コロナ 次 亜 塩素 酸 効果 ない。 「次亜塩素酸水」の消毒薬としての評価に厚労省と経産省で食い違いの謎

殺菌効果はある?注目される「次亜塩素酸水」で割れる見解

コロナ 次 亜 塩素 酸 効果 ない

次亜塩素酸ナトリウム水溶液 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム水溶液を混同してる人が多いので、どの人がどっちの有害性について述べているのかさっぱりわからん。 うちでは何年も前から次亜塩素酸水を使ってる。 安全性が高い方。 ハイター薄めたやつはテキトーに使ってはいけない。 — おいしいまりかふ marikaf 私自身もわからない、謎の使命感で何度でも言わせてもらいます。 次亜塩素酸ナトリウムをなにかで混合したものは「次亜塩素酸水」ではありません。 「次亜塩素酸水溶液」です。 そして、いまネットで販売しているほとんどの商品が「次亜塩素酸水溶液」の方なのです。 — はんす【午前0時からの読書】 likehanscastorp 次亜塩素酸ナトリウム水溶液の殺菌作用は疑う事はないし、消毒用としては界面活性剤とかが入っている漂白剤を希釈するより良いのだが「噴霧は止めれ」あと、目、口や肌についてもダメだから。 肺に次亜塩素酸を吸入することはきわめて危険です。 COVID-19はウイルスが肺を犯す急性疾患ですよ。 直ちに止めましょう。 — こなみひでお konamih 次亜塩素酸ナトリウム水溶液だけでなく,次亜塩素酸水溶液を室内に噴霧して,それを吸入すると健康を害するという件は,日本化学会あたりから公式に声明を出してもいいと思う。 — tsuyu2011 tsuyu2011 消エタがないから次亜塩素酸Na水溶液をスプレー容器に入れて使いたい、という相談を複数受けましたが、エアロゾル吸入による健康被害が生じ得ます。 食器とか台ふきとかを漂白殺菌してるアレです。 んで、ちょいと歴史に詳しい人なら、WW1で使われた毒ガスが塩素ガスだって事も知ってると思います。 「空気除菌」なんてとんでもない。 職場を「シャワー室」にするかの行為。 絶対に止めましょう。 — 衛生兵(手を洗い、うがいをし、顔を触らない達磨) combatmedic 最新状況追記:謎のカンコク除菌水!知らずに使っている方はいませんか? 話題はこの方の話に遡ります。 なお、銅イオンを含む水は「無機銅塩」として 劇物指定される危険物 決して体にいいものではないことが明らかに。 こちらのスプレー、自宅・店舗などで置いてあったときは、 くれぐれも使用しないよう気を付けて。 恐らく「銅が菌に効く」というふわっとした知識をもとに作られたものなのでしょうが・・・ コロナに対する危機感に付け込んだ 悪質商品です。 お気を付けください。 日本の同様の商品を、名目だけパクった粗悪品です。 国産のきちんとしたものを購入してください。 pH計測の結果弱酸性のためアルカリ電解水の線は消え、遊離残留塩素が限りなく0のため次亜塩素酸水もありえず、透明容器に移した際の「溶液の色」が薄い青色であり、TDS(総溶解固形物)メーカーによると0. 1%ほどの溶解物があることから「ただの水」でないことは確実です。 — かずのすけ kazunosuke13 その後溶液の色から「銅イオン溶液」という当たりをつけ、無機化学的な性質からアルカリ性に傾けると青白色沈殿を生じたことからほぼ確定で「銅イオン水」である可能性が非常に高いと考えられます。 銅イオンを含む「無機銅塩」は劇物指定される危険物です。 低濃度溶液でも安全性には疑問が残ります。 — かずのすけ kazunosuke13 先日、でんじろう先生が宣伝しているエーザイの「イータック」を購入しました。 こちらはウイルス・菌が気になるところ(ドアノブとか手に触れる場所)にシュッ! とスプレーし、ウイルス・菌を除去、抗菌作用が1週間持続! という製品です。 エーザイが作ってますので、もちろん国内産製造。 ここ最近コロナ関連で除菌製品がたくさん出ています。 きちんとした国内メーカーが作っているものはともかく、そのおこぼれを狙ってわざとパッケージを似せて錯誤させる外国産の粗悪品なども多くあります。 お店などで見かけたときはすぐ飛びつかず、アマゾンやツイッターでレビューを検索してから購入したほうがいいと思います。 こうした製品、決して安くはありませんので、変なものを買うとお金がもったいないです。 追記:アルコール71%をうたう製品の濃度、実際には5~30%(韓国製洗浄剤) 「アルコール71%」本当は5~30% 韓国製洗浄剤で虚偽表示 景品表示法違反に当たるとして、化粧品輸入会社「メイフラワー」に再発防止命令。 商品やラベルは韓国で製造されたという。 同日に買った蒸留酒の方が信用が置けそう。 — SIX sieiri3 自分が歌舞伎町のダイコクドラッグで買った洗浄剤を見た所、別企業ながらこいつも韓国製だった・・・。 同日に買った蒸留酒の方が信用が置けそう。 — SIX sieiri3 クレベリンで「空間除菌」あれが効果がないことは明白なのです 「空間除菌」なる言葉を使う 商品の売り込みは単なる営業トークであり、害は有っても利は無い、 基本断ってるんですが こういうのは大体科学的裏付け無し。 本当に次亜塩素酸ナトリウム水溶液を 殺菌できるレベルの濃度で散布したら 肺と皮膚、粘膜に炎症起こすわい。 