まんがばんくキングダム。 マンガ倉庫(公式HP):高価買取&お宝発見!リサイクルショップ マンガ倉庫

漫画・電子書籍ならコミックシーモア|無料で楽しめる!

まんがばんくキングダム

大人気 春秋戦国時代漫画 しゅんじゅうせんごくじだいまんが キングダム、8月22日発売のヤングジャンプに二週間ぶりに掲載されました。 瀕死 ひんし の健康状態ながら、なんとか 堯雲 ぎょううん を 瞬殺 しゅんさつ した 王賁 おうほん 、しかし、すでに体力は限界らしくここで退却する事になります。 残った飛信隊は、 李牧 りぼく の中央軍へ突き進む事になり、すでに 河了貂 かりょうてん が先遣隊として 那貴 なき の軍勢を差し向けていましたが、 そこには、すでに李牧の計略が張り巡らされていました。 果たして飛信隊は無事に李牧の計略を突破し 王翦 おうせん の 目論見 もくろみ 通りに李牧軍を 挟撃 きょうげき できるのでしょうか? さっそく二週間ぶりのレビュー考察に入りましょう。 キングダムファン向け:キングダムに関する 関連記事: 関連記事: この記事の目次• キングダム最新611話ネタバレ「若の勝利に感涙する玉鳳隊」 王賁が堯雲を秒殺した知らせは、秦軍の右翼で激闘をしている 玉鳳隊 ぎょくほうたい に伝わりました。 さあ、王賁が馬に乗るのもやっとの状態だと知っている玉鳳隊は大感激です。 「若!あの状態でよく堯雲めを・・!!」 親バカぶりを発揮して涙を流す番 陽 ばんよう や 関常 かんじょう 、、まあ無理もありません。 一歩間違えば、十三日目の戦いで堯雲に首を獲られていたかも知れない王賁が死ぬことなく大手柄です。 玉鳳隊は、趙の大旗を引きづり降ろし、代わりに玉の旗を立てます。 さらに、玉の旗の隣には飛信隊を意味する飛の旗も 翻 ひるがえ っていました。 おいおい!飛信隊が何やったよ!! 堯雲隊を怒らせて、余計に王賁を疲れさせ、、いやいや、、堅い事はいいっ子なしです。 kawausoも、奇遇にも信や王賁と同じ感想ですね、この堯雲たるやキングダム最高の不思議ちゃんでした。 朱海平原の戦いの最中で、突如夢で未来が見えるようになり、李牧が死ぬと 仄 ほの めかしてカイネにキレられるわ 王賁を落馬する所まで追い詰めたのに首は取れないわ、それなのに「死んだ」と適当な報告するわ 神のように崇めている筈の 藺相如 りんしょうじょ の第二の遺言を、戦いの途中まで忘れてしまっているわで、全く不思議な武将でした。 まぁ、信と王賁は秦王政と同じように遥か中華の未来を見据えていると感じたようですが・・ 確かにスピリチャルな人だったので、未来を見ているとはいえなくも・・まあいいや ただ、王賁は堯雲を倒した事で、力を使い果たし、王翦の本隊への救援にはいけないようです。 それは 亜花錦 あかきん にも伝達されているので、 馬南慈 ばなんじ を相手に活躍するのは亜花錦でしょうね。 キングダム最新611話ネタバレ「目指すは中央李牧!」 堯雲が討たれた事は、趙軍左翼全体に伝わり、完全に戦闘能力を失くしたようです。 そこへ、娘軍師、 河了貂 かりょうてん が飛び込んできて、すかさず秦軍右翼の完全勝利を宣言します。 この一言で意気上がる秦軍右翼ですが、信だけは浮かない顔をしていました。 どうやら、この戦いで松左を始め、多くの味方を失って感傷的になっている模様。 はい、早速、堯雲から伝えられた藺相如の第二の遺言を忘れています、この人。 「どんな事があっても、振り上げた刀は最期まで振り落とせでしょ!」 幸い、頭は信の10倍は良さそうな王賁が疲労困憊の体を推して言います。 「まだ、朱海平原の戦いに勝ったわけじゃない!」 