アンドロメダ学園 超特訓を受ける。 アンドロメダ学園高校の投手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

アンドロメダ学園高校の野手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

アンドロメダ学園 超特訓を受ける

パワプロシリーズ屈指の強力なチーム能力を誇った高校です。 初登場はパワプロ5からとかなりの古参高校です。 筆者も敵として出てきて、数々のトラウマ試合を経験した懐かしい記憶もあります。 *監督が所持しているゴールドセルの例*• 注意事項 所持できるセルは8つまでなのでオーバーフローゲージに回ってしまわないような立ち回りを要求されます。 オーバフローゲージに回ってしまうと金特を取得することができません。 「ゴールドセル」はオーバーフローゲージに入った後監督のセルが空いていれば再配布される。 また、 シナリオ固有キャラがセットされていないとセクション4での「ゴールドセル」は配布されない。 アンドロメダ学園の固有システムの解説 アンドロメダ学園固有キャラの適正の解説• アンドロメダ学園のシナリオ開始序盤に出てくる選択肢で「 超特訓を受ける」を選択します。 選択後、以下の効果が表れます。 すると 固有キャラ一人につき70オーバーフローゲージが溜まります。 ( 3人固有キャラをセットした場合の効果)• セクション4でのゴールドセルが配布され、 4つ目のシナリオ金特を取得できる。 アンドロメダ学園の固有キャラ アンドロメダ学園の固有システム「VR練習」「オーバーフローゲージ」の解説 「VR練習」とは、各キャラクターと練習する際に割り振られている「データセル」と呼ばれるものを獲得して「VR空間」を生成する練習になります。 その為、練習場所にいる仲間が多ければ多いほど「データセル」を獲得することができます。 「データセル」は 最大8個所持できます。 8個を溢れたものは「 オーバーフローゲージ」と呼ばれるものに変換されていきます。 (青色のゲージは8個をオーバーしていない状態) データセルが8個を超える場合や、8個取得している状態のデータセルの獲得は赤色のゲージになります。 また、ゴールドセルを含むかどうかで、ゲージのサイズに違いが現れます。 所持セルの枚数が同数の場合、左側のセルが優先される。 アンドロメダ学園の固有システム「データセル」の解説 セル名 メイン得意練習 効果 筋力セル 球速 スタミナ 筋力 肩 モブキャラ VR練習中に筋力ボナを付与する。 技術セル 打撃 守備 コントロール モブキャラ VR練習中に技術ボナを付与する。 敏捷セル (野手のみ) 走塁 モブキャラ VR練習中に敏捷ボナを付与する。 精神セル メンタル モブキャラ VR練習中に精神ボナを付与する。 変化球セル (投手のみ) 変化球 モブキャラ VR練習中に変化球ボナを付与する。 筋力ブーストセル 球速 スタミナ 筋力 肩 VR練習中に筋力ボナを付与する効果を高める。 技術ブーストセル 打撃 守備 コントロール VR練習中に技術ボナを付与する効果を高める。 敏捷ブーストセル 走塁 VR練習中に敏捷ボナを付与する効果を高める。 精神ブーストセル メンタル VR練習中に精神ボナを付与する効果を高める。 変化球ブーストセル 変化球 VR練習中に変化球ボナを付与する効果を高める。 ゴールドセル 監督 VR練習中に「超特訓」コマンドを行えば金特のコツを獲得できる。 破損セル イベキャラ モブキャラ 配置セルから押し出された時、オーバーフローゲージ量アップ。 練習場所コピーセル モブキャラ VR練習中に対象の練習場所をコピーする。 コツ獲得セル モブキャラ スカウト VR練習中に特殊能力のコツをランダムに獲得する。 タッグセル 彼女イベキャラ VR練習中のタッグトレーニングにボーナスがかかる。 回復セル 相棒イベキャラ VR練習中の練習後に体力が回復する。 タッグトレーニングでセルを獲得した場合の効果• 彼女から獲得できる「タッグセル」はタッグボーナスの効果をかなりアップしてくれるのでVR練習に是非組み込みたいセルです。 アンドロメダ学園固有システム「超特訓」の解説 「VR空間」生成の練習中のみ発動可能な固有システム「 超特訓」とは、先ほど説明した「 オーバーフローゲージ」を1つ消費するごとに発動できるシステムです。 獲得できる練習ボーナスが多いときを狙って発動すれば大量の経験点を獲得することができます。 この際重要になるのは、「イベキャラの基礎ボーナス」「VR空間の地形」「セットされているデータセル」がメインとなります。 