引用元 医学的レビュー (日本環境感染学会誌より) 湿度50-70%環境下であれば,20-30 ppb程度の低濃度ClO 2にも抗ウイルス効果はあった.だがそれは,感染管理の視点からは,患者から空間に放出され一定時間経過後残存する活性ウイルスの絶対数から見れば, 湿度自体による大幅な感染リスクの減弱にやや上乗せされる程度の効果でしかない. 一方湿度30%では,この程度の濃度では 感染リスクの低下はほとんど望めないことが,明らかになった. 引用元: (日本環境感染学会誌より) なんとかビジネスを再開させようと、「〇〇で除菌してるので安全です!」というのがいろいろあります。 その中に二酸化塩素によるものありますが、"効果"がわかりやすい写真を数年前撮ってました。 クレベリンの横に、うっかりカミソリの替え刃を置いて、数日経った結果です。 こんなん散布しますか? — タナカケンタ tanakafreelance ヒッ・・・これは体に絶対よくないやつ・・・死ぬやつ クレベリンとかもそうだけど、空間殺菌とか、本当怖いんでやめてください。 仮に効果があるとしても ウイルス殺すような強力なもの、肺で吸うんですかね? 頼むから、余計なことは何もしないで手洗いうがい換気だけして…なんで行政が言ってない余計なことをしだすの、という感じはする — Arata arata04 クレベリン製造メーカーの社長が日経夕刊に登場。 社長は除菌、抗ウイルス効果に自信満々。 しかし、効果があるというエビデンスはない。 効果があると宣伝すれば、薬機法違反だ。 あれを買ってきて頂戴!」 私「あー(クレベリンね。 あれ効果ないよ」 母「なくても良いのよ。 それ言ったら「あっ」って言って期待するほど効果ない事にやっと気付いた。 — ゆすら yusula 追記: クレベリンを扱う5社5月15日、消費者庁より行政指導を受ける 「身につけるだけで空間除菌」は根拠不十分。 — ohesotori ohesotori 市内某所の7-11で見かけたんですが… 加湿器で焚いてるそうです。 — ちたにち【不要不急の配達員】 chitanichidiary 次亜塩素酸はその強い酸化作用でウイルスを不活化させます。 当然皮膚や粘膜にも同様の障害を引き起こします。 吸入されれば肺でも同じことになります。 つい先日トランプ大統領が「消毒液を注射してはどうか」というトンデモ発言をして非難を浴びましたが,あれと同じ発想の愚行です。 — こなみひでお konamih ウイルスが室内の空気中に浮遊しているとすると,微小な水滴やほこりに乗っているはずです。 その種の汚染を除去するには空気清浄機を使いましょう。 安全で確実です。 — こなみひでお konamih 中国で起きた事例。 ハイターを原液で使いすぎてコロナ様の肺になった女性たち コロナを防ぐつもりが、消毒・除菌をしすぎたことにより、コロナ様の肺になってしまった事例が中国で出ています。 「消毒の後、窓を開けて換気することも知らなかった」物凄い臭いだったはず。 日本じゃやらんよね 笑 — しんちゃん@こっちが本アカウント! YamamotoShinta 化学知識がないと、怖いことを平気でやってしまう・・・だから気を付けましょう!! 最初の頃あまりにもハイターが売り切れてて!みんな次亜塩素酸ナトリウムをそんなにどこに使うのあぶないよ?と、思ってたら、中国でアレルギー性肺炎になった人いたってね。 次亜塩素酸水の塩素臭もだめな人はだめって言うし。 知識大事。 — usAginoMimi PaloMiNocode 中国で次亜塩素酸水を濃く作りすぎて肺が変になってる人いたよね。 日本でも顔がただれた人とか。 100倍でいいんだよね。 次亜塩素酸はほんの少し。 できない人は薄めなくていいキッチン泡ハイターを見つけて買うのがいいと思う。 最近まあまあ売ってる — ポンポン ponpongiant コロナ対策でハイターを部屋中に撒いて、塩素ガスで肺をやられたって、化学知識ないのは危ないな 中国の話 — gazonk gazonk 消毒液に漂白剤活用…注意点は 商品ごとに異なる分量 次亜塩素酸[ナトリウム]飲んで病院に、という某政党の人もいましたが。 分かりやすく言えば『漂白剤のハイターを飲んだ』のよ…危うく死ぬってば。 ハイターやブリーチは扱いに非常な注意が必要な薬品です。 健康のために、却って化学熱傷や肺を傷つけてはもとも子もありません。 ここ最近のコロナ禍で、ふだんこうした薬剤の扱いに慣れてない人まで使うことにより、よく注意書きも読まず、こうした薬剤を誤った使用の仕方をする人も増えています。 どうかこのあたりの塩素系の薬品を扱うときは、充分に注意するようにしてください。 お子さんの手に届くところにもどうか置かないで。 スプレーにすると呼吸器に吸い込んでとても危険です。 どうかご注意ください! 【使い方は大丈夫?消毒用アルコール】 新型コロナウイルス感染症対策として、手指の消毒等のため、危険物に該当する、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。 (令2.5. (令2.5. 何年越し・数か月ごしでの返信になった方、遅くなりすみません。 コメント頂きどうもありがとうございました。