そうです、そういう事ですよ王賁さんコココ・・・・ やっと気力を奮い起こした信は、飛信隊に檄を飛ばします。 キングダム最新611話ネタバレ「先遣隊那貴に李牧の計略が襲い掛かる」 抜け目がない河了貂は、すでに 那貴 なき を先遣隊として李牧の本陣へと突進させていました。 その頃、王翦vs李牧の戦いは激しい混戦状態、しかしながら僅かながら王翦優位に戦況は傾いています。 理由は、すでに秦軍右翼が趙の左翼を突破した事が知られている事でした。 そして、そこに飛信隊の那貴が飛び込んでくれば一気に形勢逆転、、と思いきやそれでも李牧は余裕でした。 こんな事もあろうかと、すでに李牧は馬南慈を呼び戻し、李牧の中央軍の後方に配置して 飛信隊がやってきたら遊撃するように命じてあったのです。 そればかりではなく、趙軍左翼から中央までのルートには金毛が配置されていました。 キングダム最新611話ネタバレ「那貴毎回の無理ゲー!」 そんな事とは知らない那貴、李牧の中央軍に近づくと、 金毛 きんもう 軍から大量の矢の洗礼を受けて数を減らします。 那貴は中央突破を回避して、中央の李牧まで迎えそうなルートを探そうとしますが、そこにも李牧の伏兵が配置されていました。 後続の本隊を率いる河了貂は姿を現わした金毛軍を討つべく掃討を命じます。 いやー、河了貂の指図で、こんな死地に押し込まれて一転ピンチなんて飛信隊の主要メンバー、那貴遣いが荒くないですか? 一方の金毛も、進退が極まり、「慶舎の仇を今こそ討つ」と総力戦を受けて立つ事になるのです。 キングダム最新611話ネタバレ「デカ女糸凌とチビ女カイネの激突」 同じ頃、李牧軍では倉央の副官、 糸凌 しりょう が李牧の 喉元 のどもと まで迫っていました。 それを見て、李牧大好きっ 娘 こ のカイネが動きました。 そりゃあそうでしょう、デカイ女が、当たるを幸いに双刀を振り回して李牧に近づいているんですから 「李牧様が危ないっ!」反射的に飛び出していくカイネ、、ここでは女の戦い 勃発 ぼっぱつ か? 煽り:秦の右翼軍に期待しても無駄だ、、あざ笑うような李牧の計略に、再び道を阻まれる飛信隊。 そして、今度は、金毛vs那貴の戦いが始まりそうな予感、、 おいおい、この調子だと決着つかないまま、また年を越すんじゃあないか? 怒涛のロングラン漫画キングダム、第612話を期待して待て!! キングダム612話予想 李牧の秦軍右翼に頼っても無駄だという意味が明らかになりましたね。 中央軍の側面に金毛を配置して、矢を飛ばさせ、中央軍の後方には、趙左翼から引き抜いた馬南慈軍を配置して遊撃隊として活かす。 そして、この二人を排除した後には、どこをほっつき歩いているか不明な 龐煖 ほうけん が登場して、秦の兵士をなぎ倒してトドメを刺そうとし、 これを疲れ果てた信が、なんとか撃破するんだと思います。 とりあえずは、その辺りまで予想してみます。 追記:キングダム612話では大きな動きがありました。 もう少し、後になるかと思われた龐煖が再び登場します。 それは、飛信隊の戦場ではなく、李牧と王翦が対決するど真ん中への出現でした。 アフウウーンとエロい 喘 あえ ぎ声をあげながら、エクスタシーに 嵌 は っている糸凌の前に出てくる龐煖。 キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言 やっと、李牧の中央軍が見えてきた所で、再び障害登場。 なかなか、スムーズに進みませんが長い目でウォッチしてみます。 キングダムについて、言いたい事がある人は下記のコメント欄からドシドシコメントを下さい。 キングダムファン向け:キングダムに関する 関連記事: 関連記事:.