その他にも「やる気効果アップ」「練習効果アップ」なども影響されると考えられます。 「超特訓」のコマンドが発動できるのは 「VR空間」生成中のみ可能で「VR空間」の滞在ターンが半分 になります。 発動タイミングが重要になります! アンドロメダ学園の選手育成の立ち回り解説 セクション1での立ち回り解説• セクション1中にできるだけイベキャラの評価を意識して上げる。 中盤~後半に向けてのタッグ練習で爆発させる準備をする為。 シナリオ固有キャラのセット数に応じて序盤の「 オーバーフローゲージ」の初期値が違うため、「 ゴールドセル」を取得するタイミングと「VR空間」を生成するタイミングを間違えると金特取得が遅れたり、できなかったりするので注意する。 セクション1は獲得するセルは効果が偏るものを複数獲得した方が良い、その方が序盤の経験点アップにつながります。 しかし「イベキャラコピー」セルを取得した状態で「VR練習」を行えれば対象のイベキャラが2名になり、練習した際 評価が上げやすくなるメリットがあるので狙ってもよいかも。 (セクション1での偏りの例)• メンタルキャラ編成時は できるだけ回復コマンドを利用しない立ち回りを心がける。 相棒キャラ編成時は積極的に一緒に練習してできるだけ「回復セル」を含んだVR練習をする。 アンドロメダの固有キャラを編成していない場合は、「オーバーフローゲージ」が 0からスタートなので、どこかでオーバーフローゲージを貯めることが必要になる。 (セクション1で上手くいった練習の例) (セクション1で上手くいった例) アンドロメダ学園育成時に特に差が出るのはセクション1の立ち回りだと思います。 失敗時で1500~2000点位、上手くいけば3000点以上が出るようになります。 セクション2での立ち回り解説• セクション1終了時にデータセルを持ち越している場合、監督はすぐに「 ゴールドセル」が配置されないので注意する。 仮に配布されていない場合は「やる気」セルが監督に配布されている。 一度VR空間を発生させてそれが終了しだい再配布されます。 「VR空間」の適正に合った練習をできるだけ選択していく。 筋力ボーナス効果アップ中なら筋力ポイントを意識して獲得するようにする。 その方が効率よくポイントを獲得できる。 デッキにセットしているキャラクターの基礎ボーナスを確認して、より効果が高いところを意識する。 順調にいっていればタッグボーナスでそこそこの経験点が獲得できるようになっていると思われます。 ポイントも割り振りオーバーしないように気を付ける。 メンタル練習を活用しながらいかに休まずに切り抜けるかを意識する。 彼女編成時は「 タッグセル」をVR練習に意識して組み込むと獲得経験点にかなり差がでる。 セクション3での立ち回り解説• セクション2終了時にデータセルを持ち越している場合、監督はすぐに「 ゴールドセル」が配置されないので注意する。 タッグ練習が順調にきていれば、おそらくポイントに偏りが出始めているケースが多い。 その為 データセルを足りない経験点が獲得できる空間を生成できるように調整して獲得していく。 彼女編成時は「 タッグセル」をVR練習に意識して組み込むと獲得経験点にかなり差がでる。 セクション4での立ち回り解説• セクション3終了時にデータセルを持ち越している場合、監督はすぐに「ゴールドセル」が配置されないので注意する。 セクション4の「ゴールドセル」は シナリオ固有キャラをセットしていないと配置されないので注意する。 タッグ練習が順調にきていれば、おそらくポイントに偏りが出始めているケースが多い。 その為データセルを 足りない経験点が獲得できる空間を生成できるように調整して獲得していく。 「VR練習」ができるのは残り 8ターン目までなので、終わりを意識してセルの獲得や空間作成を行う。 彼女編成時は7ターン目以降終わっていないイベントを一気に済ます。 編成していない場合はタッグ練習でさらなる経験点獲得に挑む。 相棒編成時は残った遊ぶコマンドもここで消費する。 適正キャラは随時追加いたします。 アンドロメダ学園での選手育成立ち回りにおける4つのポイントまとめ• に比べてシナリオ金特は若干弱いが、経験点の暴力でそれをカバーできる。 デッキパワーが低くても、基礎ボーナスが高い選手を編成すれば経験点9000点や経験点10000点チャレンジをクリアするには最適な高校である。 固有イベキャラさえ編成すればシナリオ金特が4つ簡単に取得できる高校なので高査定選手の育成を見込める。 に比べてシナリオ金特は強いが、システム上現在では投手育成はに分がある。