次の

次亜塩素酸水があまりコロナには効果がない、噴射は良くないなどのニュース...

コロナ 次 亜 塩素 酸 効果 ない

次亜塩素酸水の消毒について 現在コロナウイルスの影響でアルコールが品切れ状態です。 それの代替品として次亜塩素酸水というものを見つけました。 調べているとアルコールはノロなどのウイルスには効かないが、こちらは効くなどどちらかというと次亜塩素酸水のほうが有用性があるのではないかと思います。 なのになぜこちらは消毒等であまり人気がない?広まってないのでしょうか? それこそ次亜塩素酸水での手指の消毒等を行ってよいでしょうか? 教えてください 補足次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)を同じものをしている回答が多いです。 次亜塩素酸水は人体に無影響だと書いてありますし物によっては手指の消毒にもと書いてあります。 効果的なものはどうなんでしょうか? それこそ質問の内容もダメでしたね。 すみませんでした。 効果そのものを聞きたいです。 よろしくお願いいたします。 次亜塩素酸水について最近調べているものです。 次亜塩素酸水の効果は部分的に認められているような記載も見ますが、あまり一般的ではないようです。 厚生労働省などが公式に推奨しているのは、アルコールもしくは次亜塩素酸ナトリウム他(あとはホルムアルデヒド、エチレンオキサイドなど一般的に普段扱うことのないもの)です。 次亜塩素酸水は効果時間が短いようなので、専用の容器がない場合は作ったあとはすぐに(1日から数日)使用するようにしないと効果がないということも考えられると思います。 だから個人的にはこまめに作って使おうかと思っております。 いろいろ読んでみたところ、おそらく効果はあると思っています。 ただし、使い方が難しく、密閉かつ遮光性のある容器に入れないと短期間で分解されてしまうなど、不安点も感じます。 また、一般的にまだ広く知られていないので、メインの消毒用として使用するには他人に心配をかける懸念もあります。 手指消毒に使用するときは一番濃度の薄い50ppmでするのが良いかと思います。 (まだ自分で試していないので製品のよく説明をよく読んで判断して下さい) 比較的に安価で大量に使えて、食材などにも使えるのが長所でありますので、人の触れる食器にかけたり、ドアのノブや机など広範囲を、頻回に消毒するという使用方法で、品薄になっていてあまり豊富に使えないアルコール消毒液の補助として使うつもりで、いまのところは考えています。 専門家の人が使用上の注意を添えて、ちゃんと代用品として推奨してくれればもっと使いやすくなると思うのですが。 次亜塩素酸水の容器について、劣化を比較した動画(個人?) 感染症予防へ 子供たちに消毒液を贈呈 次亜塩素酸水溶液「キエルキン」静岡・藤枝市.