次の

〔予約〕キングダム 58/原泰久

まんがばんくキングダム

スポンサーリンク 羌瘣が、蚩尤族の禁術「命の力を分け与える術」を発動へ 涙を流して信の死を悲しむ飛信隊のメンバーたち。 河了貂 「それで信が生き返るの!?」 羌瘣 「分からん、やったこともないし、呪語も覚えていない」 河了貂 「えっ」 飛信隊の面々は、驚いた表情で羌瘣の様子を見つめます。 羌瘣 「とにかく思い出しながらでも、やるしかない、これしか手は・・・」 羌瘣は深く息を吸い込むと、子どもの頃に習った禁術を思い出そうと集中を始めます。 幼少時代を共に過ごした羌象(きょうしょう)との思い出が蘇ります。 羌瘣 「第一の門、くぐり、第二の門、内から開くのを待て」 羌象 「あんた何、やばい禁術、やろーとしてんの」 羌瘣 「やばいの、これ?」 羌象 「絶対やるなって言われたじゃん、しかも、うそっぱちで、おかしなことになるから」 羌瘣 「うそっぱち」 羌象 「そう」 このとき羌瘣は、死んだ鳩を蘇らせようと禁術を試みていました。 羌象 「死んだやつを生き返らせる術なんて、この世に存在しないってさ」 頭の中で羌象との会話を思い出した羌瘣は 「死んだものは生き返らない」という言葉に辿り着きます。 動揺する羌瘣の表情に気付いた飛信隊のメンバーたちが 「どうした」と声をかけます。 そして、羌瘣は涙を流しながら 「そんな術はない」という言葉を、頭のなかで繰り返します。 ひとりで悩み、悲しみにくれる羌瘣に、尾平が声をかけます。 尾平 「羌瘣、もう・・・」 羌瘣 「うるさい!」 羌瘣は再び、羌象との会話の続きを思い出そうとします。 羌象 「さあ、いくよ」 羌瘣 「んー、でも、うそっぱちなら何でずっと伝えてきてんの?」 羌象 「・・・、さーね。 しかし、羌瘣は目の前に横たわっている信の遺体を見て、決意を固めます。 羌瘣 「これ以上に最悪なことはない」 スポンサーリンク 羌瘣が「最悪なこと」をかけて信の蘇生に挑む 羌瘣は、呪語を唱えはじめます。 ・・・第一の門 くぐり・・・ 開かずの第二の門 心の手で解かし・・・ 白き橋へ それ即ち 盤古の橋 蚩尤、枉矢 旬始、天鋒 来天の王 光の雨に 地が興る 天は地へ 地は天へ 陰陽の奥儀 羽仙と地仙は うねり歌う 人の身は土くれ 人の血も土くれ 人の命は蓮華の光 人の命は、唯・唯・光 呪語を唱える羌瘣の目は見開いて、血走った状態です。 さらに顔には亀裂のようなものが見えます。 まだ信には何の変化もなく、ただ目を閉じて横たわった状態です。 羌瘣 「よし、繋がった、たぶん」 飛信隊のメンバーたちは何が行われているのかも分からず、唖然とした表情です。 羌瘣 「行ってくる、変化があったら、皆で信を呼んで」 この言葉に対して、飛信隊のメンバーたちは、ザワつきます。 「えっ」 「なんて言った、今」 「えっ、どういう・・・」 しかし、このような声に反応することなく、羌瘣は首をガクリと落とし、意識を失ってしまいました。 NEW! 羌瘣 「な、何ここ、何も無い、信も・・・」 遠くに、誰か立っている人影が見えます。 羌瘣 「信・・・じゃない」 人影へと近づいた羌瘣は、その姿が幽連であると認識します。 羌瘣 「い、いや、姿は幽連だけど、気配が全く・・・違う・・・」 その幽連の姿をした男が、羌瘣に向かって話しかけます。 幽連 「ここが天地の間の門戸だ、ここより先に行くには、お前の命、寿命をいくつかもらう」 羌瘣 「寿命?」 幽連 「そしてそれはお前が決めろ」 羌瘣 「えっ」 驚いた表情の羌瘣のところに、羌象が登場します。 羌象 「そういう術なんだ」 羌瘣 「あっ、象姉」 羌象 「お前の寿命を減らすことでしか、あの男は救えない」 さらに幽連らしき男によると、 死んだ直後であれば、2分の1の確率で蘇生できるが、 間の世界の奥底まで進んでしまっている人間を救える可能性は10分の1 さらに術者(ここでは羌瘣)の寿命を半分使うとのこと。 羌象 「だからやめときな、お前だけ帰れ」 幽連 「よーく考えな、羌瘣、答えるのは一度だけだ」 羌瘣 「そんなの即決だ」 そして、羌瘣は続けます。 「全部やる」 「どうしても死なせたくない、信を」 「私の命、全部やるから」 「あいつを助けに行かせてくれ」 羌瘣の表情には迷いはなく、晴れ晴れとした表情で、自身の命を全て差し出すことを表明しました。 幽連 「バカが、行ってそのまま死んでこい」 この言葉をきっかけとして、羌瘣の身体が消えていきます。 そして、羌象と幽連の前から、羌瘣は消えてしまいました。 真っ暗闇で意識を取り戻す羌瘣。 その羌瘣の前には、明らかに信だと思われる男が立っています。 次号予告コメント: 信からの応答は・・・!?.