次の

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園の全デッキ共通の立ち回り【パワプロ】

アンドロメダ学園 超特訓を受ける

アンドロメダ学園高校投手オススメデッキ。 超特訓で大量経験点獲得を狙ったデッキ。 獲得経験点が変化球・筋力に偏りやすいので、ゲージ獲得は技術・精神を中心に獲得していこう。 特に精神経験点が不足しやすいので虹谷彩理のイベントで精神練習を獲得できるようにしていきたい。 また、夢城もイベントでの獲得経験点で精神ポイントを取得しやすいのでオススメ。 経験点は基本的にVR空間練習で 得意練習の複数タッグを行っていこう。 超特訓は金持取得を優先したいため、経験点の総数が1,000を超えるようなタッグの時以外は残しておく方がいい。 『あっ、これ投手高校だわ』。 精神ボーナス持ちの大谷とかルシファーを真怪童・新怪物・猪狩デッキに突っ込んで超特訓するゲーム。 マントル超えられる可能性あると思う。 まともなアンドロメダ投手キャラきたら壊れる。

次の

サクセス/アンドロメダ学園高校

アンドロメダ学園 超特訓を受ける

種類 効果 各経験点系セル (基礎ボーナスセル) 対応する経験点がアップ 各経験点系ブースターセル 対応する各種経験点系セルの効果がアップ コピーセル そのイベキャラのコピーを生成 コピーと練習すると本人の評価がアップ 練習場所系セル 対応する練習場所が増え、効果もアップ 変更されるのは、対応する練習の右隣 やる気セル VR練習開始時にやる気がアップ 練習後回復セル 練習後に体力が回復 タッグボーナスセル スペシャルタッグボーナスがアップ ブルーセル 練習後に特殊能力のコツを獲得 ゴールドセル 監督が所持。 超特訓の練習後に超特殊能力のコツを獲得 破損データセル 押し出されたときにオーバーフローゲージが大きくアップ データセルの割り当ては以下のルールで行われる。 持続ターンは発動時のデータセルの数で変わる。 4~5個で2ターン、6~7個で3ターン、8個で4ターン。 VR空間では空間に対応したボーナスと所持しているデータセルの効果が得られる。 生成される空間は、回収しているデータセルの種類が最も多いものになる。 最多のものが複数ある場合はプレートの左に配置されているものが優先される。 全てが同数の場合、カオス空間となる。 基本的に空間で強化される基礎ボーナスと同じ種類の基礎・ブースターセルが対応している。 空間の種類とセルの対応は以下の通り。 空間 特に強化されるボーナス 対応するセル 雪山 筋力 筋力系基礎・ブースターセル ジャングル 敏捷 敏捷系基礎・ブースターセル 月面 技術 技術系基礎・ブースターセル 荒野 精神 精神系基礎・ブースターセル カオス やる気効果アップ なし 対応なし 上記以外のセル VR空間で練習するとオーバーフローゲージが上昇する。 上昇量は人数が多いほどアップ。 超特訓と超特殊能力のコツ VR練習でのみ、オーバーフローゲージを消費して発動可能。 発動すると その週のみ練習効果が大幅にアップするが、VR空間の残りターンが半減する。 各セクションでゴールドセルを含んだVR空間を生成して超特訓を発動すると超特殊能力のコツを獲得できる。 セクション4はシナリオ所属キャラがデッキに入っている場合のみゴールドセルが獲得可能。

次の