次の

次亜塩素酸水の効果と深いお話 アルコールではバイ菌退治出来ない

コロナ 次 亜 塩素 酸 効果 ない

経済産業省が次亜塩素酸水の噴霧についてまとめた資料。 WHOの見解として「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない」と書かれている 有効性は定かではなく、かつリスクの存在を否定できない 次亜塩素酸水とは塩酸や食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液である。 殺菌効果があることから消毒用アルコールが不足していた頃に市場に出回り、代用品として注目された。 僕は次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して効果があるとする科学的根拠が存在しない事を知っていたので、極力避けていた。 しかし、小売店などの店頭に置かれていた消毒用アルコールがいつの間にか次亜塩素酸水に入れ替わっていたり、また店員が店頭で手に次亜塩素酸水を吹き付けてくる店もあった。 僕はこの手の消毒液を手指に噴霧してしまったり、されたりしたら、まずは臭いを嗅いで、アルコールのツンとした臭いがすれば大丈夫。 一方で特に臭いが無ければ、速やかにトイレに行ってしっかりと洗い流すことにしていた。 しかし、最初は消毒用アルコールの代替物でしかなかった次亜塩素酸水だったが、いつしか空中に噴霧して「空間洗浄」を謳う商品まで現れ始めた。 そしてそうした商品は「子供たちの健康を守るため」と称して、学校などの公共施設にまで導入され始めたのである。 こうした状況に対し、5月29日に独立行政法人製品評価技術基盤機構 NITE はと題された文書を出した。 それによると、次亜塩素酸水に対するウイルス除去の有効性や安全性については国際的に確立された評価方法が見当たらず、現状では十分に判断できないということである。 また、この文書の中で厚生労働省が「次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧については、吸引すると有害であり、効果が不確実であることから行わないこと。 」としていることを提示している。 このことから、次亜塩素酸水の噴霧については有効性は定かではなく、かつリスクの存在を否定できないと言うことが分かる。 では、効果はありそうかと言えば、効果よりもリスクの方が怖い。 例えば、プールには消毒用の塩素が含まれているが、この基準は法令で定められており、0. 4〜1. プールの塩素の独特な臭いを嗅いだ経験は多くの人にあると思うが、いくら新型コロナに効果がありそうと言っても、その50倍もの塩素濃度をもつ次亜塩素酸水をわざわざ手指に付けたいと思うだろうか。 僕は遠慮させてもらいたい。 (注)引用部分は次亜塩素酸水ではなく次亜塩素酸ナトリウム液についての評価であるとの指摘を受けたので、取り消し線の箇所を削除します。 安全性については「消毒液噴霧による人体への安全性については、確立された評価方法が存在していない」と明記されていることから、次亜塩素酸水の噴霧についても安全性を保証していないことは明らかであると思われます。 また「次亜塩素酸水は消毒液ではない」という意見もありますが、ウィルスを不活化させる効果を次亜塩素酸水に期待する以上は、次亜塩素酸水も消毒液の1つとして扱われるべきであることは言うまでもありません。 有効性が確認されているという記載もなく、したがって「次亜塩素酸水の噴霧については有効性は定かではなく、かつリスクの存在を否定できない」という結論に変更はありません(赤木追記2020. 9) 厚生労働省健康局結核感染症課の担当者に電話で取材したところ、「次亜塩素酸水による消毒は噴霧も拭き取りも推奨していません」との回答を得ました。 「次亜塩素酸水を含むあらゆる消毒液について、安全性の点で噴霧は推奨していません。 これはNITEのファクトシートにWHOやCDCの見解として書かれている通りです。 次亜塩素酸水による拭き取りについては噴霧よりは人体への影響は少ないと考えられますが、やはり安全性についても、効果そのものについても未確認ですので推奨はしていません」とのことです(編集部追記2020.

次の