次の

マンガ倉庫(公式HP):高価買取&お宝発見!リサイクルショップ マンガ倉庫

まんがばんくキングダム

玉鳳隊について 王賁が率いる部隊。 キングダム登場時は、飛信隊と同じく特殊三百人隊で、遊軍として独自に戦場で働いています。 貴士族が中心で構成されているため、農民出身者が多い飛信隊メンバーに比べるとはるかに立派な装備をそろえていますね。 井闌車 のような大型攻城兵器も隊で持ってるほど。 秦国内でも屈指の名家である王家に仕えているプライドからか、気位が高くて身分が低い飛信隊を小ばかにする言動が当初ありました。 しかし、ともに戦場で切磋琢磨する飛信隊の働きを認めるようになります。 玉鳳隊のメンバー 王賁(おうほん) 昨日ドル円買ってしまった人は損切りしたほうがいいですよ。 下落のほうが速度は速いですからね。 キングダムの玉鳳隊・王賁のようなヘッジファンドがヨーロッパ・アメリカの時間で仕掛けてきますよ。 — 玉三郎 天下の億トレ大将軍 5ngTama 父は王翦。 秦国の若手の中でNO1の実力者といわれています。 志がとても高く、出世欲もあります。 幼き頃から槍術に励み、槍の達人。 自陣の戦局だけではなく、秦国全体を盤面として使うことが出来る数少ない人物。 その能力は王騎の副官を務めた騰も認めるほどです。 王賁の幼少期から教育係として成長を見続けてきました。 武骨で実直に働く老将。 王賁は槍の天才と呼ばれていますが、それは才能だけでなく日々鍛錬をかかさなかったたゆまぬ努力の末というのを知っています。 王家への忠誠心は高いですが、王家の次期当主としてだけでなく、王賁個人に対する献身ぶりは相当なものです。 そのため、戦場では体を張ってたびたび王賁を救います。 その前は王賁の父である王翦軍に所属していましたが、王翦の指令で派遣されてきました 王賁のことは「若君 わかぎみ 」と呼んでいます。 「突いては引く」が関常隊のやり方で、王翦のように確実に勝利する策を優先します。 そのため、 魏の「槍の紫伯」と戦うことを辞めてほしいと忠言しますが、王賁は 「中華に名を刻む大将軍には決して届かぬ」といって決して引きません。 何度も 紫伯と戦い 、激戦の末に 紫伯を討ち取ります。 関常はそんな 王賁をずっとサポートし続けました。 宮康(きゅうこう) だけども俺は寝るぞ宮康 — 憲じぃ ebiperorin 関常隊のメンバー。 大きな鉄球が付いた棒状の武器を使う巨漢です。 王賁が 何度も 紫伯とぶつかっていく際、関常とともに戦いますが、「うちらしくない乱戦」とこぼしています。 スポンサーリンク 松琢(しょうたく) 関常隊のメンバー。 口元を顔あてで覆っている小柄な二刀流使いです。 もー」と不平を漏らしています。 黒金(こくきん) 玉鳳隊の騎兵。 割と冷 静なメンバーが多い玉鳳隊のなかでは血の気の多い性格です。 右目を走る傷があります。 魏軍(紫伯)と戦い「手応えのない。 魏火龍という敵も全く出て来ませんな」と言うと番陽に「油断するな」と指摘されています。 