも紹介。

エキサイトモバイル 口コミ

png ガルマックスの猶木 ナオキ です。 【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。 スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。 製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。 garumax. jpg 【最新】エキサイトモバイルの評価と評判。 使って分かった利便性の高さ• 最終更新日:2020年07月07日• 執筆者 : 目次をクリックすると各項目へ移動します• エキサイトモバイルは従量制、定額制が選べてシェアも柔軟で使い勝手が良い。 データ量をあまり使わなかった月は自動で安くなるので、節約したい方はかなりオススメなプランですよ。 利用料金も平均的で特段高いという事はありません。 エキサイトモバイルでは、基本となる「データのみプラン」に追加料金を払って機能追加するタイプ。 IIJmioと同じですね。 容量 最適料金プラン (従量制) 定額プラン (定額制) 200kbps固定 容量無制限 500円 - 500MB 630円 - 1GB 660円 670円 2GB 770円 770円 3GB 880円 900円 4GB 1,150円 - 5GB 1,450円 - 6GB 1,600円 - 7GB 1,900円 - 8GB 2,120円 - 9GB 2,200円 2,250円 10GB 2,380円 - 20GB - 4,750円 500円で利用できる従量制プランの捕捉ですが、 低速通信モード(200kbps)設定で利用する場合、月額が500円となります。 高速通信モードで1MBでも通信した場合は、500MBまで月額630円のプラン内容に切り替わる仕組み。 また、音声通話を利用する場合は12ヶ月間利用期限が設けられているので、利用期限内の解約等は9,500円必要。 エキサイトモバイルの従量制と定額制の違い。 従量制は、細かく分かれた容量ごとに設定された利用料金となるので、 データ通信をあまり使わない月は利用料金が安く済みます。 一方、定額制は 余った容量を繰り越す事が可能。 個人的に余った容量を繰り越すよりも、使った分だけ支払えば良い従量制に魅力を感じますが、どちらが良いかは利用者さんの使い方にも左右されるので、どっちがおすすめか一概に言えませんが、 1つ言える事は、エキサイトモバイルではどちらも選べると言うこと。 容量追加に1GB1,000円などのボッタクリ価格で提供している他社と比べると良心的。 注意点としては、 従量制プランの場合、容量を事前に指定して通信量をコントロール出来ないこと。 例えば4GBまでで抑えたい場合、4GBに達した時点で低速通信モードに自分で切替える必要があります。 ワンポイントテクニック。 エキサイトモバイルでは、 月に一度だけ従量制と定額制のプラン変更が可能となってます。 例えば、定額制の3GBを契約中に容量を使いきってしまうと200kbpsへ通信速度が制限されてしまいますが、1GBの容量を580円で追加出来ます。 計算すると、3GBの利用料金900円に1GBを590円で追加した場合、トータル容量が4GBで1,490円。 従量制プランだと、 5GBで1,450円。 そうなんです。 容量を追加するよりも沢山のデータ量を安く利用できるんです。 この様に、プラン自体を変更してしまった方が安上がりになる場合があるので、定額プランを契約する方は覚えておいてくださいね! それと、従量制プランと定額制プランを両方試してみたい方も気軽に試せるので、実際にどちらが自分に合うのか試してみてくださいね! エキサイトモバイルでは3日制限が無い。 もう名指しで言っちゃいますが、楽天モバイルは3. 1GBプランの場合、3日で540MBの制限があります。 ぶっちゃけ、カーナビとか使っちゃうと1日で540MBを超える場合もあるので、個人的に合わない格安SIMでした。 「 」という記事を書いてますが、この時に通信速度を測定した時の通信容量が540MBを超えてしまい、Twitterでもお伝えしましたが制限で3日間使えない状態が続いたのです。 こりゃ、参ったなってなりましたもん。 エキサイトモバイルの高速通信設定時は3日制限が無いので、 容量分はぶっ続けで使っても問題なし。 これが利便性が高いと言っているポイントの1つ。 エキサイトモバイルは低速切り替え可能でバースト通信に対応。 また、 低速時でも通信を始めた瞬間は高速通信で通信する「バースト機能」に対応しているので、他社格安SIMの低速モードよりも快適度が高いです。 エキサイトモバイルのシェアの内容。 エキサイトモバイルでは、1契約につき最大5枚のSIMでデータ容量を分け合えます。 シェアプランの基本は3枚のSIMセット。 2つのSIMを音声通話、残る1枚をデータ通信プランでタブレットで利用するなど使い勝手もいいです。 シェアプランは家族とシェアするだけでは無い。 私の場合、メイン端末は音声通話プラン、残る2枚のSIMはデータ通信プランで、タブレットやSIMフリーのモバイルルーターに差し込んで、様々な機器でデータ量を共有。 複数の端末を持っている方もシェアプランを利用する事で、テザリングのように他端末に依存しなくても機器単体で通信出来る環境が整います。 大手キャリアと比べるとこんなに違います。 大手キャリアでは1GBの音声通話プランで約5,000円。 5人で利用すると 月間25,000円。 年間30万円。 年間74,040円。 安い安いと言われている格安SIM。 数値化するといかに安いかがお分かりになるかと思います。 エキサイトモバイルで注意すべき点は通話。 エキサイトモバイルでは、5分以下かけ放題などを提供していないので、 30秒20円の通話料が必要。 カケホーダイが必要な方はFREETELが他社でも利用可能な「だれでもカケホーダイ」を提供しているのでチェックしてみてくださいね! 【関連】 従量制プランとシェアに魅力を感じたならエキサイトモバイルは要チェック。 実際に利用してみましたが、特に不満はありません。 数多くの格安SIMを利用していますが、通信速度や品質に関しても、特別制限されている感じも今のところありません。 もちろん格安SIMですので、混雑する時間帯に通信速度が一桁台まで低下することもありますが、格安で使える代償の様なものなので、特に気になりません。 現在、非常に多くの格安SIMが各社からリリースされていますが、 従量制プランが選べて、シェアも可能という部分に魅力を感じるのであれば、エキサイトモバイルは良い選択です。 運営しているエキサイトも非常に知名度の高い企業さんですから、初めて格安SIMを利用する方にとっても安心材料となるでしょう。 ちなみに、 MNPの場合はもちろん即日利用可能な即日開通に対応しています。 エキサイトモバイルではお得なキャンペーンも! エキサイトモバイルでは随時お得なキャンペーンを開催しています。 以下の記事で最新のエキサイトモバイルキャンペーンも記載しているのでご検討の際はチェックをどうぞ! 【関連】 折角なので、この様なキャンペーンを使ってコストを下げましょう。 同じ物なら安いほうが良いに決まってるので、検討中の方はお早めにどうぞ 【関連】.