魏軍と対峙しどちらも動かない時には、「久々にこっちからしかけるか」と発言して王賁に止められています。 楽華隊について この蒙恬可愛くない? 楽華隊好き — まいこ in2moo 蒙恬が率いる部隊。 キングダム登場時は、本来なら千人将格でしたが、修行のために飛信隊と同じく特殊三百人隊として働いていました。 秦国では名家である蒙家のおぼっちゃん蒙恬が率いているため、メンバーも士族が中心と思われますが、玉鳳隊とは違って飛信隊を小ばかにする発言などはせずにニュートラルな立ち位置です。 飄々とした蒙恬の性格が反映されています。 策にのっとった緻密な戦い方と、泥臭い戦い方どちらでもこなします。 祖父は秦国将軍の白老・蒙驁。 父は秦国最強の武を誇る大将軍・蒙武。 弟には軍師志望で才能溢れる蒙毅がいます。 祖父の蒙驁は「蒙家三代でもっとも才能がある」といっています。 お気楽で人見知りしない飄々とした性格で、元下僕の信にも好意的に接します。 人見知りせずコミュニケーション能力に長けていて、信と王賁の間をうまく取り持って3人で連携して作戦を遂行することができるのは蒙恬のお陰です。 昌平君の軍師養成学校でも優秀さを発揮し、知略に秀でるだけでなく、馬を駆りながら敵を次々と打ち破る剣技もある知略と武勇をあわせもつ非常に優秀な将です。 普段は柔和で飄々と戦闘を進めていますが、いざとなれば泥仕合も辞さない凄まじい戦い方ができるのが蒙恬の強みです。 じぃ 楽華隊で常に蒙恬の傍らで補佐する老将。 蒙恬とともに何度もキングダムに登場していますが、「じぃ」としか呼ばれておらず名前がわかりません。 蒙恬の幼少から成長を見守ってきた教育係。 蒙恬が自ら突撃するときは「じぃ」に隊を任せます。 蒙恬が「夢は天下の大将軍」と言うと、涙を流し喜びます。 「蒙恬の子供を抱くまでは死ねない」と高齢ながら蒙恬を支えています。 陸仙(りくせん) 楽華隊の副将を務める若き騎兵。 目立った活躍はありませんが、蒙恬を支える有能な補佐役。 重騎隊を率いて敵に突撃することが役目。 真面目な性格で、伝文や各隊の報告すら読まない蒙恬を裏でサポートしています。 高目(こうもく) 楽華隊の騎兵。 合従軍の戦いで、楽華隊は騰軍に配属されて、楚軍の禍燐に包囲されます。 楽華隊が楚軍の背後を突き騰軍を助けるときに、蒙恬と共に行動しています。 蒙恬の戦術に感嘆し、言葉を失っています。 まとめ 今回は玉鳳隊&楽華隊のメンバーを一覧形式で詳しくまとめました。 飛信隊ほどメンバーの露出はありませんが、飛信隊と連携をとることも多いため玉鳳隊、楽華隊ともに何人かメンバーが登場しています。 士族中心で構成されているため、規律が整っており規範にのっとった行動をする印象です。 強烈な個性を放つ桓騎軍メンバーとは対照的です。 玉鳳隊、楽華隊は飛信隊とともに中華統一に向けてしのぎを削りながら、時に連携して戦っていくでしょう。 今後、個性的な新しいメンバーが出てくるでしょうか。

次の