次の

通信環境は快適?エキサイトモバイルの速度の実態を探る

エキサイトモバイル 口コミ

エキサイトモバイルとは、ニュースサイトやポータルサイトなどを展開している エキサイト株式会社が運営している格安SIMです。 エキサイト株式会社は大手電気通信事業者なので、信頼度の高い格安SIMを利用することができます。 使った分だけ支払い 従量制 の「最適料金プラン」と決まったデータ容量の「定額プラン」があるのが特徴です。 《毎月の消費データ容量がまばら》な人におすすめ! エキサイトモバイルの最適料金プラン 従量制 は低速通信のみ、100MB、500MB、1GBから15GBまで1GB刻みで利用できるため、使いたい月のみ高速通信データをオンにして15GBまで使用したり、使わない月は低速通信モードで1か月のりきるという使い方ができます。 そのため、 毎月消費するデータ容量が毎月違うというひとにおすすめです。 エキサイトモバイルのおすすめポイント• 従量制プランと定額プランから選べる• 通信速度切替に対応• 50GBの大容量プランにも対応• バースト機能に対応 《どうしてもかけ放題が必要》な人にはおすすめできません エキサイトモバイルにはかけ放題系のオプションがないため、人によっては今より料金が上がる可能性がります。 なので、通話が多い人にはおすすめできません。 ほかのかけ放題サービスに加入するまたは、LINE電話などで代用でも良いという方であればエキサイトモバイルに乗り換えても損はしません。 エキサイトモバイルの注意点• かけ放題オプションがない• 便利な専用アプリはない• 支払いはクレジットカードのみ• ドコモ回線のみ対応• また、SIM再発行や交換、サイズ変更なども同様の料金が発生します。 追加SIM利用料は月額390円です。 速度制限 高速通信では速度制限はされませんが、低速通信時は「3日あたりの低速データ通信量が366MB 300万パケット相当 を超えた場合」に通信速度がさらに制限されるため注意。 高速データ繰り越し 最適料金プラン:なし 定額プラン:翌月まで繰越 通信速度切替 対応 バースト機能 対応 支払い方法 クレジットカードのみ エキサイトモバイル《メリット・デメリット》 エキサイトモバイルのメリットとデメリットをまとめました。 エキサイトモバイルのメリット 50GBの大容量プランにも対応 最適料金プランは最大15GB SIM3枚の場合 まで利用できますが、定額制プランなら最大50GBまで利用することができます。 30GB以上の大容量プランを提供している格安SIMは少ないため、複数ある端末を使いたい方にとってうれしい容量ですよね。 格安スマホでも大量のデータを利用したい方には最適です。 バースト機能に対応 低速通信時でも初速は速い機能のことをバースト機能といいますが、エキサイトモバイルもバースト機能に対応しているため低速通信プランでも通常よりストレスが軽減できます。 エキサイトモバイルのデメリット かけ放題オプションがない かけ放題オプションはないため、通話が多い人はかえって料金が上がってしまう可能性があるため、おすすめできません。 どうしてもエキサイトモバイルがいいという場合は、LINE電話やG-Callなどのかけ放題サービスで代用するほかありません。 便利な専用アプリはない エキサイトモバイルは、楽天モバイルやBIGLOBEモバイルが提供するような便利なアプリを提供していません。 通信速度切替に対応しているのにアプリがないため、切替が面倒になってしまっています。 通信速度の切替にはマイページにログインする必要があり、毎回ログインする分アプリよりも手間が増えています。 エキサイトモバイル《口コミ》 4. 0 中古で買ったSIMロック解除済みのiPadで使用しています。 主に出張先のホテルでWebや動画を閲覧するのに使っているため、使ったぶんだけの料金プランは大変ありがたいです。 毎月500〜800円程度で収まっています。 データ通信速度は特別速くありませんが、タブレットやサブ機用途には十分だと思います。 エキサイトモバイルの通信速度 残念ながらすまっぴーではエキサイトモバイルの通信速度を計測していません。 公式HPによるとベストエフォート 理論値 としては下り ダウンロード 速度は最大988Mbpsで上り アップロード は最大75Mbpsとなっていますが、あくまでも「理論値」のため、これほどの速度が出ることはないでしょう。 店舗や販売代理店、エントリーパッケージ等はありません。 エキサイトモバイルに申し込む際に必要な書類• メールアドレス• 本人名義のクレジットカード• エキサイトモバイルの申し込み方法はたったの5ステップ• エキサイトモバイル IDまたは新規登録でログイン• 公式HPで[お申込み]をクリックしプランを選択• メールが届くのでメール内のURLにアクセス• 本人確認書類のアップロード• [この内容で申し込む]をクリック エキサイトモバイルの初期設定 SIMが届いたら使いたい端末に初期設定をする必要があります。 iPhoneの初期設定 iPhoneの初期設定は「構成プロファイル」をインストールする必要があります。 既存の構成プロファイルを削除してからインストールしてください。 Androidの初期設定 AndroidはiPhoneとは違い手入力で設定する必要があります。 赤字は必須項目です。 それ以外は必要に応じて入力してください。 iPhone 4~XRまでのSIMフリー版iPhone• iPhone 5c~XRまでのドコモ版iPhone• SIMロックを解除したiPhone SE~Xまでのau版またはソフトバンク版iPhone au版とソフトバンク版はいずれの端末もSIMロック解除が必要な点に注意。 《まとめ》エキサイトモバイルは毎月の使用データが一定じゃない人におすすめ! エキサイトモバイルには 最適料金プランという従量制プランがあるため、毎月の 消費データ量が一定ではない人にとくにおすすめします。 逆にかけ放題オプションはないため、別のかけ放題サービス 有料 かLINE電話などで代用するほかありません。 また、申し込みは公式HPからのみで支払いにはクレジットカードが必要となるため、一部の方々にはおすすめできません。 エキサイトモバイル【最新キャンペーン情報】 エキサイトモバイルでは現在おトクなキャンペーンを実施中です。 キャンペーンをうまく活用して、おトクにエキサイトモバイルの運用を始めましょう! キャンペーン一覧.

次の